DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
16巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/7718

種類: Journal Article
タイトル: うつ病により長期休暇した男性労働者の心理社会的な職場復帰のプロセス ―職場復帰リハビリテーションプログラムを受けた3名の事例を通じて―
タイトル別表記: The Psychosocial Process of Workplace Reintegration in Male Workers after Long-term Leaves of Absence from Work due to Depressive Disorders: A Study of Three Participantsin a Workplace Reintegration Rehabilitation Program
著者: 山岡, 由実
キーワード: うつ病
職場復帰
心理社会的プロセス
長期休暇
男性労働者
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 16
号: 1
開始ページ: 1
終了ページ: 8
発行年月日: 2012年1月31日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 1.目的 本研究の目的は,うつ病のために長期休職した男性労働者の視点からみた,心理社会的な職場復帰のプロ セスを記述することである。 2.方法 対象は,関東圏にある施設の「うつ病患者のための職場復帰リハビリテーションプログラム」を受けて職 場復帰した男性3名で,うつ病と診断されて1ヶ月以上休職し,職場復帰した後適応できており,継続して 6ヶ月以上勤務ができていることを条件とした。データ収集は半構成的インタビューを用い,質的記述的に 分析をおこなった。倫理的配慮は聖路加看護大学研究倫理審査委員会の承認を得て遂行した。 3.結果 分析の結果,職場復帰のプロセスとして,【社会人としての役割を維持しようと頑張る】,【安堵と疲弊に 浸る】,【復帰に向けて模索する】,【復帰に向けて目的的セルフケアを獲得する/生き方・働き方のとらえ直 しをする】,【復帰に向けて主体的に調整する】,【現実の中で再適応する】という6つのカテゴリが抽出され た。これらのカテゴリは契機となるサブカテゴリを経て順に移行していた。 4.考察 本研究により,①職場復帰は単に症状の回復によるものではなく,様々な思いや問題に対処しながら新し い自己を再構築して主体的に戻っていくプロセスであること,②各段階が次の段階に関連して構成されてい ること,そして③休職中に新しい自己が再構築されることが,職場復帰後就労を維持することに重要な意味 をもつ可能性があること,④復帰後の適応に影響を及ぼす可能性をもつ内的な変化にリハビリテーションプ ログラムが影響を与えていたということ,が示唆された。 5.結論 うつ病により長期休職した男性労働者の心理社会的な職場復帰のプロセスとして,6つのカテゴリが抽出 された。今後は特に休職中の内的な変化に焦点を当て,さらに研究協力者を増やして全体像を把握していく 必要があると考えられた。
抄録別表記: Purpose This qualitative descriptive study aims to describe the psychosocial process of workplace reintegration in male workers after long-term leaves of absence from work due to depressive disorders. Methods Study participants consisted of three men who participated in a “Workplace Reintegration Rehabilitation Program for Patients with Depressive Disorders” conducted at a facility in the Kanto region of Japan. Criteria for participation consisted of having taken at least one month’s leave of absence after being diagnosed with a depressive disorder, and having been back at work for at least six months while demonstrating successful readjustment after reinstatement. Data were collected using semi-structured interviews. Results Results indicate that the workplace reintegration process consisted of six phases: the “struggle to preserve my role as a productive member of society” phase; the“ relief and exhaustion” phase; the“ reintegration-oriented questioning” phase; the “reintegration-oriented, purposeful self-care/reevaluation of life and work styles” phase; the “reintegration-oriented proactive adjustment” phase; and the“ reorientation to the real world” phase. Participants progressed through phases in sequence, via a number of constituent sub-phases. Discussion Results from this study suggest that: (1) workplace reintegration is not achieved solely through recovery from symptoms, but rather is a process whereby the person constructs a new self-identity in the course of dealing with various feelings and issues, and recovers a positive self-image;(2) each stage of the reintegration process is linked to the subsequent stage;(3) the construction of a new self-identity while on leave from work may be important in maintaining the ability to remain employed after reinstatement; and(4) the rehabilitation program demonstrated an impact on internal personal changes that may influence the course of adjustment after reinstatement. In the future, larger studies that focus particularly on internal transformations in persons on leave from work should be conducted in order to obtain a better understanding of this population.
参考文献: 秋山剛,山岡由実,田島美幸他(2008).職場との連携 ―上司,人事担当者,保健師,産業医―.精神科治療 学.23(8).963-970.
Druss, B., Rosenheckm, R., & Sledge, W. (2000). Health and disability costs of depressive illness in a major U. S. corporation. American J sychiatry . 157. 1274-1278.
藤田利治(2006).自殺死亡統計:地域での自殺予防の ために.平成17年度厚生労働科学研究費補助金(ここ ろの健康科学研究事業)「自殺の実態に基づく予防対 策の推進に関する研究」.http://www.ncnp.go.jp/ ikiru-hp/genjo/toukei/index.html(2008.11.3).
船津衛(1976).シンボリック相互作用論(1).(1-119). 東京:恒星社厚生閣.
井上幸紀(2007).産業医学 企業から見た職場復帰の 現状と課題.外来精神医療.6(2).18-20.
警察庁(2008).平成19年中における自殺の概要資料. http://www.npa.go.jp/toukei/index.htm(2008.11.1).
厚生労働省(2008).平成19年労働者健康状況調査結果の 概況.http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/ saigai/anzen/kenkou07/index.html(2008.11.1).
小嶋秀幹,中村純(2006).病休・休職者の動向とうつ病. 臨床精神医学.35(8).1047-1051.
文部科学省(2005).平成17年教職員に係る懲戒処分等 の状況の調査(届出統計).http://www.mental-g. com/news/news061222.html(2008.11.1).
中川茂昭(1997).復職後のフォローアップ,再発予防. 産業精神保健.5.177-183.
中村豊(1997).職場の精神障害者の転帰.産業精神保健. 5.161-166.
島悟,佐藤恵美(2004).精神障害による疾病休業に関す る調査.産業精神保健.12(1).46-53.
島悟(2005).産業社会の変化により生ずる労働生活と 健康上の課題に関する研究 うつ病を中心としたここ ろの健康障害をもつ労働者の職場復帰及び職場適応支 援方策に関する研究.第Ⅱ期労働衛生重点研究推進協 議会報告書1年次.80-90.
渡邊美寿津(2007).職場復帰困難事例への対応「メン タルヘルス職場復帰困難事例への対応に関する研究」 調査より.産業精神保健.15(4).246-253.
財団法人社会経済生産性本部メンタルヘルス研究所 (2009).産業人メンタルヘルス白書. 2008年度版.(55- 81).東京:財団法人社会経済生産性本部メンタルヘル ス研究所.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/7718
出現コレクション:16巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2011036-gakkai16-7718.pdf896.33 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください