DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
16巻3号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/9767

種類: Journal Article
タイトル: ライフレビューによる認知症高齢者の語りの内容分析 -中等度認知症高齢者を対象とした1事例の実践経過から-
タイトル別表記: Life Review for Elderly with Middle Stage Dementia: A Content Analysis
著者: 桑原, 良子
亀井, 智子
キーワード: ライフレビュー
認知症
事例研究
高齢者
Life Review
Dementia
Case study
Elderly
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 16
号: 3
開始ページ: 10
終了ページ: 17
発行年月日: 2013年1月31日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 目的:在宅認知症高齢者を対象としたライフレビューセッションを継続して行い,語られた内容を記述・ 分析し,ライフレビューを取り入れた看護実践の対象者への有用性を検討する。 方法:中等度認知症高齢者1例を対象に,ライフレビューセッションを行い,語りの内容を質的記述的に 分析した。セッションはテーマを決めて週1回,90分以内を5週連続して行った。研究対象者,および家族 にテーマに合わせた思い出の写真の持参を依頼した。 結果:認知症高齢者の語りから,表情,行動,口調の変化,および記憶の想起のきっかけ,回を重ねるこ とによる語りの変化に関する内容105コードが抽出された。コードを類似性により分類し,14サブカテゴ リーが抽出され,ライフレビューがきっかけとなり導かれた要素を分類し,6カテゴリー≪記憶がつながる 喜び≫≪家族のなかの自分を認知した喜び≫≪記憶をたどりながら他者に伝える≫≪固執した感情を表出す る≫≪明確ではない記憶を認識する≫≪自己の存在を認める≫を抽出した。ライフレビューにおいて,映像 として残る写真が忘れていた出来事を容易に想起するきっかけとなって,認知症高齢者の自然な言葉を引き 出して,≪記憶がつながる喜び≫になっていた。また,子どもの教育,子育てなどの≪固執した感情を表出 する≫ことにより,生きがいを思い起こすことにつながっていた。セッションの回数を重ね,繰り返すこと により,想起の内容が重なり,家族や親戚との関係性を語り,語りの内容に深みを増していった。このこと から,≪自己の存在を認める≫結果を導いていた。 考察:ライフレビューは認知症高齢者の思いを汲みとること,認知症高齢者の生活史を理解することを可 能にした。今後,セッションの方法を検討する必要はあるが,ライフレビューは認知症高齢者の心理側面に 働きかける看護ケアとして有用であることが示唆された。
抄録別表記: Purpose:The purpose of this study was to provide a life review for an elderly person with middle stage dementia and to describe the themes through content analysis. Method:The life review was conducted over a period of five weeks. Each session lasted 90 minutes or less. The elderly reminisced about their situation related to their photographs and selected a theme for each session. Results:The taped and transcribed data was analyzed revealing 105 codes that were abstracted into 14 sub-categories and these were abstracted into six categories, which unified the sessions: (1) pleasure connected to the memory; (2) pleasure by recognizing oneself in the family; (3) tells the others retracing memory; (4) expression of feeling which emerged; (5) recognition of a faded memory and; (6) existence of self-acceptance. These categories demonstrated the changes that occurred through the life review process. The photographs provided the stimulus for recall and were associated with pleasurable feelings. A definite aim in life was recollected by expressing the feelings in which a child's education, child-rearing, etc. persisted, and in disclosing unsolved conflict. By repeating the life review sessions, it became a treasure trove of recollections, stimulating pleasure and building new meaningful narratives about ones life. Discussion:The life review made it possible to engage people with dementia and to understand a cognitively impaired elderly person's life history. Therefore, it should be considered as a way for nurses to promote positive feelings for people with dementia.
参考文献: American Psychiatric Association 編(2004)高橋三郎, 大野裕,染矢俊幸訳.DSM-IV-TR 精神疾患の診断・ 統計マニュアル. 東京:医学書院.
朝田隆(2010).日本における認知症患者実態把握の現 状.認認知症.235(6).609-614.
Bohlmeijer, E., Smit, F., Cuijpers, P. et al.(2003). Effects of reminiscence and life review on late-life depression: a meta-analysis. Int J Geriatr Psychiatry. 18(12).1088-94.
Bohlmeijer, E., Roemer, M., Cuijpers, P., et al. (2007).The effects of reminiscence on psychological well-being in older adults: a meta-analysis. Aging Mental Health. 11(3).291-300.
Butler, R.(1963).The life review: An interpretation of reminiscence in the aged. Psychiatry. 26.65-76.
Fail. N(2002).藤沢嘉勝監訳.バリデーション―認知 症の人との超コミュニケーション法.(53-125).東京: 筒井書房.
Garland J. Garland C (2001).Life review in health and social care. Brunner-Routledge.
黒川由紀子(2005).回想法―高齢者の心理療法.(23- 31).東京:誠信書房.
野村豊子(1998).回想法とライフレヴュー―その理論 と技法.(2-40).東京:中央法規.
Riemersma, R.F., Swaab, D., Twisk, J., et al.(2008). Effect of Bright Light and Melatonin on Cognitive and Noncognitive Function in Elderly Residents of Group Care Facilities. a randomized controlled trial. JAMA. 299(22).2642-55.
菅谷泰行(2008).高齢者の段階的年齢区分の妥当性と 偏差に関する老年言語学的検討―ライフストーリー・ インタビューに表れた主観的世界の構成と言語特徴に 着眼して―.20年度日本興亜ジェロントロジー研究報 告. 34-47.
山口晴保(2010).認知症の正しい理解と包括的医療・ ケアのポイント(第2版).(55-60).東京:協同医書 出版社.
山口智子(2004).人生の語りの発達臨床心理.(11- 18).京都:ナカニシヤ出版.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/9767
出現コレクション:4.総説・論説・報告・資料
16巻3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2012030-gakkai16(3)-9767.pdf915.89 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください