DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
11巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/772

種類: Journal Article
タイトル: 海外ボランティアを行う看護学生向けサービスラーニングカリキュラムに必要な情報と支援策 - タイのコミュニティにおけるボランティア活動を通じた学習体験評価
タイトル別表記: Useful information and supports in the service learning curriculum for the nursing students who work as volunteers overseas. - Experiences of Voluntary activities by Japanese nursing students in Thailand.
著者: 長松, 康子
田代, 順子
菱沼, 典子
松谷, 美和子
及川, 郁子
麻原, きよみ
平林, 優子
大森, 純子
キーワード: サービスラーニング
ボランティア
異文化看護
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 11
号: 1
開始ページ: 62
終了ページ: 67
発行年月日: 2007年6月20日
ISSN: 13441922
抄録: ボランティア活動の一領域である海外ボランティアに焦点をあて,サービスラーニングカリキュラム作成 に必要な情報と支援策について資料を得るため,タイ国でのボランティア活動に参加する看護学生が直面す る困難と,その解決のために有効な情報や支援,および,海外ボランティア受け入れ担当者が望む情報・支 援について調査を行った。調査は,タイ国ボランティア活動に参加したA看護大学4年生8名に対し,活 動終了後にフォーカスグループディスカッションを,タイ国B大学看護学担当教員4名に英語によるアン ケートを実施した。ボランティア活動は,タイ中心部のスラム地区の小学校スクールナース活動,在宅ケア, デング熱キャンペーン,ナースクリニック,孤児院で実施された。事前準備として,タイの文化・習慣・宗 教,ヘルスシステムや健康問題,基本的なタイ語挨拶などを実施し,それらは概ね役立った。しかし,それ でも学生は①文化・言語:道に放置されるゴミや野犬,スタッフの説明が理解できない,② ボランティアと しての参加の仕方:見学だけか,ケアしてもよいのか,(彰心理面:孤児との別れの辛さ,異文化生活におけ る精神的疲労,④看護ケア:日本と異なる方法,などの困難を経験していた。これらに対しては現地で,日々 の振り返り,学生同士のディスカッション,教員やスタッフによるスーパーバイズなどの支援を行い,有効 であった。一方,現地担当者は,スケジュールや食事に対する学生の要望や学生の看護知識・技術について の情報を求めていた。さらに,事前学習の指導や現地での学生の支援を日本の教員に期待していた。これら は,サービスラーニングで提供する海外ボランティア活動の情報に反映することが可能であると考える。
抄録別表記: Purpose: To develop an evidenced-based service learning program for Japanese nursing students participating in volunteer activities in Thailand, we addressed the following questions: 1) what are the difficulties experienced by Japanese nursing students, and 2) what is the necessary information and support for the nursing student volunteers in this program? Methodology: Qualitative data was collected from 8 nursing students who participated in the volunteer activities, using a focus group discussion. They discussed their volunteer activities in an elementary school, home nursing, dengue campaign, nurse clinic and orphanage in Thailand in 2006. The four participating Thai nursing instructors responded to the questionnaire regarding the learning needs of the students and how to improve the program. Data was thematically analyzed. Result: Students difficulties were sorted into 4 categories: 1) Culture and language: dealing with garbage and homeless dogs on the street, for instance. 2) Attitude as a volunteer: observation or care? 3) Emotional/mental problems: heart-breaking farewell to orphans. 4) Nursing care: different ways of care between Japan and Thailand. Useful information for students was about culture, language, healthcare system and health problems in Thailand. Information about activities included the purpose and expected students' attitude and role were appreciated. Useful forms of support described by students were: reflection, discussion with other students and supervision by instructors. Requests from Thai instructors included information about the programs and nursing skills level of Japanese students. They also expected Japanese instructors to give necessary information about Thailand and to provide a support to the Japanese students in Thailand. Conclusion: Information about difficulties faced by Japanese nursing students participating Thailand-based volunteer activities, useful advance information and possible supports in the field can improve the service learning programs. The daily reflection form was developed with the assistance of students and already adopted in the program.
参考文献: 岡本栄一監修(2005).ボランティアのすすめ―基礎から実践まで―.24.ミネルヴァ出版
戸塚規子(2004).文化の違いを考慮した看護.国際看護研究会.国際看護学入門.187-123.医学書院.
松谷美和子,他(2004).看護研究法としての「サービス・ラーニング」:実践研究文献レビュー.聖路加看護大学紀要.30.31-38.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/772
出現コレクション:11巻1号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00005059527.pdf629.21 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください