DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
10巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/759

種類: Journal Article
タイトル: 看護技術教材としてのe-Learning導入の試み
タイトル別表記: Trial Introduction of e-learning as a Tool for Reviewing Nursing Skills.
著者: 佐居, 由美
豊増, 佳子
塚本, 紀子
中山, 和弘
小澤, 道子
香春, 知永
横山, 美樹
山崎, 好美
キーワード: e-learning
看護技術教材
看護学
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 10
号: 1
開始ページ: 54
終了ページ: 60
発行年月日: 2006年6月20日
ISSN: 13441922
抄録: 不規則な勤務形態をもつ看護師の継続教育においては,その利便性から教育方法としてe-learningの有 効性が指摘されている。e-learningの看護継続教育-の可能性を探る前段階として,聖路加看護大学(以下, 本学)では2003年11月より,看護基礎教育(学部学生)にe-learningを導入している。e-learning配信 対象は看護学部1-2年生で,講義の補助教材として看護技術についてのe-learningコンテンツを配信し ている。web上での自記式質問紙調査の結果では,ほとんどの学生が,「e-learningは学習の役に立った」 「今後もe-learningを活用したい」「内容の相互交信が必要である」と回答した。「e-learningのみで単位が 付与されること」に同意した学生は少数であった。看護基礎教育における看護技術教材として,e-learning の有効性が示唆された。今後,双方向性のある配信形態の検討,コンテンツの充足が必要である。
抄録別表記: The use of e-learning as a convenient educational method has been pointed out as being effective for the continuing education of nurses who often their irregular working hours. As a preliminary step in exploring the possibilities of utilizing e-learning in the continuing education of nurses, our school introduced elearning tools for undergraduates studying the fundamentals of nursing from November 2003. The intended audience of the e-learning tools was sophomore and freshman students of the nursing college. The students were provided with e-learning contents on nursing skills as supplementary learning aids to their lectures and lab classes. From the results of a web-based self-survey regarding the e-learning tools, the majority of students replied positively with statements such as "the e-learning materials were useful for studying", "I want to continue using e-learning tools in the future", and "the e-learning tools should be more interactive". Only a few students agreed with the statement that "credits should be awarded based only on e-learning materials". This trial suggests that e-learning is an effective resource for learning nursing skills. However it is necessary to further examine the interactive mode of delivery and to make the contents of e-learning material more informative and in-depth.
参考文献: 亀井智子,他(2004).保健医療福祉教育機関等に勤務する看護職におけるe-learning開講に関するニーズ調査報告.聖路加看護大学紀要.30.66-73.
小林初子(2004).「eラーニング感染管理教育プログラム」導入と成果.看護展望.29(12).32-36.
松井恵子,他(2004).「ブロードバンド放送講義」による新しい看護教育の展開.看護展望.29(12).43-49.
中村秀俊(2004).eラーニングは魔法の薬となりうるか.看護展望.29(12).25-31.
中山和弘(2004).eラーニングは看護を変えるか.看護展望.29(12).17-24.
大久保暢子,他(2004).わが国におけるe-learning実施大学の現状―Webおよび文献検索からの分析―.聖路加看護大学紀要.30.81-85.
豊増佳子,他(2004a).e-learningを実施している米国の看護系大学院の実態調査―Web調査によるアプローチ.聖路加看護大学紀要.30.66-73.
豊増佳子(2004b).看護教育方法の変化 eラーニングとweb講座.インターナショナルナーシングレビュー.27(5).49-54.
勝山貴美子,他(2005).e-learning教材を活用した講義における学生の思考過程の分析.
小陽美紀,他(2005).科目等履修生に対するe-learningクラスの実際と評価―パイロットスタディ―「EBNを臨床でどう展開するか?」.聖路加看護学会誌.9(2).42.
真嶋由貴恵,他(2005).講義形式におけるe-learning.教材の活用とその有効性.
真嶋由貴恵,他(2004).看護教育におけるe-learningシステムの導入に向けて 国家試験対策に活用を試みて.日本看護科学学会学術集会講演集23号.579.
中村秀敏(2004).e-Learningによる看護教育への新たな取り組み 廉価ソフトによる独自の開発のメリット.看護管理.(0917-1355)14(1).34-40.
大喜雅文,他(2004).九州大学医学部保健学科でのWBTの実践と成果.看護展望.29(12).37-42.
島田智織,他(2004).母性看護学領域におけるe-learningシステム開発 沐浴技術学習支援. 日本看護科学学会学術集会講演集23号.350.
高崎光浩,他(2004).看護職の生涯教育におけるeラーニングの試み.看護展望.29(12).50-56.
吉嶺敏子,他(2004).地域看護学教育における問題解決型思考育成のためのE-learning教材開発に向けて 母子保健事例を題材に.日本看護科学学会学術集会講演集.24.244.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/759
出現コレクション:10巻1号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004781647.pdf867.68 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください