DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
11巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/790

種類: Journal Article
タイトル: ミャンマー連邦農村の母子保健向上をめざす人材育成プログラムのプロセス評価 第II期 -2005~2006-
タイトル別表記: Process Evaluation for Development of Capacity Building Program for Reproductive and Child Health at the Community Level in Union of Myanmar, PhaseII -2005~2006-
著者: 土屋, 円香
小黒, 道子
江藤, 宏美
大隅, 香
堀内, 成子
キーワード: ミャンマー連邦
人材育成
女性ヘルス
ボランティア・グループ
エンパワーメント
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 11
号: 1
開始ページ: 83
終了ページ: 89
発行年月日: 2007年6月20日
ISSN: 13441922
抄録: 背景:2003年9月よりミャンマー連邦中部乾燥地帯の2つの農村において,地域母子保健向上に寄与す る人材育成を目的として,要件を満たした女性保健・ボランティア・グループ(WVG:Women's health Volunteer Group以下WVGとする)が試験的に育成されている。この人材育成プログラムは2003年9月 から2008年3月までを第Ⅰ期(創設期),第Ⅱ期(維持・継続期),第Ⅲ期(自立期)に分類し,4年半で WVGが自立した活動ができることをめざしている。 目的:2005年9月から2006年2月までのWVGが外部者からの支援を受けながら活動を維持・継続する第 Ⅱ期のWVGの活動を把捉し,今後の活動支援の内容を明確にする。 方法:wvGが居住する各村の栄養給食センターで,同意が得られたWVG成員に対し各村2回ずつのフォー カス・グループ・インタビューが行われた。インタビュー内容はその場で聞き書きし,「プログラム第Ⅱ期 におけるWVGの活動」についての各語りの内容を村毎に集積後,分析した。 結果:参加者は,A村では1回日・2回目ともに出席者6名,B村は1回目10名,2回目11名の出席であった。 インタビューを通して,WVGの活動はFirstAidと家族計画回転資金プログラムの道営を中心に継続され ていることが明らかになった。WVGの活動は徐々に村に浸透し,村の権威者の理解により支えられていた。 活動を強化する要因としては,知的好奇心を満たす喜びや住民からの感謝を通したエンパワーメントが考え られた。弱体化する要因として,自信のなさやグループ内で同意を得ていく過程の欠如が考えられた。今後 は,活動の自立発展をめざす第Ⅲ期に向けて,各wvGの発展段階を踏まえた支援が必要と考えられた。
抄録別表記: Background: Since September 2003, a Women's health Volunteer Group (WVG) has been established in two villages in Myanmar's central dry zone. The purpose of the group is to improve regional reproductive and child health, and training program has been given to women who fulfilled certain conditions. This human resources training program is divided into Phase I (foundation phase), Phase II (maintenance and continuation phase) and Phase III (independent phase) during the period from September 2003 to March 2008. The WVG is expected to become capable of conducting activities independently in four and a half years. Aim: To grasp the activities maintained and continued by the WVG in Phase II (September 2005-February 2006), in which the WVG received support from external parties, and to clarify the contents of support in Phase III. Method: We conducted focus group interviews with the WVG members who agreed to participate. Interviews were held twice in each of the nutrition centers in two villages, where the WVG is based. The interview details were written down at the time of the interviews, and among them, we analyzed the discourse on WVG activities in Program Phase II. Results: At village A, there were 6 participants at both the first and the second interview. At village B, there were 10 participants at the first interview, and 11 participants at the second interview. Through the interviews, it was clear that WVG activities have been continued, with their focus on first aid and the family planning revolving capital program. The activities of the WVG have been gradually permeating into the villages, and have been supported by the understanding of authority in the villages. Factors thought to be strengthening the activities are the pleasure of satisfying intellectual curiosity and empowerment derived from gratitude from the residents. Factors thought to be weakening activities are lack of confidence and lack of process for obtaining agreement within the Group. Towards Phase III, in which the WVG will aim for independent development of activities, external supporters should carefully evaluate each development stage of the WVG.
参考文献: 荒木美奈子(1998).コミュニティー・エンパワーメント.現代のエスプリ.9(53).85-97.
独立行政法人国際協力機構(2004).事業事前評価表.Retrieved March 27. 2007. http://www.jica.go.jp/evaluation/before/2004/mya_01.html
Eto, H., Oguro, M., Tsuchiya, M., et al(2006).Capacity building of women volunteer group in union of Myanmar:follow up for evaluation in 2005.4th International Multidisciplinary Conference in collaboration with the Global Network of the WHO Collaborating Centers for Nursing and Midwifery Development.June 7.68.
稲岡恵美(2004).住民組織化プロセスと援助プロジェクトの成果:フィリピンとイエメンにおける参加型保健プロジェクトを事例として.佐藤寛編.援助と住民組織化.139-164.アジア経済研究所.
久木田純(1998).エンパワーメントとは何か.現代のエスプリ.9(53).10-33.
小黒道子,堀内成子(2006).ミャンマー連邦農村の母子保健向上をめざす人材育成プログラムの開発第Ⅰ期2003-2004.聖路加看護学会誌.10.46-53.
小黒道子(2005).ミャンマーの母子保健事情:NGO派遣者として見聞してきたこと.助産師.59(1).35-41.
Sakiko, Fukuda-Parr.(2004).Human Development Report 2004.横田洋三,秋月弘子監修(2004).UNDP人間開発報告書2004(日本語版).国際協力出版会.176.
佐藤寛(2004).住民組織化をなぜ問題にするのか.佐藤寛編.援助と住民組織化.139-164.アジア経済研究所.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/790
出現コレクション:11巻1号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00005059530.pdf684.86 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください