DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
39号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/9843

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 助産学生のバースレビュ実践を支援する教育プログラムの開発と評価
Other Titles: Development and Evaluation of an Educational Program that Supports Midwifery Students' Birth Review Practice.
Authors: 西部, 未希
片岡, 弥恵子
萩尾, 亮子
Keywords: midwifery student
birth review
education program
evaluation
助産師学生
バースレビュ
教育プログラム
評価
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 39
Start page: 20
End page: 27
Issue Date: Mar-2013
Publisher: 聖路加看護大学
Abstract: 研究目的 本研究は,助産師学生が臨地実習において効果的なバースレビュの実施ができるように,「バース レビュ実践を支援する教育プログラム」を開発および実施し,プロセス評価を行うことを目的とした。  研究方法 プログラムは,バースレビュの具体的な実施方法を主要な内容とし,コミュニケーション能力向上 を目的とした講義とロールプレイを取り入れた。研究協力者は,分娩見学または介助実習を終了している助産師 学生とした。データは,プログラム後の質問紙,バースレビュを実施した学生へのインタビュにて収集し,記述 統計量を算出した。本研究は,聖路加看護大学研究倫理審査委員会より承認を受けて行った。(承認番号10-033)  結果 20 名の助産学生から研究協力の同意が得られた。プログラムは5 回実施し,所要時間は2 時間程度であっ た。講義およびロールプレイの場所と所要時間は,90%以上が「適切」と回答した。バースレビュの講義は「と ても満足」が65%であり,25%が「やや満足」であった。コミュニケーションの講義は,80%が「とても満足」 と回答したが,「とても不満」も1 名いた。ロールプレイについては80%が「とても満足」と回答した。プログ ラム終了後の実習にてバースレビュを実施したのは5 名であり,全員の学生からプログラムは「役立った」と回答された。  結論 プログラムのプロセス評価は,概ね肯定的評価であったが,プログラム実施時期については,助産学実 習が始まる前に実施できるように修正が必要である。今後,様々な助産教育課程の学生を対象にした研究が望ま れる。
Abstract-Alternative: Objective Purpose of this study was to develop and evaluate an educational program for midwifery students designed to enhance students’ ability using the birth review with mother in the clinical settings.  Method Contents of program focused on the method of birth review and included a lecture and role playing with simulated patients, which aimed for improvement in communication skills. Participants were midwifery students who had completed their delivery practicum. Data were collected by questionnaire and interviews from midwifery students who performed birth review after the program. Descriptive statistics was also performed. The Ethics Committee of St. Luke’s College of Nursing approved the protoco(l No.10-033).  Result Twenty midwifery students were consent-informed participants. The two-hour program was conducted five times. Over 90% of students thought the duration, place of lecture and role-playing were ‘appropriate’. A majority of students(65%)had great satisfaction with the lecture of birth review and 25% were only a ‘little satisfied’. A large majority of students(80%)had greatly satisfied with lecture of communication and role playing. Some students indicated that this program should be provided before their practicum. Five students performed a birth review after the program. All the participants felt the program was useful.  Conclusion Affirmative evaluation was obtained about the process evaluation of this program, however, timing should be take into consideration . Further study is needed with different a midwifery curriculum.
Bibliography: 1)Gamble JA, Creedy DK, Webster J, Moyle W. A review of the literature on debriefing or non-directive counselling to prevent postpartum emotional distress. Midwifery. 2002 Mar; 18(1):72-9.
2)Gamble J, Creedy D. Content and processes of postpartum counseling after a distressing birth experience: a review. Birth. 2004 Sep; 31(3):213-8.
3)小川朋子(2006). 総論:バースレビューの意義.ペ リネイタルケア, 25(8), 10-14
4)萩尾亮子(2010). 初学者のためのバースレビューガ イドの作成と評価. 2009 年度聖路加看護大学大学院看 護学研究科修士課程課題研究.
5)東野妙子, 原愛由美, 久保田和香(2003). マニュアル を活用した「出産体験の振り返り」の分析. 聖母女子 短期大学紀要, 16, 13-24.
6)Sandra J. Sundeen, Gail W. Stuart, Elizabeth A. D. Rankin, Sylvia A. Cohen.(1999). 看護過程における患 者- 看護婦関係. 川野雅資, 森千鶴. 107-122. 医学書院.
7)城戸滋里, 猪又克子, 本戸史子, 岡崎寿美子(2006). 看護基礎技術演習への模擬患者(SP)導入に関する 学生の評価. 北里看護学誌, 8(1), 38-47.
8)厚生労働省医政局看護課(2003):看護基礎教育におけ る技術教育のあり方に関する検討会報告書. 厚生労働 省.
9)佐居由美,松谷美和子,松崎直子他(2006). 新卒看 護師のリアリティ・ショックに関する実態調査.聖路 加看護学会誌, 10(2), 40
10)桃井雅子, 佐居由美, 松崎直子他(2008). 新人看護 師への移行演習プログラムの試行と評価(1)―コミュ ニケーション・スキル習得のための演習―. 聖路加看 護学会誌, 12(2), 41-48.
11)NICE.(2007)Antenatal and postnatal mentalhealth: The NICE guideline on clinical management and service guideline. National Institute for Health and Clinical Excellence. www.nice.org.uk[2012.9.30]
12)日本助産師会. 助産師のコア・コンピテンシー http://midwife.or.jp/b_attendant/competency02.html [2012.9.30]
13)農久恵,流谷陽子,加藤佳子他(2002). バースレビュー の有用性を考える. 淀川キリスト教病院学術雑誌, 19, 24-27.
14)小原俊江, 田中三貴, 宮崎まどか他(2010). バース レビューを褥婦と共に行う助産師の気持ちと関わり方. 日本看護学会論文集:母性看護, 40, 105-107
15)岡本克子(2004). 褥婦たちが受け止める分娩想起の ケアの実態調査. 兵庫県母性衛生学会雑誌, 13, 34-39
16)佐藤公美子, 渡邉由加利, 樋之津淳子他(2009).「 看 護過程論」における模擬患者参加型授業の学習者評価 からの検討. SUC Jornal of Design & Nursing, 3(1), 69-74.
17)佐藤みつ子, 宇佐美千恵子, 青木康子(2006). 看護 教育における授業設計. 170-171. 医学書院.
18)新道幸恵, 和田サヨ子(1990). 母性の心理社会側面 と看護ケア. 141-151. 医学書院.
19)助川尚子(1983). 看護とコミュニケーション. 67- 81. メディカルサイエンスインターナショナル.
20)鈴木玲子, 高橋博美, 常盤文枝他(2002). コミュニケー ション学習にSP(Simulated Patient)を取り入れた教 育技法の開発. 埼玉県立大学紀要, 14, 19-26.
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/9843
Appears in Collections:39号
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2012096-kiyo39-9843.pdf1.49 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback