DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
37号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/7001

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 国際保健協力看護・助産人材の継続的確保に関する研究 - 国際看護・助産専門職キャリアパスモデル開発 -( 第1報:ワークショップ報告 )
タイトル別表記: Developing Recruitment System of Global Health Nursing and Midwifery Experts: Developing a Career Pass Model for Global Health Nursing and Midwifery Experts - Report of Workshop -
著者: 長松, 康子
田代, 順子
小黒, 道子
眞鍋, 裕紀子
キーワード: international cooperation
国際協力
nursing midwife
看護
助産
career pass
キャリアパス
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 37
開始ページ: 10
終了ページ: 14
発行年月日: 2011年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 国際医療協力開発研究助成事業「国際保健協力看護・助産人材の継続的確保に関する研究一国際看護・ 助産専門職キャリアパスモデル開発-」の一環として,ワークショップを開催した。本研究プロジェクト は,海外で協力活動を経験した看護職が,帰国したのちに,国際看護・助産の分野でのキャリアを継続するることが難しい現状を改善するため,国際看護・助産専門職キャリアパスモデルを開発することを目的し ている。 日本の大学院で国際看護教育を行っている教月から,修士修了後に国際協力活動をキャリアとして継続 する困難な現状,他の先進国出身者に比較して,日本人看護・助産人材は国際機関登用が難しいことなど が報告された。また国内外で活躍する出席者の経験から,わが国の国際看護・助産のキャリアの積み方は 様々で,今後継続的な国際看護・助産人材を確保するには海外での協力活動を活かした人材のキャリアパ スの形成が急務だとの見解で一致した。
抄録別表記: A workshop was held as part of a research project titled the Developing recruitment system of global health nursing and midwifery experts : Developing a career pass model for global health nursing and midwifery experts- that is supported by the Grant of National Center for Global Health and Medicine. The aim of this research project is to have nurses with experience overseas return to Japan and help develop a career path model for international nurses and midwives to improve the current difficulties in continuing a career in international nursing. Professors teaching international nursing in Japanese graduate schools report that it is difficult to continue a real career in cooperation activities after completing one's master's degree program; and compared with people from other developed nations it is hard for Japanese nurses and midwives to register with international organizations. From the experience of those present who are active both domestically and overseas,all agreed with the observation that the ways of pursuing international nursing and midwife careers in Japan are varied; what is desperately needed is the formation of a career path for people who were involved in cooperation activities overseas so that we can ensure that there are international nurses and midwives on an ongoing basis.
参考文献: 田村やよひ他.(2009).国際看護学一着護の統合と実践く3>.東京:メヂカルフレンド社.
森淑江.(200).国際看護協力の現状と展望.北関東医学,50(5),489.
独立行政法人国際協力機構.国際協力人材に求められる6つの資質や能力.JICA一国際協力機構. http://partner.jica.go.jp/shigoto/6abi.html.〔2010.09.14〕
林直子,田代順子,菱沼典子他.(2008).国際看護コラボレーターに必要な能力モデル構築と教育プログラムの開発.国際保健医療,23(1),23-31.
田代順子他.(2010). 国際医療協力研究委託費20指定5「大学院修士課程のウイメンズヘルス・助産・看護人材開発協力学」のカリキュラム.教材開発研究2008-2009年度報告書
平野美樹子.(2006).人材開発としての国際救援派 遣一派遣によって開発が期待される能力と帰国後の活 用-.日本看護科学学会学術集会講演集26回,151.
Hall D.(2002). Careers ln and Out of Organizations, Thousand Oaks.California.12.
The National Career Development Association (2003). Career Development:A policy Statement of the National Career Development Association Board of Directors. http://www.ncda.org/pdf/Policy.pdf.〔2010.10,26〕
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/7001
出現コレクション:37号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2010061-kiyo37-7001.pdf3.33 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください