DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
39号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/9840

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 看護大学が開設している市民のための聖路加健康ナビスポット「るかなび」の活動評価
タイトル別表記: Evaluation of the Activity for Health of the Local Community:LUKANAVI Health Navigation, Managed by St.Luke's College of Nursing.
著者: 高橋, 恵子
菱沼, 典子
山田, 雅子
佐藤, 晋巨
有森, 直子
真部, 昌子
牛山, 真佐子
藤田, 淳子
キーワード: health navigation
People-Centered Care
academic nursing practice
healthcare information service
市民健康相談
アカデミック・ナーシング・プラクティス
健康情報サービス
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 39
開始ページ: 47
終了ページ: 55
発行年月日: 2013年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録:  目的 本研究は,看護大学が開設している市民のための「るかなび」の活動実績を示し,今後の方向性を検討 することである。  方法 2004 年度から2011 年度までの「るかなび」に関係する会議録,活動記録,年報,報告書による資料を 対象に,活動実績を時間軸に沿って整理した。次いで「実践活動」「地域とのつながり」「教育活動」「研究活動」 の開設初年度の活動目標に対する達成度を評価し,今後の方向性を検討した。  結果 「るかなび」は,地域とのつながりを持つ市民が関心を寄せる健康情報サービスの場となり,学部生や 大学院生の教育,また研究の場においても活動目標を達成した。また,開設初年度の活動目標になかったが,看 護教員の高度実践活動の場としても活用されていた。  結論 「るかなび」は,教員の実践力の維持・向上の場となり,今後のアカデミック・ナーシング・プラクティ スとしての魅力ある看護大学に寄与できる活動として,継続の意義が示唆された。
抄録別表記:  Purpose To evaluate the activities of the community-based “LUKANAVI Health Navigation” (LUKANAVI), offered at the nursing college and to discuss its future direction.  Method We systematically summarized all the minutes, event records, annual reports and academic report and compared the outcome with its objective based on the following four aspects:implementation, network with the community, education and academic research.  Result LUKANAVI has become a successful useful health information navigation spot for the local community and provides an educational field for the graduate students in a way that contributes to their academic research. Advanced college researchers(instructors, lecturers and professors)have also spun off projects from the activities.  Conclusion Because LUKANAVI has contributed to enhancing the practical ability of the nursing college leading to an ideal of“ Academic Nursing Practice” it should be continued.
参考文献: 1)菱沼典子, 川越博美, 松本直子他. (2005). 看護大学 から市民への健康情報の提供-聖路加健康ナビスポッ ト「るかなび」の試み- . 聖路加看護大学紀要, 31, 46 -50.
2)菱沼典子, 徳間美紀, 新幡智子他. (2006). 看護大学が開設している健康相談からみた市民の健康問題と看 護職の対応, 聖路加看護学会誌, 10(1), 38-45.
3)高橋恵子, 菱沼典子, 石川道子他. (2007). 看護大学 が市民に提供する健康相談サービスの利用状況と課題. 聖路加看護学会誌, 11(1), 90-99.
4)石川道子, 松本直子, 他. (2007). 看護大学が開設す る市民向け健康情報サービススポットにおける闘病記 コーナー機能. 医療情報学, 27, suppl . 1187-1190.
5)松本直子, 石川道子, 徳間美紀他. (2006). 看護大学 の市民健康情報サービスにおける資料選択の課題, 53 (2), 156-160.
6)高橋恵子, 菱沼典子, 石川道子他. (2008). 看護大学 が市民に提供する『ランチタイムミニ講座&ミニコン サート』の意義と特徴. 聖路加看護学会誌, 12(2). 80 -90.
7)聖路加看護大学21 世紀COE プログラム運営事務局. (2007). 聖路加看護大学21 世紀COE プログラム 市 民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点. 研究成果 最終報告書.
8)菱沼典子, 石川道子, 印東桂子他. (2008). 健康相談 における「運転手- ナビゲータモデル」のパターンと 相談者の満足度. 日本看護科学学会学術集会講演集28 回, 534.
9)山田雅子, 菱沼典子, 高橋恵子他. (2007). 看護大学 が提供している市民主導型健康情報ナビスポット 健 康相談活動のモデル化. 日本看護科学学会学術集会講 演集, 27 回, 406.
10)Yamaoka E, Hishinuma M, Ishikawa M. et al. (2009). Visitors’ Evaluation of a Nursing College’s health Consultation Service Activities for Citizen, The first Asia-pacific conference on health promotion and education( APHPE), 401.
11)菱沼典子, 山田雅子, 石川道子他.( 2010). 看護大学 による市民向け健康情報スポットでの骨粗鬆症予防の ための教材作成.Osteoporosis Japan17(4), 702-707
12)Okubo N, Hishinuma M. & Tatakashi K, et al(2008). Evaluation of Health Education Program for Active Citizens. 聖路加看護大学紀要, 34, 55-61.
13)山岡栄里, 菱沼典子, 石川道子他.( 2009). 看護大学 における市民向け健康情報サービスの場での市民ボラ ンティアの活動意識. 第68 回日本公衆衛生学会総会, 354.
14)高橋恵子, 菱沼典子, 山田雅子.( 2008). 看護大学に おける健康情報サービス活動が育んだコミュニティとのつながり. 聖路加看護学会誌, 12(3), 24.
15)有森直子, 江藤博美, 大森純子他. (2009). People- Centered Care の戦略的実践Ⅰ-パートナーシップの 類型- . 聖路加看護学会, 13(2), 11-16.
16)Komatsu, H. (2006). Mid-term report on St Luke’s College of Nursing’s 21st century center of Excellence Program:Core elements and specific goals of people -centered care. Japan Journal of Nursing Science, 3(1), 71-76.
17)小田美紀子, 東山恵子, 神崎初美.( 2012). 兵庫方式 「まちの保健室」について 兵庫県看護協会の取り組 みより, 看護, 64(2), 70-74.
18)神崎初美, 安達和美, 南裕子(2006). 地域住民を支 援するボランティア看護師による「まちの保健室」. 兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集, 1, 43-49.
19)日本看護協会出版会. (2012). ようこそ!「暮らしの 保健室」へ:地域住民に密着した医療や介護の相談室. 看護, 日本看護協会機関誌, 64(3), 3-6.
20) 菱沼典子. (2010). 通りががりの健康相談―聖路加 看護大学看護実践開発研究センターの実践, 日本看護 研究学会誌, 33(1), 33-34.
21)Evans, L. K., & Long, N. M.( 2009). 森田チエコ他監 訳:アカデミック・ナーシング・プラクティス. 東京: 看護の科学社.
22)北澤京子. (2009). 第1 章医者に“おまかせ”はも うできない. 患者のための医療情報収集ガイド. 210. 東京:筑摩書房.
23)柚木聖.( 2012). 第2 章医療・健康情報と図書館. 健 康情報サービス研修ワーキンググループ編, やってみ よう図書館での医療・健康情報サービス. 東京:NPO 日本医学図書館協会.
24)「国立ライフサイエンス情報センター(仮称)」推進 準備委員会. 日本医学図書館協会. http://plaza.umin. ac.jp/~jmla/nlsic/index.html [2012-11-28]
25)National Library of Medicine. MedlinePlus. http:// www.nlm.nih.gov/medlineplus/ [2012-11-28]
26) 総務省. 平成23 年版情報通信白書http://www. soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h23/html/ nc222210.html. [2012-11-28]
27)大森純子, 高橋恵子, 牛山真佐子. (2009). People- Centered Care の戦略的実践Ⅱ-活動とともに拡大す るアウトカム- , 13(2), 17-24.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/9840
出現コレクション:39号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2012099-kiyo39-9840.pdf2.19 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください