DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
09巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/740

種類: Journal Article
タイトル: 聖路加看護大学21世紀COEプログラム国際駅伝シンポジウム第2報 シンポジウム企画・運営を通して明らかとなったPeople-Centered Care
タイトル別表記: Aspects of "People-Centered Care" Viewed through the Planning and Organization of a Series of Symposia.
著者: 有森, 直子
小松, 浩子
長江, 弘子
キーワード: ピープルセンタードケア
協働
市民
シンポジウム
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 9
号: 1
開始ページ: 84
終了ページ: 89
発行年月日: 2005年6月20日
ISSN: 13441922
抄録: 本稿の目的は,People-Centered Careというテーマをシンポジウムという形態で企画・運営から実施ま で試みた市民と医療者の「協働」のプロセスおよびその企画担当者(医療者)の経験内容を帰納的に記述す ることである。 方法は,駅伝シンポジウム企画運営委員会の議事録・配布資料をデータとして,企画運営のプロセスおよ び,医療者と市民の協働について内容分析を行った。 結果は,企画のための会議は15回(計28時間)もたれた。医療者が市民と「協働」することの模索にお けるスタートの段階では,いかにしてこの活動(シンポジウム)を広報するか(プロモーション)に力点が おかれロゴおよびキャッチコピーの作成などがなされた。またボランティアとともにシンボルキルトの作成 をシンポジウムの開催期間に行った。各シンポジウムにおいては,前回のシンポジウムの改善点を次回に生 かして,プログラムの工夫がなされた。People-Centered Careを基盤とした市民との協働における一連の プロセスにおいて医療者の企画担当者は,① メインテーマの再確認,② 「市民を巻き込む」方略の模索,③ 市民に対してわかりやすく説明する努力,④People-Centered Careとシンポジウムの目標の再検討,⑤ シ ンポジウムの成果の発信方法の検討,⑥ 医療者が市民から「教わる」経験をしていた。 シンポジウムは第1回「あなたはどこで最期を迎えたいですか」,第2回「考えよう!医療と看護-あな たも医療チームの一員-」,第3回「自分で決めた生き方を実践するために」をテーマに開催された。 160-320名の参加者があり,その4割は医療職であった。性別は, 8割が女性であった。評価項目の① テー マとニーズの合致性,② シンポジウムの政策提言性,③ 国際的情報発信の適正については外部評価者(有識 者)よりも参加者の評価のほうが高かった。
抄録別表記: This study attempts to document collaboration between healthcare practitioners and community members in the process of organizing a series of symposia as a means of realizing "People-Centered Care". Using the records of the organizing committee and materials distributed at the symposia as data, a content analysis was conducted on the process of planning and organizing the symposia including the collaboration between the practitioners and community members. The committee met 15 times (total of 28 hours) for a series of three symposia. The number of people who attended each symposium was 320, 160, and 200, respectively. Each symposium was evaluated by the participants as well as designated external evaluators based on: desirability of the theme, relevance of the outcome to policy making, and its utility to the wider international community members. In the early phase of this process of finding ways of collaboration between the healthcare practitioners and community members, the primary focus was on promotion of the symposia. A Logo and a catch phrase were made for the promotion. Similarly, a symbol-quilt for the symposia was crafted involving the participants and a number of volunteers throughout the series. The program of the series was refined, symposium by symposium, based on feedbacks and evaluations obtained from the prior symposium. Throughout the process of collaboration with community members, the healthcare practitioners, as the symposia organizers, consistently encountered the following issues: ① ecessity of confirming the basic theme of the series, ② continual search for strategies to ensure community participation, ③ clarification and simplification of the messages and concepts, ④ repeated examination of the goals of the series as well as "People-Centered Care", ⑤ dissemination of the outcome, and ⑥ role reversal of the healthcare practitioners to learn from community members.
参考文献: 1) 山田緑,People-Centered Care : 概念分析,聖路加看護学会誌,8(1),22-28,2004.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/740
出現コレクション:09巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004781786.pdf767.37 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください