DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
a.聖路加看護学会誌 >
08巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/709

NII Resource type: Journal Article
Title: 介護老人保健施設利用者と「分かちあい」の関係に至るまでの看護師のしぐさの分析
Other Titles: Body Movements of Nurses Developing "Mutual Connectedness" with Residents in a Health Service Facility for the Elderly.
Authors: 武内和子
Keywords: しぐさ
分かちあい
同調する
介護老人保健施設利用者
Shimei: 聖路加看護学会誌
Volume: 8
Issue: 1
Start page: 29
End page: 35
Issue Date: 23-Jun-2004
ISSN: 13441922
Abstract: 本研究の目的は,介護老人保健施設利用者と看護師が「分かちあい」の関係に至るケア場面から,看蔑師 のしぐさ(視線・ジェスチャー・姿勢・接触・表情)を抽出し,その特徴を検討することである。「分かち あい」の関係とは,ケアを受けて利用者に生じたポジティブな気持ちが看護師にわかり,看護師も同型の気 持ちを感じる同時的な感情共有の場面である。利用者8名と看護師9名を対象として,ケア場面を観察し, 観察直後に個別でインタビューを行った。ケア20場面の観察記録から看護師のしぐさを抽出し,カテゴリー 化した。さらに,インタビュ-記録から利用者・看護師のケアの感じ方の関係を分類し,分類別のケア場面 間で看護師のしぐさを比較し,「分かちあい」の関係のしぐさの特徴を検討した。 看護師のしぐさは12のカテゴリーに分類できた。時間経過で出現するしぐさが異なり[構える][働きか ける][同時的なしぐさをする・離れる]の3段階を捉えた。「分かちあい」の関係に至った10場面のしぐさ は,[構える]段階で,全20場面に共通する《見合う》 《相手の方にからだ(胴体)を向ける≫ 《高さを合わ せる》に加えて《上体を前傾させる》《物に触れる》が多くみられた。[働きかける]段階では,[構える] 段階のしぐさを続け, 《身体に触れる》手の動きのみで,基本的に利用者と同様の頑・からだを動かさない 姿勢を保持していた。[同時的なしぐさをする・離れる]段階では,同じ行動を同時的に行う《笑い合う》 《握手する》がみられた。「分かちあい」の関係に至る看護師のしぐさの特徴が「相手の姿勢に合わせた身 構え」「見合いの継続」「からだの不動」「手の接触」「しぐさの共有」にまとめられ,全過程を通して利用者 のしぐさと「同調する」ことと捉えられた。
Abstract-Alternative: Objective: The present study analyzed body movements of nurses in the process of developing "mutual connectedness". These movements include eye movement, gestures, body positioning, touching and facial expressions. Mutual connectedness denotes the relationship between residents and nurses who share positive emotions when the residents experience a sense of well-being as a result of nursing care. Methods: Eight residents and nine nurses at a health service facility for the elderly participated in this study. Actual nurse-resident interactions were observed during the delivery of nursing care. After observation, each nurse and resident was interviewed. Results: Body movements of nurses were categorized into 12 physical actions. Care-giving scenarios occurred in three stages : (1) getting ready; (2) working; (3) moving in synchrony and moving apart. Body movements of nurses developing mutual connectedness in 10 care-giving scenes displayed a number of common characteristics. In the "getting ready" stage, actions included making eye contact, turning toward the patient, kneeling to the same height, bending the upper-body, and touching objects. In the "working" stage, the same body movements continued from the "getting ready" stage, with hands moving to touch the patient. In the "moving in synchrony an dmoving apart" stage, additional actions included laughing together, and shaking hands. The results of this study suggest that the main characteristic of body movements in nurses developing mutual connectedness is achieving synchrony with the body movements of residents.
Bibliography: 1) Mehrabian, Albert & Wiener, Morton : Decoding of inconsistent communications, Journal of Personality and Social Psychology, 6, 109-114, 1967.
2) Rotenberg, Ken J. et al. : Children's use of a Verbal-nonverbal consistency principle to infer truth and lying, Child Development, 60, 309-322, 1989.
3) 杉浦克巳 : コミュニケーションの共同世界,東京大学出版会,108-109, 1993.
4) 原野明子 : 2章 事象見本法の理論と技法,中津潤他編書 : 心理学マニュアル 観察法,北大路書房,24-34, 1997.
5) Kendon, Adam & Ferber, Andrew : "A Description of Some Human Greetings" in Comparative ecology and behaviour of primates, 1991, 佐藤和久訳,人間の挨拶行動,菅原和孝,野村雅一編書 : 叢書 身体と文化2 コミュニケーションとしての身体,大修館書店,162-163, 1996.
6) 大坊郁夫 : セレクション社会心理学14 しぐさのコミュニケーション,サイエンス社,31, 1998.
7) 前掲書5),85-87.
8) Firth, Raymond : "Postures and gestures of respect" in Echanges et communications I, 1970, 佐藤和久訳,尊敬の姿勢と身ぶり,菅原和孝,野村雅一編書 : 叢書身体と文化2 コミュニケーションとしての身体,大修館書店,85-87, 1996.
9) Gross, Dellvina : Communication and the elderly, Physical and Occupational Therapy in Geriatrics, 9(1), 49-64, 1990.
10) 益谷真 : 第6章 タッチング―感情経験の源と対人行動,土田昭司,竹村和久編書 : 対人行動学研究シリーズ4 感情と行動・認知・生理―感情の社会心理学,誠信書房,143-144, 1996.
11) 和田実 : 第4章 しぐさの社会的スキル,相川充,津村俊充編書 : 対人行動学研究シリーズ1 社会的スキルと人間関係,誠信書房,80-82, 1996.
12) 前掲書6),136-155.
13) 前掲書10),145-148.
14) 鯨岡峻 : 関係発達論の展開,ミネルヴァ書房,126-129, 1999.
15) 岸良範,佐藤俊一,平野かよ子 : ケアへの出発,医学書院,62-64, 1994.
16) 前掲書14),140.
Rights: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
URI: http://hdl.handle.net/10285/709
Appears in Collections:08巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004781820.pdf635.7 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback