DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学大学院看護学研究科学位論文 >
2-1:修士論文 >
2-1-d:修士論文(要旨、引用・参考文献・本文あり) >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/846

種類: Thesis or Dissertation
タイトル: 在宅高齢者を看取る家族を支援した訪問看護師の看護観
タイトル別表記: Nursing Philosophy of Visiting Nurses who Support Families Caring for Their Dying Elders at Home.
著者: 小野, 若菜子
著者名ヨミ: オノ, ワカナコ
指導教官: 麻原, きよみ
キーワード: 高齢者
看取り
看取る
家族
訪問看護師
看護観
ターミナルケア
終末期
緩和
発行年月日: 2006年3月
出版者: 聖路加看護大学大学
抄録: [研究目的] 在宅高齢者を看取る家族を支援した訪問看護師は、在宅高齢者を看取る家族への支援について、どのような看護観を持っているのか探求した。 [研究方法] 研究デザインはインタビューによる質的記述的研究である。研究協力者は、訪問看護ステーションに勤務しており、訪問看護における高齢者看護の経験が3年以上、在宅高齢者を看取る家族を支援した経験がある訪問看護師8名であった。データ収集期間は2005年6月から12月までであった。半構成的インタビューを用いてデータ収集をし、質的記述的にインタビューの内容を分析した。 [結果] 1.在宅高齢者を看取る家族を支援した訪問看護師の看護観は『人として家族に寄り添いともにあること』であり、その目指すものと支援、必要なものに特徴づけることができた。訪問看護師は『人として家族に寄り添いともにあること』で、家族と体験をともにする存在として居ることが家族にとっての近づきやすさとなり、家族の支えになっていくという見方をしていた。 2.訪問看護師は【高齢者の長い暮らしの終わりを家族とともに支える】【残された家族のそれからの〈生きる糧〉の獲得を支える】ことを目指し、【家族の本当の思いを日々の暮らしの中から探索する】【家族の思いが叶うように日々の介護が続けられる状況に導く】【〈家族の看取り〉ができるように安心を提供する】ことを支援の要と考えていた。その一方で、人としての関係性を育みながらの支援は【家族により近づく親近感と訪問看護師としてあることの調和をとる】必要性を生じさせていた。 3.【高齢者の長い暮らしの終わりを家族とともに支える】【残された家族のそれからの〈生きる糧〉の獲得を支える】の2つは家族の支援が目指すものとして位置づけられた。訪問看護師は、高齢者の長い暮らしの終わり、高齢者の人生がまっとうできるような看取りを成し遂げることが、残された家族の肯定感となり、また、できるだけ後悔しない介護や看取りをしたという家族の満足感が、家族のそれからの〈生きる糧〉に繋がっていくと考えていた。訪問看護師は、家族の歴史を捉えながら、現在の状況の中で家族を支援するという時間枠を超えて、看取り後の家族のそれからの〈生きる糧〉の獲得を視野に入れて支援していた。 4.【家族の本当の思いを日々の暮らしの中から探索する】【家族の思いが叶うように日々の介護が続けられる状況に導く】【〈家族の看取り〉ができるように安心を提供する】の3つは重要な家族支援として位置づけられた。家族の本当の思いは高齢者の看取りへの原動力となっている。しかしながら、家族の本当の思いは、その人の内面に秘められたものであり、訪問看護師は家族の思いをつかむ意図的な関わりが必要であると考えていた。そして、家族の思いが叶うように、日々の介護が続けられる状況に導き、安心を提供することが〈家族の看取り〉の可能性を切り開いていくことになると考えていた。 5.【家族により近づく親近感と訪問看護師としてあることの調和をとる】は家族の支援に必要なものとして位置づけられた。訪問看護師は、人としての関係性を維持しながら家族を支援する一方で、訪問看護師としての立場の保持、家族の個人的な問題という立ち入ることのできない一線と家族の望む距離感にも配慮していた。それは、家族が主体性と客観性を保ちながら高齢者を看取り、看取り後も家族が自分の生活へのステップを踏み出せるように配慮したものであった。また、人として家族の思いに添っていくことは、専門職としての訪問看護師の葛藤になるため、訪問看護師は、内面的調和を保つことで専門職としての圧力を家族に加えないように支援し、家族との関係性を構築していた。 [考察] 『人として家族に寄り添いともにあること』は、家族の人生の一部をなす存在となって支援していくことであり、家族に安心感を提供すると考えられた。そして、訪問看護師が家族の本当の思いを探索し、叶えようとする日々の関わりは、家族の介護や看取りへの満足感に繋がることからも重要である。また、訪問看護師は、人として、専門職としての家族との距離感をつかむことで、家族の主体性と客観性を支え、さらに、家族との関係性を築く。訪問看護師は、在宅高齢者を看取る家族を支援した経験により、家族を背景にみるのではなく家族の人生を視野に入れて支援するという看護観を育んでいった。このような看護観は、家族の長い歴史の織り込まれた生活に入り込んで継続して関わるという訪問看護の形態により培われたと考えることができる。
参考文献: 1)厚生統計協会(2004) .国民衛生の動向・厚生の指標 臨時増刊.厚生統計協会. 51(9) .35-36 .
2)三浦文夫(編著)(2004) .図説 高齢者白書 2004年度版.全国社会福祉協議会.141-143.
3)同上書
4)厚生労働省大臣官房統計情報部(編集)(2005) .平成15年 人口動態統計(上中下3 冊)上巻.厚生統計協会.136-137 .274.
5)同上書
6)Tang.S.T.,Mccorkle.R.(2003).Determinants of Congruence between the Preferred and Actual Place of Death for Terminally Ill Cancer Patients.Journal of Palliative Care,19(4).230-237.
7)小池眞喜(2003) .高齢者と家族の心を支えるターミナルケア.GERONTOLOGY,15(2) .29-32 .
8)HamiltonⅢ.J.B..THE ETHICS END OF LIFE CARE.Belinda Poor, Gail P.Poirrier(2001).end of life nursing care.JONES AND BARTLETT PUBLISHETS.73-103.
9)大西奈保子(2004) .ターミナルケアに携わる看護師の『理想の看取り』.臨床死生学,9 .25-32 .
10)梅野奈美(2004) .臨床看護経験10年以上の看護師が語る死生観-面接で語られた内容の分析と考察.神奈川県立保健福祉大学実践教育センター 看護教育研究集録,19 .9-16 .
11)斉藤菜穂子,水野正之ほか(2000) .看護職の死をめぐる考え方について.看護展望,25(8) .103-111 .
12)吉田みつ子(1999).ホスピスにおける看護婦の「死」観に関する研究-“よい看取り”をめぐって-.日本看護科学学会誌,19(1) .49~59 .
13)上田稚代子(1998) .看護婦の「死観」と個人特性との関連 死の不安尺度および死生観尺度に焦点をあてて.月刊ナーシング,18(12).74-80 .
14)堀場友紀,濱畑章子(2002) .一般病棟でターミナル期に関わる看護師の葛藤と死の体験.第33回 日本看護学会論文集 成人看護Ⅱ,183-185.
15)小松浩子,小島操子(1988) .ターミナルケアに携わる看護婦と医師のストレス.看護学雑誌,52(11) .1077-1083 .
16)Newton .J.,Waters.V.(2001).Community palliative care clinical nurse specialists’ descriptions of stress in their work.Internatinal Journal of Palliative Nursing,7(11) .531-540.
17)大西奈保子(2003).ターミナルケアに携わる看護師のバーンアウトの様相.臨床死生学,8.36-43.
18)井守小百合,吉野絹子ほか(2002).ターミナルケアにおけるナースの満足感の構造.第33回 看護総合,195-197 .
19)野戸結花,三上れつほか(2002).終末期ケアにおける臨床看護師の看護観とケア行動に関する研究.日本がん看護学会誌,16(1).28-37.
20)看護学大辞典 第5版(2002).メジカルフレンド社.363.
21)前掲書4).136-137.
22)Sauvaget .C,Tsuji.I. et al: (1996) .Factors Affecting Death at Home in Japan.Tohoku J.Exp.Med,180.87-98 .
23)服部文子,植村和正ほか(2001) .訪問診療対象高齢患者における在宅死を可能にする因子の検討.日本老年医学会雑誌,38(3) .399-404 .
24)中村陽子,宮原伸二ほか(2000).都市の在宅死と介護における医療福祉の課題.川崎医療福祉学会誌,10(2) .225-230 .
25)人美裕江,中村陽子ほか(2000) .郡部の高齢者の在宅死に及ぼす要因.川崎医療福祉学会誌,10(1) .87-95 .
26)伊達久美子,斉藤朋子(1999).訪問看護における在宅療養者・家族の自己決定と支援に関する研究-療養者・家族間で意思が異なる場面の分析結果を中心に-.山梨医科大学紀要,16.52-59.
27)松村ちづか(2001).熟練訪問看護者の判断内容から導かれる終末期療養者の自己決定を実現するためのケア機能-終末期在宅療養者の自己決定と家族の意向が不一致な状況から-.順天堂医療短期大学紀要,12巻.66-76.
28)宮上多加子(2003).痴呆性高齢者の家族介護に関する構造的分析(第一報).高知女子大学紀要 社会福祉学部編,52.25-37.
29)高原万友美,兵藤好美(2004).高齢者の在宅介護者における介護継続理由と介護による学び.岡山大学医学部保健学科紀要,14.141-155.
30)Perreault.A., Bourbonnais.F. F. el al(2004).The experience of family members caring for a dying loved one.International Journal of Palliative Nursing,10(3) .133-143.
31)本郷澄子,近藤克則ほか(2003).在宅高齢者のターミナルケアにおいて介護者が求めている支援-遺族を対象とした調査-.ターミナルケア,13(5) .404-411.
32)Rittman M,Paige P et al(1997) .Phenomenological study of nurses caring for dying patients .Cancer Nursing,20(2) .115-119 .
33)前掲論文9)
34)中嶋尚子,小西恵美子ほか(2005).終末期患者に対する人工栄養・水分の補給と中止:看護師の行動とその背景.平成15年~16年度 長野県看護大学特別研究補助金成果報告書.32-33.
35)Dunn .K.S Dunn,Otten .C. et al(2005).Nursing Experience and the Care of Dying Patients.ONCOLOGY NURSING FORUM.32(1),97-104.
36)前掲論文12)
37)長尾匡子,新井香奈子ほか(2004) .高齢者の看取りの看護に関する訪問看護師の意識-訪問看護師の死生観に焦点をあてて-.日本看護科学学会学術集会講演集24.500.
38)Lincoln.Y.S.,Guba.E.G.(1985).NATURALISTIC INQUIRY.SAGE PUBULICATIONS.289-331.
39)林裕栄,野川とも江ほか(1998).終末期における要介護高齢者及びその家族の在宅療養支援についての検討-社会サービス利用と家族介護の実態から-.埼玉県立衛生短大紀要,23.53-59.
40)樋口京子,近藤克則ほか(2001).在宅療養高齢者の看取り場所の希望と「介護者の満足度」に関連する要因の検討-終末期に向けてのケアマネジメントに関する全国訪問看護ステーション調査から-.厚生の指標,48(13).8-15.
41)前掲論文31)
42)島田千穂,近藤克則ほか(2004) .在宅療養高齢者の看取りを終えた介護者の満足度の関連要因-在宅ターミナルケアに関する全国訪問看護ステーション調査から-.厚生の指標,51(3).18-24.
43)石井京子,近森栄子(2005).高齢者への家族の看取り時の介護行動と介護行動に影響する要因に関する研究.日本看護研究学会雑誌,28(4) .61-67.
44)須佐公子(2004).高齢者の在宅死を看取った家族の体験の意味の分析と看護者の役割の検討.1-12.検索日-2005年12月10日.http://www.zaitakuiryo-yuumizaidan.com/susakimiko.pdf
45)Benner. P.,Wrubel.J.(1989).The Primacy of Caring;Stress and Coping in Health and Illness.難波卓志(訳)(1999).ベナー/ルーベル 現象学的人間論と看護(第1版第3刷).医学書院.448.
46)伊藤和弘,香春知永ほか(1993).現象学的存在論の視座からの看護婦-患者関係に関する調査研究.平成2,3,4年度 科学研究費補助金 研究成果報告書.
47)前掲論文27)
48)浅川達人,古谷野亘ほか(1999).高齢者の社会関係の構造と量.老年社会科学,21(3).329-337.
49)前掲論文43)
50)前掲論文44)
51)長江弘子,成瀬和子ほか(2000).在宅ホスピスケアにおける家族支援の構造-訪問看護婦の支援に焦点を当てて-.聖路加看護大学紀要,26.31-43.
52)山田淳子(2005).終末期看護における家族への「こころのケア」を生み出す技術.家族看護,3(2).102-111.
53)Benner. P.(1984).From Novice to Expert: Excellence and Power in Clinical Nursing Practice.井部俊子,井村真澄ほか(訳)(1992).ベナー看護論-達人ナースの卓越性とパワー-(第1版第2刷).医学書院.116-117.
54)中村美鈴,鈴木英子ほか(2003).看護師の「ゆらぐ」場面とそのプロセスに関する研究.自治医科大学看護学部紀要,1.17-27.
55)岡本双美子,石井京子(2005).看護師の死生観尺度作成と尺度に影響を及ぼす要因分析.日本看護研究学会雑誌,28(4).53-60.
56)菅原邦子(1993).末期癌患者の看護に携わる看護婦の実践的知識.看護研究,26(6).2-18.
57)前掲論文19)
58)二渡玉江.入澤友紀ほか(2003).終末期患者に対する看護師の意識および行動に関連する要因の検討.がん看護,8(3). 241-247.
公表先: 小野若菜子, 麻原きよみ. 在宅高齢者を看取る家族を支援した訪問看護師の看護観. 日本看護科学学会誌, 27(2):34-42(2007)
注記: 聖路加看護大学大学院看護学研究科修士論文
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/846
出現コレクション:2-1-d:修士論文(要旨、引用・参考文献・本文あり)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2010073-OnoAbst.pdf85.22 kB要旨見る/開く
2010073-OnoApp.pdf180.99 kB資料見る/開く
2010073-OnoFull.pdf1.03 MB本文見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください