DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
39号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/9841

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 修士課程「チームビルディング力育成合宿セミナー」プログラムに参加した上級実践コース履修者のチームビルディング意識の変化とプログラム評価
タイトル別表記: Program Evaluation and Description of Change with Advanced Clinical Nursing Practice Course Students to Participating Three Day Seminar Program for Team Building in the Master's Programs.
著者: 亀井, 智子
飯岡, 由紀子
片岡, 弥恵子
宇都宮, 明美
山田, 雅子
萱間, 真美
菱沼, 典子
キーワード: team building education
master course
advanced nursing practice education
チームビルディング教育
大学院修士課程
上級実践者教育
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 39
開始ページ: 36
終了ページ: 46
発行年月日: 2013年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録:  本学大学院修士課程特別講義「チームビルディング」では上級実践コース履修者を対象に「チームビルディン グ力育成合宿セミナー(2 泊3 日)」を開催し,参加した24 名の院生の参加前後の①チームビルディング力,②チー ムアセスメント力,③満足度,の各意識を記述し,プログラム評価を行った。セミナーの構成は,小講義(保健 医療におけるチームとは他),チャレンジプログラム(アドベンチャーにもとづく体験学習サイクルプログラム), 事例検討会・発表会(小グループ活動)とし,これらを交互に組んでチーム力の深度を増すように進めた。参加 前後のチームビルディング力の意識は,相互独立的‐相互協調的自己観尺度の「独断性」( p =0.01),「評価懸念」 ( p <0.01)が低下し,チームアプローチの認識尺度の「関係性・メンバーシップ」( p <0.01),「問題解決への取 り組み」( p <0.01),「自身の貢献・自信」( p =0.01)は上昇した。チームのアセスメント力はほぼ身についていた。 満足度はチャレンジプログラム,小講義,事例検討会の順で高かった。本セミナーは,チームビルディング力意 識の向上にとって有効であった。今後,ディブリーフィング,およびチームビルディング力の一般化の方法を強 化する必要がある。
抄録別表記:  St. Luke’s college of nursing graduate school held the“ Three Days Seminar Program for Team Building” with the 24 participants of the advanced clinical nursing practice course students, as part of the master’s program special lecture“ Team Building ” . The authors evaluated the program based on the questionnaires, filled by the participants before and after the program, about ① Team building ability, ② Team assessment ability and ③ Program satisfactions.  The seminar consisted of short lectures; What is team in health care? etc., the challenge program; Experiential leaning cycle program based on the adventure activities, case studies with team approach, and presentations with small groups. These were organized to increase the depth of the team ability based on the experience and debriefing. According to the questionnaires compared before the program to after, the “ following own decision” ( p =0.01) and the “ self-conscious ” ( p <0.01) on the scale of the independent and interdependent construal of self were decreased. Meanwhile, the “ relation and membership ” ( p <0.01), the“ measure for problem solving ”( p <0.01) and the“ own contribution, self-confidence ”( p =0.01) were increased. The team assessment ability was acquired practically. The highest satisfaction rate was the challenge program, followed by short lectures and the case studies. The results showed that this seminar was an effective program for the improvement of team building ability however, it is necessary to improve the consolidation of the debriefing and generalized methods for further program.
参考文献: 1)Drinka, T and Clark P. (2000).Health Care Teamwork. Interdisciplinary Practice and Teaching, Auburn House, Westport, Connecticut.
2)黒田輝政, 井上千津子, 加瀬裕子, 黒川由紀子, 古瀬徹. (1996). 高齢者ケアはチームで,ミネルヴァ書房.
3)文部科学省「専門的看護師・薬剤師等医療人材養成 事業」(. 2011) .http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ kaikaku/iryoujinzai/index.htm[ Retrieved 2012 年9 月 24 日]
4)聖路加看護大学大学院チームビルディング力育成 プログラム. (2011). http://www.slcn.ac.jp/research/ teambuilding/index.htm[l Retrieved 2012 年9 月24 日]
5)ミシガン大学チャレンジプログラム.( 2012). http:// www.recsports.umich.edu/challenge/ [Retrieved 2012 年9 月24 日]
6)高田利武, 大本美千恵, 清家美紀. (1996). 相互独立 的-相互協調的自己観尺度(改訂版)の作成, 奈良大学 紀要, 157-173.
7)亀井智子, 辻彼南雄, 橋本泰子他. (2005). 高齢者へ の学際的チームアプローチの向上を目的とした保健 医療福祉専門職学生合同老年学教育プログラムの効 果. 聖路加看護大学紀要, 31, 36-45.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/9841
出現コレクション:39号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2012098-kiyo39-9841.pdf1.82 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください