DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
研究・教育成果 >
Hiruta, Akiko:蛭田明子 >
1:教育活動 >
1.教育内容・方法の工夫 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/7225

Title: 家族発達看護論Ⅱ(学部)
start: 2010/4
end: 2013/07
Outline: 家族発達看護論Ⅱは、生殖補助医療や周産期の喪失等家族の形成期に複雑な事情を抱える対象へのケアを、90分の話題提供の後90分のグループワークで考えるものである。グループワークは、ディスカッションの他にロールプレイも行い、ケア提供者としての自分の思考や態度、感情を経験してもらう。また、当事者グループに参加し、当事者の思いを知る機会を提供している。難しいケアではあるが、対象の求めるケアは何かを考える基礎を学生は学んでいる。
Appears in Collections:1.教育内容・方法の工夫

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback