DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
37号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/6997

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: Webによるサービス。ラーニング(総合科目III 生活科学論)の初年度の科目の進め方と評価
タイトル別表記: Process and Evaluation of the First Year Web-based Service Learning Course
著者: 田代, 順子
瀬戸山, 陽子
平林, 優子
長松, 康子
大森, 純子
キーワード: service-learning
サービス・ラーニング
e-learning
e-ラーニング
reflective-learning
リフレクティブ・ラーニング
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 37
開始ページ: 25
終了ページ: 30
発行年月日: 2011年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 2009年4月から,ボランティア活動から学ぶサービス・ラーニング科目を「総合科目Ⅲ 生活科学論」としてwebを使用して学部1・2年生に開講した。この科目は2002年より,ボランティア活動をしている学生の学習 支援として研究的に開発された。科目のねらいは,web基盤の学習プログラムで学生がボランティアに参加する ための基礎知識を得て活動に参加し,参加した活動経験を振り返り,リフレクション記録を作成することで,社 会の一月としての自覚と社会貢献性の重要性の学びを支援することであった。本稿では本科目での初年度の教 育実践を報告する。
抄録別表記: This article describes our first year's educational activity of a new course: "Integrated learning-Ⅲ:Science for Daily Living", using web-based service-learning that commenced April 2009 for freshmen and sophomore students. It was developed through action research in 2002. The course aims were:(1)introduce freshmen to basic understanding of volunteering in health and community; (2)support learning through volunteer activity experiences ; and (3) strengthen awareness of social responsibility as a communiity member. While 34 students registered, only 18(53%) completed this course. The steps of learning included : e-learning on health volunteers and sending learning-logs ; participating in volunteers activities; sending a daily log about volunteer activities and meeting with faculty. The total of 130 student-outcome daily logs were submitted. Students' evaluated their satisfaction of this subject on average as 8.5 point with 10-point scale(1 lowest, 10 highest). Students evaluated the subject using 4-point Likert scale (4,highest). The highly items evaluated were: obtained "new perspectives" (M=3.92), and "learning motivation" (M=3.92). The items evaluated poorly were:"use of educational resource"(M=3.15) and "teaching methods"(Mean=3.33). Although students completing the course were satisfied, approximately half of registered students did not complete the course. Further improvement of this course is needed in order to increase the completion rate and to enable and support students becoming good citizen working for their own community.
参考文献: 田代順子,松谷美和子,他.(2009a).看護学でのサービス・ラーニングを応用した都市型・社会参加型カリキュラム開発と評価.平成17年度~平成20年度科学研究費補助金研究成果報告書.
田代順子,長松康子,松谷美和子,菱沼典子他.(2009b).web上でのヘルス・ボランティア学習支援プログラム試用の評価・改善とカリキュラム化.聖路加看護学誌.13(2),53-62.
松谷美和子,田代順子,香春知永,酒井昌子,他.(2004).看護教育法としての「サービス・ラーニング」:実践研究文献レビュー.聖路加看護大学紀要.No.30.31-38.
Driscoll, J.(Ed.).(2007). Practicing Clinical Supervision:A Reflective Approach for Healthcare Professionals. Bailliere Tindall, Elsevier, Edinburgh, UK.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/6997
出現コレクション:37号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2010064-kiyo37-6997.pdf2.38 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください