DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
09巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/733

種類: Journal Article
タイトル: 聖路加看護大学21世紀COEプログラム国際駅伝シンポジウム第1報 聖路加看護大学21世紀COE国際駅伝シンポジウムを貫くPeople-Centered Careの要素
タイトル別表記: Essence of People-Centered Care that binds St.Luke's College of Nursing COE International Relay Symposia.
著者: 小松, 浩子
長江, 弘子
太田, 加代
キーワード: 人中心のケア
パートナーシップ
市民
シンポジウム
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 9
号: 1
開始ページ: 76
終了ページ: 83
発行年月日: 2005年6月20日
ISSN: 13441922
抄録: 本報告は,聖路加看護大学21世紀COEプログラムの事業の一貫として実施した「COE国際駅伝シンポ ジウム」の活動を通してみえてきたPeople-Centered Careを生成するうえでの重要な要素について提示す るとともに,市民とのパートナーシップに基づき社会に根づくPeople-Centered Careの実現に向けた今後 の課題について検討することを目的とする。 方法は,3つのシンポジウムの企画・実施・評価の全過程において,収集した議事録,講演内容,討議内 容,アンケート調査内容を資料とし,質的データは内容分析を行い,量的データは記述統計的分析を行った。 実施した3回の駅伝シンポジウムのテーマは,「家で死ねるまちづくり」「考えよう!医療と看護-あなた も医療チームの一員-」「自分で決めた生き方を実践するために」であった。これらのシンポジウムの企画・ 実施・評価の全過程における内容を検討した結果,People-Centered Careにとって重要となる共通要素と して,〔おもいやり〕〔生きてきた経験からの学び〕〔わかりあう言葉〕〔役立つ健康情報の生成〕〔異なる視 線でのつながり〕〔意思決定〕などがあると考える。今後,さらに聖路加看護大学21世紀COEプログラム の各事業を推進するなかで,見出されたPeople-Centered Careの要素を研究成果や実践開発の成果として, 目に見える,活用できる考え方,システム,看護サービスとして具現化していきたい。
抄録別表記: This research aims to present important contents of People-centered care integrated through a series of symposia "COE International Relay Symposia" we held, and to analyze issues to be addressed to achieving People-centered care based on partnership with people and that is accepted in society. Records of meetings, lectures, discussions, and questionnaires were kept throughout every step of planning, organizing and assessing the series consisting of three symposia. Content analyses were conducted on qualitative data while quantitative data were analyzed by descriptive statistics. The theme of each symposium was "How do you want to spend the end of life?", "Let's talk about health care! Patients are part of the team", and "Living the life of your choice", respectively. Examining the data from the entire process of planning, organizing, and assessing the symposia, important essence of People-centered care were found as follows: compassion, experiential knowledges from living, effective communication, creation of useful health information, understanding of different perspectives, and decision making. In the near future, the discovered essence will further be crystallized into obvious and useful concept, system and nursing service as outcomes of the research and the practice development through our endeavor of conducting each project of St. Luke's College of Nursing Center of Excellence Program.
参考文献: 1) AHRQ患者教育ホームページ(http://www.ahrq.gov/consumer/20tips.htm)
2) Lichtig, L. K., Knauf, R. A., & Milholland, D. K., Some impacts of nursing staffing on acute care Hospital outcomes, Journal of Nursing Administration, 29(2),25-33,1999.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/733
出現コレクション:09巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004781785.pdf923.29 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください