DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
研究・教育成果 >
Shinpuku, Youko:新福洋子 >
2:研究活動 >

4.総説・論説・報告・資料 : [32]

コレクションのホームページ

 
 
一覧する 
このコレクションの新着情報をメールで受け取る

検索結果表示: 1 - 20 / 32
 次ページ >
タイトル
Leaf 明日への言の葉:心のグローバル化に向かって
Team-based learning を用いて周産期看護学(実践方法)を学んだ学生の認識
新福, 洋子; 五十嵐, ゆかり; 飯田, 真理子
聖路加看護大学紀要. (40) :19-27 (2014-03)
WHO NEWS. 日本学術振興会アジア・アフリカ学術基盤形成事業:タンザニアでの「人間的なお産」セミナー
+αな人「世界を舞台に看護研究・教育の道へ」
かお「タンザニアの助産師と共に“新たな風”を看護に吹き込む」
アメリカの大学院における自主性とリーダーシップ
アメリカ看護教育に学ぶルーブリック活用の注意点
オンライン授業で受けた看護教育コース
タンザニア,ムヒンビリ健康科学大学での国際協同論演習から考察する“看護”の理論構築の重要性
新福, 洋子
聖路加看護大学紀要. (40) :35-41 (2014-03)
タンザニアでの助産活動
タンザニアで母乳育児を学ぶ(1) 旅のきっかけ:人類学でみる生態文化
タンザニアで母乳育児を学ぶ(2)“自然の本来”を生かす助産活動
ビバ,世界の助産師たち!! アフリカ助産師のパワーを感じたICM南アフリカ大会
一時帰国で初めての「先生」体験
助産師からアメリカ大学院博士課程への進学
助産師として世界に目を向けて -WHOインターンシップを経験して-
協力するということ:コラボレーションの意義
国際助産活動のためのcultural humility─タンザニアでの助産活動の経験から学んだこと
国際看護研究の魅力─タンザニアにおけるフィールドワークと米国大学院での経験・1 異文化との出会いと人々との協働
国際看護研究の魅力─タンザニアにおけるフィールドワークと米国大学院での経験・2 持続的な国際共同研究を行なっていくために
 次ページ >

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください