DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
11巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/780

NII Resource type: Journal Article
Title: 聖路加看護大学21世紀COEプログラム第7回国際駅伝シンポジウム報告 子どもと学ぼう、からだのしくみ - あなたはどれくらいからだを知っていますか? - ~駅伝シンポジウムにみるPeople-centered Careの発展過程~
Other Titles: The Developing Process of People-centered Care in Relay Symposium
The report of St.Luke's College of Nursing 21th Century COE Program 7th International Relay Symposium. "Let's Learn about Our Body with Children!"
Authors: 佐居, 由美
松谷, 美和子
山崎, 好美
中山, 久子
大久保, 暢子
石本, 亜希子
三森, 寧子
多田, 敦子
印東, 桂子
瀬戸山, 陽子
村松, 純子
小山, 敦子
岩辺, 京子
森, 明子
有森, 直子
今井, 敏子
原, 瑞恵
菱沼, 典子
Keywords: 市民主導
コミュニティ
協働
教材開発
21世紀COEプログラム
Shimei: 聖路加看護学会誌
Volume: 11
Issue: 1
Start page: 116
End page: 124
Issue Date: 20-Jun-2007
ISSN: 13441922
Abstract: 本稿は,聖路加看護大学21世紀COEプログラムの一環である『第7回COE国際駅伝シンポジウム「子 どもと学ぼう,からだのしくみ」』の概要を記述し,その運営実施過程を分析評価することにより,People-centered Care の構成要素について考察することを目的とする。 第7回駅伝シンポジウムは,5歳児がからだを学べる方法を提示し一般市民と有意義な意見交換を行うこ とを目的とし,5歳児と両親,保育士や幼稚園教諭,看護師・養護教諭など5歳児にかかわる専門家を対象 として開催された。 シンポジウムの企画運営は市民との協働で行われた。シンポジウムは,①子どもが「からだを学ぶ」ため の教材としてのテーマソング「からだフ・シ・ギ」の歌と踊り,②人間の消化機能を解説した紙芝居「リ ンゴがウンチになるまで」の上演,③子どもとからだのしくみを学ぶことについてのシンポジウム「子ども と学ぼう,からだのしくみ」から構成された。プログラムは, 1プログラム20分以内とし,紙芝居・歌・ 踊りなどを取り入れ,子どもが飽きない工夫を行った。 シンポジウムの運営実施における市民との協働過程においては,これまでのCOE活動から得られた people-centered Careの要素〔役立つ健康情報の生成〕〔異なる視線でのつながり〕等が確認され,「コミュ ニティに潜伏しているニードを湧きあがらせ(互いに確認し)顕在化させ,活動を専門家との協働へと移行 し発展させる」過程を経験し,新たに〔互いに確認する過程〕という要素を兄いだした。 また,駅伝シンポジウムにおいて,当初,模索されていた市民との協働(2004年)が,湧きあがったコミュ ニティとの協働(2005年)へと視点を移し,さらに,協働が進行しているコミュニティと専門家が活動の さらなる展開を共に模索するシンポジウム(2006年)へと,市民との協働のプロセスが発展していること が確認された。コミュニティとのさらなる協働のあり様,「5歳児がからだを学べる方法」の具体的評価方法, などが,今後の課題として再確認された。
Abstract-Alternative: The objective of this article is to provide an overview of the St. Luke's College of Nursing 21st Century COE Program 7th International Relay Symposium "Let's Learn about Our Body with Children!" and to consider the components of peoplecentered care by analyzing and evaluating the process by which the symposium was conducted. The objective of the symposium was to provide methods through which five-year-old children can learn about the human body and to facilitate the meaningful exchange of opinions with the general public. The symposium was targeted for five-year-old children and their parents, as well as various specialists working with five-year-olds, such as childcare professionals. kindergarten teachers, and nurses and school health nurses. The symposium was planned and carried out in cooperation with the general public. Each event on the program was kept to within 20 minutes, and a picture story show and song and dance were included in the program to ensure that children did not lose their interest. Several things were achieved through the process of working cooperatively with the general public in order to conduct the symposium. The elements of people-centered care acquired through past COE activities were confirmed. The staff members experienced the process of "drawing out and exposing (ascertaining them from each other) hidden needs within the community. and shifting activities towards cooperative efforts with specialists and further developing those activities". In addition, a new important element in such activities. "ascertaining things from each other". was uncovered. The symposium also allowed us to shift the focus of cooperation with the general public, something that we had initially been searching for ways of achieving effectively. towards vibrant and energetic cooperation with the community. Moreover, it was confirmed that the process of cooperation with the general public has continued to develop, moving towards symposiums whereby the community and specialistswork together in search of further progress in their activities. Several future issues were re-identified: the status of further cooperation with the community. and concrete methods for evaluating methods by which five-year-olds can learn about the body.
Bibliography: 有森直子,小松浩子,他(2005).聖路加看護大学21世紀COEプログラム国際駅伝シンポジウム第2報 : シンポジウム企画・運営を通して明らかになったPeople-centered Care.聖路加看護学会誌.9(1).84-89.
江藤宏美,堀内成子,佐居由美,山崎好美,他(2006).聖路加看護大学21世紀COEプログラム第5回国際駅伝シンポジウム : 知恵と勇気を分かちあう女性たちの経験の中にみるPeople-centered Careの構成概念.聖路加看護学会誌.10(1).68-74.
川上千春,亀井智子,梶井文子,山田艶子,他(2007).聖路加看護大学21世紀COEプログラム第6回国際駅伝シンポジウム : 認知症になっても安心して暮らせる街づくり―市民との協働によるシンポジウムの評価―,聖路加看護大学紀要.33号.
小松浩子,鈴木久美,他(2006).聖路加看護大学21世紀COEプログラム国際駅伝シンポジウム第3報私たちが選ぶ時代に向けて : 患者中心の乳がんチーム医療.聖路加看護学会誌.1(1).61-67.
小松浩子,太田加代,他(2005).聖路加看護大学21世紀COEプログラム国際駅伝シンポジウム第1報聖路加看護大学21世紀COE国際駅伝シンポジウムを貫くPeople-centered Careの要素.聖路加看護学会誌.9(1).76-83.
聖路加看護大学(2005a).COE国際駅伝シンポジウム① あなたはどこで最期をむかえたいですか?.ナーシング・トゥデイ.20(1).58-62.
聖路加看護大学(2005b).COE国際駅伝シンポジウム② 考えよう!医療と看護あなたも医療チームの一員.ナーシング・トゥデイ.20(2).59-63.
聖路加看護大学(2005C).COE国際駅伝シンポジウム③ 自分で決めた生き方を実践するために.ナーシング・トゥデイ.20(3).62-66.
松谷美和子,菱沼典子,住居由美,中山久子,他(2007).5歳児向けの「自分のからだを知ろう」健康教育プログラム:消化器系の評価.聖路加看護大学紀要.33号.
菱沼典子,松谷美和子,中山久子,住居由美,他(2006).5歳児向けの「自分のからだを知ろう」プログラムの作製―市民主導の健康創りをめざした研究の過程―.聖路加看護大学紀要.32.51-58.
山田緑(2004). People-centered Care:概念分析.聖路加看護学会誌.8(1).22-28.
Rights: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
URI: http://hdl.handle.net/10285/780
Appears in Collections:11巻1号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
「自分のからだを知ろう」キャラバン
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00005059534.pdf1.48 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback