DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
38号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/8425

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 外来造血器腫瘍患者を対象とした集団による心理教育プログラムの有用性
タイトル別表記: Usefulness of Psycho-education Group Program for Out-patients with Hematological Malignancies
著者: 高橋, 恵子
白井, 教子
岡田, 定
恩田, 美紀
キーワード: 造血器腫瘍
心理教育
サイコオンコロジー
グループ
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 38
開始ページ: 18
終了ページ: 24
発行年月日: 2012年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 〔要旨〕 目的 本プログラムは,通院中の造血器腫瘍患者が,集団機能の活用と心理教育を通して,疾患の受容と主体的 な対処技術を向上させ,情緒的に安定するようになることをめざして開始した。本研究は,参加者の情緒状態と コーピングの変化により本プログラムの有用性を明らかにすることを目的とした。 方法 プログラムに参加した23 名の外来造血器腫瘍患者を対象に,プログラム参加前と終了直後及び終了3 カ 月後の3 時点で,日本版POMS とコーピング尺度,フリーコメント用紙を配布し,回答を依頼した。量的デー タの分析にはSPSS を用いt 検定を行い,質的データに関しては内容分析を行った。 結果 平均年齢60.1 歳であった。POMS では,終了直後に「総合的心理負担 」と「抑うつ・落ち込み」の得点 が有意に改善した(p< 0.05)。コーピング尺度では,回避・逃避型が3 カ月後に有意に低下した(p< 0.05)。コメント用紙には,プログラムに対してポジティブな内容ながら,時折生じる再発や体調への不安な気持ちが記 載されていた。 結論 本プログラムは,参加者の終了直後の情緒的安定には有用である。しかし,参加者の情緒面への中長期的 効果を目指すには,より継続的な支援が必要であることが示唆された。
抄録別表記: 〔Abstract〕  This study examined the usefulness of a program designed to assist patients with a hematological malignancy to come to terms and to cope with the reality of their disease. The program consisted of group process and psycho-education, known to enhance mental stability, was provided for the patients.  Changes in patients’ mental status and course of coping were measured. Subjects were 23 patients. Measurement was the Profile of Mood States (POMS) and a numerical scale for coping and a comment page for qualitative data. These were distributed to the participants at three time points: before the participation, right after the interview and three months after the interview. T-test was conducted on the numerical data whereas the contents analysis was done on the qualitative data.  The average age of the participants was 60.1. According to POMS, Total Mood Disturbance (TMD) and Depression/Discouragement and Avoidance/Escape were both significantly improved by this program (p<0.05). Comments indicated, some mental instability caused by the lingering anxiety about the possibility of recurrence of the disease and/or for the current health condition.  In conclusion, although the program appeared to be effective for improving the mental stability of those who participated in the program it was apparent that continued support both medium and long term would be required for true mental stability. Future research should include random control trials.
参考文献: Anderson, C. M., Reiss, D. J. & Hogarty, G. E.(1986). 分裂病と家族 心理教育とその実践の手引き(上)(第 1 版).鈴木浩二,鈴木和子監訳. p215. 東京: 金剛出版.
Fawzy,N,W.(1995).A psychoeducational nursing intervention to enhance coping and affective state in newly diagnosed malignant melanoma patients. Cancer Nursing,18(6),427―438.
保坂隆.(1999). がん患者への構造化された精神的 介入の有効性について.精神医学,41(8),867―870.
Hosaka, T., Sugiyama, Y. & Hirai, K. et al.(2001). Effects of modified group intervention with earlystage breast cancer patients. General Hospital Psychiatry, 23, 145―151.
川名典子他(. 2004). がん患者のためのサポートグルー プ.臨床精神医学,35(5),655―660.
季羽倭文子,丸山ミサヱ.(2005). がん患者と家族 のサポートプログラム(第1 版). p171. 東京: 青海社.
中村めぐみ,紺井理和,川名典子.(2011). がんサ バイバーのためのサポートグループの効果~情緒状態 の経時的変化より~.がん看護,16(4),525―530.
尾関友佳子.(1993).大学生用ストレス自己評価尺 度の改定 トランスアクショナルな分析に向けて. 久留 米大学大学院比較文化研究科年報, 1 ,95―114.
下枝恵子, 羽山由美子,岡田定.(2003).造血器腫 瘍患者を対象とする心理教育プログラムの有効性の検 討,こころの看護学,4(1),132―140.
Spiegel, D. & Classen, C.( 2000).がん患者と家族の ためのサポートグループ(第1 版). 朝倉隆司,田中 祥子監訳.p329. 東京: 医学書院.
横山和仁,荒記俊一,川上憲人他.(1990).POMS(感 情プロフィール検査)日本語版の作成と信頼性および 妥当性の検討. 日本公衆衛生誌, 37, 913―918.
吉田みつ子他.(2004).がん患者のための地域開放 型サポートグループ・プログラムの効果検討.心身医 学,44(2),134―140.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/8425
出現コレクション:38号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2011053-kiyo38-8425.pdf503.06 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください