DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
09巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/742

種類: Journal Article
タイトル: 健康転換各相に対応した看護活動モデルの検討と開発
タイトル別表記: Development of Nursing Practice Models Related to Health Transition.
著者: 菱沼典子
田代順子
成瀬和子
キーワード: 看護活動モデル
健康転換
プライマリヘルスケア
住民主体
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 9
号: 1
開始ページ: 67
終了ページ: 74
発行年月日: 2005年6月20日
ISSN: 13441922
抄録: 東京都中央区中央保健所の保健師活動の歴史的研究から抽出した5つの看護活動モデル(提供型・相談型・ 参加型・コーディネート型・トライアングル型)の妥当性を検討するために,諸外国の健康転換とどの看護 活動モデルが適合しているかを調査した。対象国はケニヤ共和国,ガーナ共和国,スリランカ民主社会主義 共和国,タイ王国,大韓民国,フィンランド共和国の6カ国で,調査は2000年に行った。調査方法は文献・ 資料によるデータ収集と,各国の看護職または事情をよく知る日本人看護職からの聞き取りによった。 その結果,各国の健康転換に連動して,看護活動モデルが当てはまり,モデルの妥当性は認められた。ま た,看護活動モデルは,行政的システム構築や管理業務におけるモデルと直接ケアにおけるモデルでは異な ることが明確になった。前者の看護活動モデルには, トップダウン型モデルとトライアングル型モデルがあ り,看護職が住民のパートナーとなって,調査・企画能力をもつトライアングル型モデルが,健康転換にか かわらず推奨されるモデルであった。一方直接サービスにおける看護活動モデルは,健康転換に対応して複 数のモデルが認められた。健康転換第1相(感染症が主な健康問題)では提供型モデル,相談型モデル,第 2相(慢性疾患が主な健康問題)では提供型モデル,相談型モデルに加え参加型モデル,第3相(高齢社会) ではこれらにコーディネート型モデルが加わり,さらにネットワーク型モデルを新しく開発した. 看護職がこれらの7つの看護活動モデルを,健康転換や問題状況に合わせて選択して活用できれば,有効 な看護が展開されると期待できる。またプライマリヘルスケアの根本的要素である住民主体と看護モデルの 関係や,看護活動モデルの看護教育への応用を論じた。
抄録別表記: From our historical research of public health nurses' activities at Tyuuou Health Center in Tokyo, 5 nursing practice models: service providing model, health-counseling model, participating model, coordinating model, and triangulation model developed. The aim of this research was to evaluate those models and further develop nursing practice models. The investigators examined the three phases of heath transition (Ⅰ communicable diseases, Ⅱ chronic illness, and Ⅲ care of the elderly) and the corresponding nursing practice models of other countries in 2000. The countries were Kenya, Ghana, Sri Lanka, Thailand, Korea, and Finland. Data were gathered from literature and interviews with senior nurses from some of countries, and Japanese expert nurses who had worked in the countries. Using the data and concepts of health transition and primary health care, we identified nursing practice models for each country. And then, we developed nursing practice models for the third phase of health transition, care of elderly. AIJ nursing practice models were related to a particular phase of health transition. Nursing practice was divided two areas: service planning or administration and direct care to people. In the former area, a top-down model and a triangulation model were identified. In the latter area, there were some nursing models in each of the phases of health transition. In phase Ⅰ of health transition, the service providing model and the healthcounseling model were identified. In phase Ⅱ of health transition, there was the service providing model, the health-counseling model, and the participating model. In phase Ⅲ of health transition, in addition to the previously mentioned models, there was also the coordinating model and the network model. The network model was a new model for the care of elderly people. Nursing practice will be more effective by using the nursing practice models related to the corresponding health transition and activity area. People-centered care was the most important factor of primary health care, and it was also the key point in using nursing practice models.
参考文献: 1) ブライアント,J. H., 公衆衛生と経済発展―歴史的展望,埼玉公衆衛生世界サミット,WHO/埼玉県,1991.
2) 菱沼典子,成瀬和子,酒井禎子,押川陽子,森明子, 田代順子,日本の都市型保健所における保健活動の変遷―1935年から1999年までの東京都中央区の活動,聖路加看護大学紀要,28,1-17,2002.
3) 菱沼典子,田代順子,森明子,押川陽子,酒井禎子, 成瀬和子,日本の都市型保健所における看護活動モデル―プライマリヘルスケアの視点から,聖路加看護学会誌,6(1),44-49,2002.
4) 前掲書3)
5) The World Bank, World Development Report 2000/2001, Oxford University Press,2000.
6) The International Nursing Foundation of Japan, NURSING IN THE WORLD, 4th Ed., Medical Friend, 2000.
7) 前掲書6)
8) 国際協力事業団医療協力部,国別医療協力ファイル (ガーナ共和国),医療協力事業団,1994.
9) 国際協力事業団医療協力部,ガーナ国人口・家族計画基本調査団報告書,国際協力事業団,1995.
10) 国際協力事業団医療協力部,国別医療協力ファイル (ケニヤ),医療協力事業団,1994.
11) 国際協力事業団国際総合研修所,開発途上国技術情報データシート(ケニヤ),医療協力事業団,1997.
12) 国際協力推進協会,ケニヤ開発途上国国別経済協力シリーズ第5版,国際協力推進協会,1998.
13) 国際協力事業団医療協力部,国別医療協力ファイル (スリランカ),医療協力事業団,1990.
14) 国際協力事業団国際協力総合研修所,開発途上国技術情報データシート スリランカ(2/2),医療協力事業団,1997.
15) スリランカ保健・婦人問題省,(財)アジア女性交流・研究フォーラム訳 : アジア女性シリーズNo.2 スリランカの女性,(財)アジア女性交流・研究フォーラム,1995.
16) Ministry of Public Health, Praboromarajchanok Institute For Health Manpower Development, 1995.
17) International Workshop on“Health Care Reform : At the Frontier of Research and Policy Decisions” Ministry of Public Health, Bangkok, Thailand, 1996.
18) 吉武克宏,タイの保健医療供給システム,小早川隆敏,国際保健医療協力入門,99-101,国際協力出版会,1998.
19) Ministry of Social Affairsand Health,Brochures, Health Care in Finland. Printing House Snellman, Helsinki,1999.
20) マリッタ・ヴェリメッキ,フィンランドにおける精神科慢性患者の看護ケア,日本精神保健看護学会第9回総会学術集会プログラム抄録集,5-8,1999.
21) 田中美恵子,フィンランドの地域精神保健サービス(その1),精神科看護,26(1),66-67,1999.
22) 田中美恵子,フィンランドの地域精神保健サービス(終),精神科看護,26(2),66-67,1999.
23) アンネリ・サラヤルビ, ヨウニ・トゥオミ,フィンランドにおける看護学生のための実習,インターナショナルナーシングレビュー,23(5),70-73,2000.
24)宮崎美砂子,フィンランドにおける地域を基盤としたケアサービスの現状と看護職の役割,千葉大学看護学部要,22,39-43,2000.
25) 国際看護研究会編,国際看護学入門,72-80,医学書院,1999,
26) 森口育子,兵井伸行,戦後の公衆衛生で保健婦の果たした役割とプライマリヘルスケアー国際協力への展望をふまえて,公衆衛生研究,42(2),229-239,1993.
27) 国際看護研究会編,国際看護学入門,124-132,医学書院,1999.
28) 松田正巳,島内憲夫編著,みんなのためのPHC入門,垣内出版,1993.
29) 菱沼典子,森明子他,プライマリヘルスケアに基づく看護実践・教育・研究の関する文献レビュー,聖路加看護大学紀要,26,59-71,2000.
・ 外務省経済協力局編,我が国の政府開発援助ODA白書下巻(国別援助),(財)国際協力推進協会1999.
・ 菱沼典子,田代順子,森明子,成瀬和子,酒井禎子,水野恵理子,斎藤和子,看護の質の確保に関する研究―プライマリヘルスケアに基づく看護モデルの開発高齢社会における看護モデルの開発,平成12年度厚生労働省医療技術評価総合研究事業報告書,2001.
・ 国連人口基金,世界人口自書2000日本語版,男女共生と見えない格差―変革の時,家族計画国際協力財団,2000.
・ OECD, OECD in Figures-Statistics on the member countries, 2000 edition, OECD, 2000.
・ OECD, Organization for Economic Co-Operation and Development : OECD Economic Surveys 1999-2000, Finland,OECD,2000.
・ 総務庁統計局編,世界の統計2000年版,日本統計協会,2000.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/742
出現コレクション:09巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004781784.pdf910.83 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください