DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
15巻2号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/7598

種類: Journal Article
タイトル: 看護管理実践のための自己評価指標(MaIN)改訂版の信頼性と妥当性の検討
タイトル別表記: Reliability and Validity of the Management Index for Nurses(MaIN)Revised Edition
著者: 奥, 裕美
井部, 俊子
柳井, 晴夫
中村, 綾子
石崎, 民子
笠松, 由佳
佐々木, 菜名代
高井, 今日子
平山, 恵子
松永, 佳子
三笘, 里香
渡邊, 千登世
キーワード: 看護マネジメント
自己評価指標
看護管理者
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 15
号: 2
開始ページ: 16
終了ページ: 25
発行年月日: 2011年7月29日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 【目的】2006年に開発された看護管理者のための実践的指標であるMaIN を改定し,その信頼性・妥当性 を検証することを目的とした。改定の主たる目的は,サービスマネジメント理論をMaIN に盛り込むこと である。 【方法】データ収集は2009年1月から4月に行い,全国681病院の看護管理者から得られた2,282通の回答を もとに分析を行った(有効回答率28.5%)。6つの看護管理指標に含まれる各8質問項目について主成分分 析を行い,さらに各大項目のα信頼性係数を求めた。妥当性についてはMessick の概念を採用し,内容的 側面,構造的側面,外的側面からの証拠を収集した。 【結果】看護管理指標間の相関係数は0.57から0.85であり,各看護管理指標のα信頼性係数は0.75から0.90 であった。妥当性は上記の3側面のうち内容的側面,構造的側面の2側面から複数の証拠が確保されたが, 外的側面からの証拠については十分に確保されたとはいえない。 【結論】本指標を看護管理実践の指標として利用するため,結果をもとに見直しを行うとともに,今後も 継続的にデータを収集して検討を重ね,より精度を高めていく。
抄録別表記: The Purpose of this study was to examine the reliability and validity of the Management Index for Nurses Revised Edition(MaINr), a research based management index, which was developed in 2006 for nurse managers to evaluate their own practice. The study sample was 2,282 nurse managers from 681 hospitals in Japan. Respondents completed a 48-item multiple-choice questionnaire. Alpha coefficients were computed to examine the initial consistency of MaINr ; principal component analysis was also performed for the 8 items in each six categories of MaINr. Finally, the validity was analyzed based on Messick's unified theory of construct validity. Analysis found that the alpha coefficients of reliability for the categories ranged from 0.75–0.90. Analysis also yielded sufficient evidence for the construct aspect of validity of the index. Content aspect of validity was ascertained by a pool of experts. The structural validity of the index was examined by computing correlation coefficients between categories, which ranged from 0.57–0.85. However, the attempt to establish the external aspect of validity by calculating the correlations between MaINr scores and years of experiences as a nurse manager, hospital size, and the experience of undergoing the examination of the Japan Council for Quality Health Care lacked sufficient confirmation. Further examination is needed to improve the accuracy of this index so that it can be a more useful tool for the professional practice of nurse managers.
参考文献: 平井洋子(2006).測定の妥当性からみた尺度構成.吉田寿男編,心理学研究法の新しいかたち(21–49).東京:誠信書房.
井部俊子(2007).医療機関における看護サービスの提供と質の保証のためのデータベース開発に関する研究.平成16–18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書.
Messick S.(1995). Validity of psychological assessment validation of inferences from persons' responses as scientific inquiry into score meaning. American Psychologist. 50. 741–749.
宮川雅己(1997).グラフィカルモデリング.東京:朝倉書店.
NMMDS-j 研究会編著,井部俊子監修(2007).ナースのための管理指標MaIN .東京:医学書院.
大串正樹,北浦暁子,太田加世他(2007).看護管理者のための自己評価指標―日本版看護管理ミニマムデータセット(NMMDS-j)の開発.日本看護管理学会誌.11(1).5-12.
奥裕美,井部俊子,柳井晴夫他(2010).看護管理実践のための自己評価指標の開発.日本看護科学学会誌.30(2).34-43.
本文の種類: Publisher
引用情報: 聖路加看護学会誌
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/7598
出現コレクション:4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
15巻2号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2011022-gakkai15(2)-7598.pdf616.76 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください