DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
10巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/750

種類: Journal Article
タイトル: 急性期高齢患者のせん妄発生の予測に関する看護師のアセスメント構造
タイトル別表記: Clinical Nurse's Assessment Structure for Predicting the Development of Delirium among the Elderly Patients in Acute Care Setting.
著者: 長谷川真澄
亀井智子
キーワード: 急性期高齢患者
せん妄発生の予測
看護アセスメント構造
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 10
号: 1
開始ページ: 1
終了ページ: 10
発行年月日: 2006年6月20日
ISSN: 13441922
抄録: 本研究は急性期ケアに携わっている看護師が,高齢患者のせん妄をどのようにアセスメントしているのか, せん妄発生の予測に関する看護師のアセスメント構造を提示することを目的とした。急性期治療を行ってい る総合病院8施設の病棟看護師28名を対象にフォーカス・グループ・インタビューを行った。5グループ に分けて実施したインタビュー内容は逐語録を作成し質的に分析した。 分析の結果, 1)急性期にある高齢患者, 2)入院・治療に伴う内的・外的環境変化の体験, 3)せん妄 につながる体験の知覚/反応の3つの主題となる枠組みと12のカテゴリーが見出され,せん妄の発生予測 に関する看護師のアセスメント構造が示された。1)急性期にある高齢患者には,①患者特性,②緊急入院・ 初回入院,③せん妄になりやすい疾患・病態,④治療の4カテゴリーが含まれた。2)入院・治療に伴う内 的・外的環境変化の体験には,⑤生活の場の変化,⑥疾患・治療に伴う苦痛・制限,⑦生活パターンの崩れ の3カテゴリーが含まれた。3)せん妄につながる体験の知覚/反応には,⑧不適切な感覚刺激,⑨強い拘 束感,⑲不安の増大,⑪時間/環境認知のずれ,⑫ コミュニケーション能力/適応力の低下・限界の5カテ ゴリーが含まれた.アセスメント構造において,急性期にある高齢患者は,入院・治療に伴いさまざまな内 的・外的環境変化を体験しており,これらの体験について高齢者が,「せん妄につながる体験の知覚/反応」 を示している場合にせん妄を発生しやすいと予測される。 本研究結果から,「せん妄につながる体験の知覚/反応」という新たなアセスメントの視点が示唆され, 高齢患者がせん妄を発症するか否かを見定める鍵になるのではないかと考えた。 今後は,本研究で提示されたせん妄の発生予測に関するアセスメント構造について,実際の高齢患者で検 証し,せん妄発生を予測するためのリスクアセスメントツールの開発へとつなげていきたい。
抄録別表記: The purpose of this research is to clarify clinical nurses' assessment structure for predicting the development of delirium in hospitalized elderly acute care patients. Research subjects consisted of 28 registered nurses working in eight general hospitals. Data were collected in five focus group interviews. Qualitative methodologies were used to analyze the textual data. As a result of the analysis, the following three thematic frameworks were identified: 1) elderly patients in an acute care setting; 2) experiencing changes in the internal and external environment; and 3) perceptions of/responses to experiences that lead to the occurrence of delirium. In addition, 12 categories were identified in these frameworks and the clinical nurses' assessment structure for predicting the development of delirium was determined. Framework 1) included the following 4 categories:① characteristics of patients; ② emergency or first admission; ③ disease or disorder caused by delirium; and ④ treatment. Framework 2) included the following 3 categories: ⑤ change of residence; ⑥ pain or restriction caused by disease or treatments; and ⑦ disruption of their living pattern. Framework 3) included the following 5 categories: ⑧ uncomfortable stimuli; ⑨ restricted emotions; ⑩ an increase in anxiety; ⑪ a gap in their awareness of time and place; and ⑫ decline or limitation of abilities in communication or adaptation. In this assessment structure, the elderly patients in an acute care setting have experienced various changes in their internal and external environment caused by hospitalization and treatments. If they present "perceptions of /responses to these experiences that lead to the occurrence of delirium", clinical nurses predict that they may develop delirium. The framework "perceptions of/reactions to experiences that lead to the occurrence of delirium" indicated the need for a new perspective on the assessment of delirium. This framework is considered as a key to identify whether elderly patients will develop delirium. In the future, it is necessary to test the assessment structure for predicting the occurrence of delirium found in this research in actual hospitalized elderly patients.
参考文献: Elie, M., et al.(2001).Delirium Risk Factors in Elderly Hospitalized Patients.Journal of General Internal MediCine.13(3).204-212.
長谷川真澄(1999).急性期の内科治療を受ける高齢患者のせん妄の発症過程と発症因子の分析.老年看護学.4(1).36-46.
長谷川真澄,他(2005).神奈川県における大腿骨骨折入院患者のせん妄ケアの現状と課題.神奈川県立保健福祉大学誌.2.3-11.
Inouye, S. K., et al.(1990) Clarifying Confusion: The Confusion assessment Method - A New Method for Detection of Delirium.Annals of Internal Medicine.113(12).941-9481.
ー瀬邦弘,他(1998).せん妄を評価するための測度.老年精神医学雑誌.6(10).1279-1285.
ー瀬邦弘,太田喜久子,堀川直史監修(2002)せん妄すぐに見つけて! すぐに対応! .8.照林社.
厚生統計協会(2005).国民衛生の動向.厚生の指標.52(9).72.
Lindesay, J., Rockwood, K., & Mcdonald, A., ed. (2002).Delirium in Old Age.30-37.oxford University Press.
Lipowski, Z. J.(1990).Delirium : Acute Confusional States.109.Oxford University Press.
McCusker, J., et al.(1998).Delirium Reliability and Validity of a New Measure of Seviarity of Delirium,International Psychogeriatrics.10(4).421-433.
Neelon, V., et al.(1992).Use of the NEECHAM Confusion Scale to Assess Acute Confuional States of Hospitalized Older Patients.Funk, S. G. ,et al. ed.Key Aspects of Elder Care.278-289.Springer Publishing Company.
折茂肇(1999).老年病の成立ちと特徴.折茂肇編.新老年学 第2版.321-335.東京大学出版会.
Pope, C. & Mays, N.(1999).Qualitative Researchin Health Care.2nd.ed.大滝純司監訳(2001).質的研究実践ガイド.74-85.医学書院.
Ritchie, J., & Spencer, L.(1994).Qualitative data analysis for applied policy research.Bryman, A., & Burgess, R. G., eds.Analyzing Qualitative Data. 173-194.Routledge.
Robertsson, B., et al.(1997).Assessment Scales in Delirium.Dementia and Geriatric Cognitive Disorder.10(5).368-379.
Trzepacz, P. T., et al.(1988).A Symptom Rating Scale for Delirium.Psychiatry Research.23.89-97.
Trzepacz, P. T.,(1998).内山真,ー瀬邦弘訳.展望 : せん妄評価尺度について.精神医学レビュー26せん妄.16-31.ライフサイエンス.
Vermeersch, P. E. H.(1990).The Clinical Assessment of Confusion-A.Applied Nursing Research.3(3).128-133.
Vermeersch, P. E. H.(1992).Clinical Assessment of Confusion.Funk, S. G., et al.ed.Key Aspects of Elder Care.251-262.Springer Publishing Company.
綿貫成明,他(2001).日本語版NEECHAM混乱・錯乱状態スケールの開発およびせん妄のアセスメント.臨床看護研究の進歩.12.46-63.
Williams, M. A., et al.(1991).Delirium/ Acute confusional states : Evaluation device in nursing. International Psychogeriatrics.3(2).301-308.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/750
出現コレクション:10巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004781642.pdf2.15 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください