DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
11巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/799

種類: Journal Article
タイトル: 慢性呼吸不全・在宅酸素療法実施者に求められる新たな看護 - テレナーシング(遠隔看護)システムの開発と長期利用効果の分析から-
著者: 亀井, 智子
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 11
号: 1
開始ページ: 143
終了ページ: 145
発行年月日: 2007年6月20日
ISSN: 13441922
参考文献: Britton, B. P., KeehnerEngelke, M., Still, A. T.(1999).Innovative Approaches to Patient Care Management Using TeleHomecare.Home Health Care Consultan.6(12).11-16.
探野木(亀井)智子,関沢康子,石井麻里,他(1993).在宅酸素療法患者の再入院予防の看護に関する研究―肺結核後遺症例の再入院の分析から.日本呼吸管理学会誌.3(2).91-96.
International Council for Nurses(2001).Nursing Matters Fact Sheet Telenursing.
亀井智子(2003).在宅酸素療法実施者の療養管理遠隔看護支援システムの開発.聖路加看護大学紀要.29.1-11.
亀井智子(2005).在宅酸素療法実施者の長期療養管理を目的とした遠隔看護支援システムの開発と効果.聖路加看護学会誌.9(2).55.
亀井智子,亀井延明,高橋正光(2006).在宅酸素療法実施者の長期療養管理を目的とした遠隔看護支援システムの開発と利用効果.日本遠隔医療学会誌.2(1).20-26.
木田厚瑞,桂秀樹,山田浩一,他(2003).気管支嘱息,慢性気管支炎,肺気腫の保健指導等に関する研究.環境再生保全機構大気汚染による健康影響に関する総合的研究第5期成果報告書.116-134.
茂木孝(2002).Telemedicineを利用した在宅呼吸リハビリテーションの将来展望.日本呼吸管理学会誌.12(1).50.
村田朗(2003).在宅酸素療法におけるテレメディスンの利用と問題点,日本呼吸管理学会誌.12(3).293-298.
日本遠隔医療学会編(2007).テレメンタリング双方向ツールによるヘルスケア・コミュニケーション.2.中山書店.
新倉礼子,山崎克之,中川晋一,他(2003).離島におけるTelemedicine―離島医療の今後に向けて.日本呼吸管理学会誌.12(3).308-312.
Tomoko, Kamei. & Fumiko, Kajii.(2005).Development of the Telenursing System for Patients with Home Oxygen Therapy.International Conference on Community Health Nursing Research.3.137.
Tomoko, Kamei. Nobuaki, Kamei. Masamitsu, Takahashi.(2007).Effectiveness of a Telenursing System for Home Oxygen Therapy in Preventing Acute Exacerbation, 21st Pacific Science Congress, 2007(in press).
在宅呼吸ケア白書(2005).日本呼吸器学会在宅呼吸ケア自書作成委員会.文光堂.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/799
出現コレクション:11巻1号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00005059540.pdf331.47 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください