DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
16巻2号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/9567

種類: Journal Article
タイトル: 認知症高齢者の一人暮らしを支える訪問看護師の援助
タイトル別表記: Visiting Nurses’ Support to Assist Single Older Adults with Dementia with Their Daily Living
著者: 松下, 由美子
キーワード: 一人暮らし
認知症
高齢者
訪問看護
質的記述的研究
Living Alone
Dementia
Older Adults
Visiting Nursing
Qualitative Study
Descriptive Study
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 16
号: 2
開始ページ: 17
終了ページ: 24
発行年月日: 2012年7月31日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 目的:本研究の目的は,一人暮らし認知症高齢者に対し訪問看護師が行った援助の概要を記述することで ある。 方法:データは3年以上の訪問看護経験を持つ看護師4名に半構成的面接を行い収集した。インタビュー では一人暮らし認知症高齢者に対して行った援助について語ってもらい,分析は語られた内容の類似性,相 違性に基づいてカテゴリー化を行った。 結果:分析の結果,一人暮らし認知症高齢者への訪問看護師の援助は【混沌とした中で,療養者を描く】 というアセスメントプロセスからはじまり,それとほぼ並行して【療養環境を整えて,認知症状の出現を可 能な限り小さくする】といった療養者の病状と生活像を立て直すプロセス,そして【暮らし易さを提供し, 落ち着いた今の状態を維持する】という安定を図るプロセスが抽出できた。また,これらのプロセスとは別 に,認知症高齢者の一人暮らしを推進するために看護師が大事にしている基本姿勢として【自分の限界を知 り,他の力を借りる】も抽出された。 考察:今回のインタビュー結果から,一人暮らし認知症高齢者への訪問看護では,訪問開始当初は療養者 に関する情報収集やアセスメントに苦慮する時期であり,いかにして看護師が情報収集できるようにするか は,一人暮らし認知症高齢者への援助を進めていく上での課題となっていると考えられた。また,認知症高 齢者が一人暮らしを継続していくためには,自分の限界を知り他者の力を借りることが重要であると認識す る一方で,看護師の役割として,認知症状の出現を抑えるための病状管理や暮らしやすさ意図した医療管理 のあり方を提供することを大切にしていることが示された。
抄録別表記: Aim:Aim of this study was to describe support by visiting nurses for older single adults with dementia. Methods:The data were obtained through semi-structured interviews from four visiting nurses. The data were categorized based on similarities and differences. Results:Visiting nurses used supportive processes: 1)profiling a picture and lifestyle of older single adults with dementia in their chaotic environment; 2)creating a stable home environment in order to reduce, as much as possible, the appearance of cognitive symptoms and 3) providing livability in order to maintain their present composure. In addition visiting nurses’ basic stance was to “realize their personal limitations and learn to get help from others”. Discussion:The results showed that nurses struggled to effectively gather and assess accurate and useful information during the first term of home visiting. Visiting nurses acknowledged they assumed a crucial role in controlling and preventing the appearance of cognitive symptoms and in conducting home medical management intended to enhance the livability of single older adults with dementia.
参考文献: Adams, T.(1996). A descriptive study of the work of community psychiatric nurses with elderly demented people. Journal of Advanced Nursing. 23. 1177-1184.
Alzheimer’s Society (2003).Demography, Dementia worldwide. http://www. Alzheimers. org. uk/site/ scripts/documents_info.php?categoryID=200167& documented=412( 2011.6.15)
Benner, P.(2001).井部俊子訳(2005).ベナー看護論初心者から達人へ. 東京:医学書院
Ficker, L., MacNeill, S., Bank, A., et al.( 2002). Cognition and perceived social support among livealone urban elders. Journal of Applied Gerontology. 21(4).437-451.
Gilmour, H.(2004). Living alone with dementia: risk and the professional role. Nursing Older People. 16 (9).20-24.
Harris, P. (2006). Hearing and healing the hurts of dementia, part 1 : the experience of living alone with early stage Alzheimer’s disease: What are the person’s concerns? Alzheimer’s Care Quarterly. 7 (2).84-94.
厚生労働省(2009).第17回 今後の精神保健医療福祉の あり方等に関する検討会.http://www. mhlw. go.jp/shingi/2009/05/s0521-3. html(2011.2.20)
中島紀恵子(1992).老人看護学 改訂版.(405-432). 東京:真興交易医学出版部.
奥村朱美,山本則子,小林小百合他(2011).訪問看護 における認知症ケアの構造化.日本在宅ケア学会誌. 14(2).26-33.
鹿内あずさ(2004).独居生活を営む軽度痴呆老人の「食 行動」-安全を保つ観点から-.北海道医療大学看護 福祉学部紀要. 11.1-11.
高藤裕子,森下安子,時長美希(2009).認知症高齢者 の生活機能を維持・向上するための訪問看護師の働き かけ.高知女子大学看護学会誌. 34(1).53-61.
高藤裕子,森下安子,時長美希(2010).認知症高齢者 の生活機能の維持・向上を支援する訪問看護師の姿勢. 高知学園短期大学紀要. 40.11-21.
Tuokko, H., MacCourt, P., Heath, Y. (1999). Home alone with dementia. Aging & Mental Health. 3 (1).21-27.
U. S. Congress (1990). Office of Technology Assessment: Confused minds, burdened families: Finding help for people with Alzheimer’s disease and other dementias. Washington DC.: U. S. Government Printing Office.
Waugh, F. (2009). Where does risk feature in community care practice with older people with dementia who live alone? Dementia. 8(2).658-662.
山本志織,鎌田頼子,大石紀子(2006).認知症があっ てもその人らしい独居生活を続けているふたつの事例 から学んだこと~我が家で楽しく生き生き~.北海道 勤労者医療協会看護雑誌. 32.68-70.
吉田ひとみ,田中千文,森田恭代他(2005).独居の痴 呆性老人が自宅で暮らしていくために 痴呆疾患デイ ケアに求められていること.日本精神科看護学会誌. 48(1).348-349.
助成情報: 2010年度聖路加看護学会看護実践科学助成基金
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/9567
出現コレクション:16巻2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2012008-gakkai16(2)-9567.pdf761.61 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください