DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
15巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/7539

種類: Journal Article
タイトル: 看護系大学1年生の生活習慣と生活体験に関する全国調査
タイトル別表記: A Survey on the Experience of Daily Life Activities of the Freshman of the Nursing Colleges and Universities in Japan
著者: 菱沼, 典子
佐居, 由美
大久保, 暢子
石本, 亜希子
佐竹, 澄子
安ヶ平, 伸枝
大橋, 久美子
伊東, 美奈子
蜂ヶ崎, 令子
キーワード: 看護系大学1年生
日常生活
質問紙調査
Generation Y
freshman nursing student
daily life
questionnaire survey
Generation Y
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 15
号: 1
開始ページ: 27
終了ページ: 34
発行年月日: 2011年2月25日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 少子社会で,マニュアル化が進んだ中で育った看護系学生の,生活習慣・生活体験の現状を明らかにし,それに合わせた看護学の教授内容・教授方法への示唆を得るために,全国の看護系大学1年生を対象としたアンケート調査を行った。 無記名,自己記入式のアンケートで,調査項目は①生活習慣,②生活体験の有無,③日常生活の中での気遣い,④属性,および⑤生活している家の風呂とトイレの設備についての72項目であった。全国の看護系大学に調査協力を依頼し,79大学(50%)の1年生6,618名にアンケート用紙を配布した。回答数は4,601件(回収率69.5%),有効回答数は4,597件(99.9%)であった。調査は2007年11月~2008年1月に実施した。本調査は筆者らの属する機関の研究倫理審査委員会の承認を得て行った。 その結果,90.1%が10代の女性で,93.1%は平均2.5人の子供がいる家庭で育ち,39.3%が祖父母との同居を経験しており,47.9%が親元を離れて暮らしていた。体験が少なかったものは,子どものオムツ替え32.9%,お年寄りの世話53.8%,病人の世話56.4%の3項目であった。習慣化されていなかった項目は,お盆を使う20.8%,シーツをのばす36.0%,湯をかき回してから湯舟に入る40.6%,食事前の手洗い52.9%で あった。しかし90%以上が食器洗い,料理,洗濯,自分の部屋の掃除等を体験していた。習慣化されていないものや体験内容によって,教育内容に加える必要があるだろう。 兄弟姉妹がいる中で,さまざまな生活体験をしているという結果から,看護系大学1年生を特徴づけているのは,少子社会や生活体験の少なさではなく,社会全体の生活の利便化を背景にした“Generation Y”ではないかと考えられた。看護学の基礎教育において,学生の現状を踏まえた教育方法の工夫が必要と考えられた。
抄録別表記: The aim of this research was to identify the experiences of daily life activities of freshmen in nursing schools. This has implications for what and how we teach in our nursing courses. The questionnaire survey was distributed to 6,618 nursing students of 79 colleges and universities across Japan. Data were collected November 2007 to January 2008. The questionnaire queried students about their experiences of daily life activities as freshman nursing students. Human subjects protection protocol was strictly followed, e.g. all data were kept anonymous and confidential. The college research ethics committee approved the survey and research process. Collected questionnaires were 4,601 (69.5 %), and 4,597 were valid. The majority, 90 % , was female; 93 % had brothers or sisters (M=1.5); 39% lived with their grandparents and 48% moved from their homes to attend nursing school. Half of the students had cared for older people (54%) and sick people (56%), and 33% of them had changed baby's diaper. Regarding meals, 79% of them did not use the traditional tray, and half of them did not wash their hands before eating. Regarding housework, they had experience: washing dishes (99 %), cooking (97 %), housecleaning (91%) and washing clothes (97%). The results showed the nursing students have brothers or sisters, and they have adequate experience doing housework. This suggests that students' lack of housekeeping ability was not a result of too few siblings or lack of housekeeping opportunity. The characteristics of Japanese nursing freshman were similar to the characteristics of Generation Y. The results provide the basic data to restructure the introduction to nursing courses and to change teaching methods to address the learning needs of the students from this generation.
参考文献: 服部周憲(2007).全入時代―変化する大学入試・変化 する受験生.IDE 現代の高等教育.489.32-37.
Johnson, Susann A. Romanello, Mary L.(2005). Generation Diversity―Teaching and Learning Approaches. Nurse Educator . 30(5). 212-216.
川田智美,木村由美子,木暮深雪他(2005).看護教員 が学生の生活体験の乏しさを感じた実習場面.群馬保 健学紀要.26.133-140.
小山眞理子,植村由美子,藤原ゆかり他(2004).看護 学生の大学入学時の学習への期待および看護・看護職 についての認識.神奈川県立保健福祉大学誌.1(1). 85-94.
松下由美子(2002).現代の看護短大生の日常生活体験.日中医学大会第8回日中看護学交流会.50-52.
大橋久美子,菱沼典子,佐居由美他(2008).看護大学 入学生の生活体験.聖路加看護学会誌.12(2).25- 32.
佐藤真澄,松田日登美,柿原加代子(2002).看護短大 生における生活体験および生活習慣の変化.日本赤十 字愛知短期大学紀要.13.1-10.
安ヶ平伸枝,菱沼典子,大久保暢子他(2010).基礎看 護学担当教員の捉える学生の特徴と教授学習方法の工 夫.聖路加看護学会誌.14(2).46-53.
樋田大二郎(2007).高校生の受験文化―低い動機付け とマニュアル化.IDE 現代の高等教育.489.27-32.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/7539
出現コレクション:15巻1号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2011005-gakkai15(1)-7539.pdf344.56 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください