DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
10巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/751

種類: Journal Article
タイトル: ミャンマー連邦農村の母子保健向上をめざす人材育成プログラムの開発 第I期 - 2003~2004
タイトル別表記: Development of Capacity Building Program for Reproductive and Child Health at the Community Level in Union of Myanmar Phase I 2003~2004.
著者: 小黒, 道子
堀内, 成子
キーワード: ミャンマー連邦
人材育成
女性ヘルス・ボランティア・グループ
母子保健
エンパワーメント
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 10
号: 1
開始ページ: 46
終了ページ: 53
発行年月日: 2006年6月20日
ISSN: 13441922
抄録: 著者は,国際医療ボランティアNGOである特定非営利活動法人AMDAの母子保健専門家としてミャン マー連邦に派遣され,2003年9月より試験的に2つの農村において,地域母子保健向上を目的とした女性 のヘルス・ボランティア・グループ(women's health voluntary group ; WVG)の人材育成プログラム に携わった。 本研究の目的は,2008年3月まで予定されている計4年半の人材育成プログラムのうち,2003年9月か ら2004年11月までの第Ⅰ期に焦点を当て,導入期にあたるプログラムの開発過程およびその過程における WVGの変化を記述することである。 基礎調査を基盤としたプログラムが考案され, 1.立ち上げ, 2.訓練, 3.活動開始の3段階それぞれ に目標および方法が定められた。メンバー選定後, ミ-ティングやワークショップを通してWVGおよび コミュニティとプログラム開発著聞の信頼づくりや地域の問題への気づ書が促されたり, トレーニングによ りWVGのキャパシティ・ビルディングが行われてきた。活動を開始級,WVGメンバ-1名が約10-15 世帯を受け持ち,地域住民にも徐々に活動が認識され始めてきた。2004年11月までの活動内容は,①経済 的に受胎調節が行えない女性を対象に無利子で資金を貸与する「家族計画回転資金プログラム」の運営,② 妊婦や乳幼児の母親に対する健診や予防接種の必要性の説明および受診への付き添い,③負傷者の手当て, ④参加型地域診療のサポート,⑤住民への健康教育の5項目であった。 WVGの自発性および地域性を尊重したプログラム開発の結果,参加の主体性が萌芽したと考えられ,住 民の組織化にあたりその過程に着目する重要性が見出された。また,参加者間による相互作用を通して, WVGは各段階において言動に変化が起こりエンパワーされた様相が認められた。
抄録別表記: The author Oguro was sent to the Union of Myanmar by AMDA, A non-governmental organization. Since October 2003, the author was engaged in a program on human resource development in Women's health Voluntary Groups (WVGs). The WVGs aim to improve regional maternal and child health in two villages. The aim of this report is to describe the process of the development of the capacity building program. The program looks at reproductive and child health, and the behavior changes in WVGs focusing on the period from September 2003 to November 2004, which is defined as phase I . The program will be slated to continue until March 2008. The author and others planned the program based on the primary baseline survey, and set the objectives and methods in 1.set up the group, 2.training, and 3.starting activity. After selection of the members, trust was developed between WVGs/community and implementers through meetings and workshops, and the WVGs'capacity was built through training. Each member of the WVGs is in charge of approximately 15 households and the program is slowly being accepted by the villagers through these activities. The following activities were conducted by the WVGs up to November 2004: ① Management of The Family Plan Revolving Fund Program, which gives women who cannot afford birth control an interest-free loan, ② Encouraging pregnant women and mothers of infants to have a regular checkup and vaccination, ③ Giving basic first aid, ④ Joining the community clinic, ⑤ Conducting health education. As the result of the development of the program that respects the WVGs spontaneity and the regional characteristics, the WVG members have been encouraged to participate. It was found that it is important to focus on the process of how they form the local organization. It was also found that theWVGs have changed their behavior and have empowered each, through the interaction with the implementers.
参考文献: AMDA Myanmar(2002).Nyaung Sank Village in Meiktila Township.(unpublished)
AMDA Myanmar(2002).Kyauk Phoo Village in Meiktila Township.(unpublished)
Department of Health, Ministry of Health, Union of Myanmar.(2004).Five-Year Strategic Plan for Reproductive Health in Myanmar. 76. Ministry of Health.
Freire P.(1979).Pedagogy of the Oppressed.小沢有作,楠原彰,柿沼秀雄,他訳(1997).被抑圧者の教育学.亜紀書房.
Ministry of Health.(2003).Health in Myanmar 2003.Ministry of Health.
水野正己(2003).第7章 戦後日本の生活改善運動と参加型開発.佐藤寛. 参加型開発の再検討.165-184.アジア経済研究所.
小黒道子(2004).ミャンマー連邦 母と子のプライマリー・ヘルスケア・プロジェクト報告書.2-4.(未発表).
小黒道子(2005).ミャンマーの母子保健事情―NGO派遣者として見聞してきたこと―.助産師.59(1),35-41.
佐藤寛(2005).第9章 計画的エンパワーメントは可能か.佐藤寛.援助とエンパワーメント 能力開発と社会環境変化の組み合わせ.201-232.アジア経済研究所.
田辺寿夫,根本敬(2003).ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー.20-32.角川書店.
United Nations Development Programme.(2004).Human Development Report 2004.
Cultural Liberty in Today's Diverse World.横田洋三,秋月弘子(2004).UNDP人間開発報告書2004.166-180.国際協力出版会.
Werner D., Sanders D.(1997).The Politics of Promary Health Care and Child Survival.池住義憲,若井晋監訳(1998).いのち・開発・NGO―子ども健康が地球社会を変える―.新評論.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/751
出現コレクション:10巻1号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004781646.pdf1.12 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください