DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
37号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/6994

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 2010年度聖路加市民アカデミー「音と香のハーモニー」実施状況と参加者の感想
タイトル別表記: The Program of 'Harmony of Music and Fragrance ' 2010th Academy for Citizens and the Impressions of the Community Participants for This Seminar.
著者: 小口, 江美子
小泉, 麗
山田, 雅子
キーワード: joint industry-university research project
産学共同プロジェクト
community-based health seminar titled "Harmony of music and fragrance"
市民向け健康セミナー「音と香りのハーモニー」
music therapy
音楽療法
aromatherapy
アロマセラピー
integrative medicine
統合医療
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 37
開始ページ: 31
終了ページ: 35
発行年月日: 2011年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 社会貢献を目指した産学共同プロジェクトである聖路加・テルモ新健康カレッジセミナーは3年目を迎えた。 恒例の市民アカデミーには今年度新たに研究会と学会が共催に加わり,統合医療の観点に立つ「昔と香りのハー モニー:医療現場での音楽療法やアロマセラピーの現状と未来」が開催された。これは音楽療法やアロマセラピー に関する講演ばかりでなく,音楽療法とアロマセラピーそれぞれの実演や,日本で初めて音楽療法とアロマセラ ピーの協演による`・昔と香りHの和合を参加者が体験する観客参加型のセミナーとなった。 市民アカデミー参加者は,例年よりも平均年齢が若く,初参加者がほとんどであった。参加者は医療の中に統合医療として音楽療法やアロマセラピーが取り入れられ始めていることを知り,また各セラピーの体験だけでな く,同時に2つのセラピーを体験して,リラックス感が高まり,心地良さが増すことに気づいた。本セミナーは, 健康や医療が市民主体であること-の気づきゃ知識や健康行動を高めるきっかけ作りに貢献していることが示唆 された。
抄録別表記: St.Luke's College of Nursing and Terumo Corporation, having a commitment to better health care, collaborated in a joint research project to make a community-based social contribution. This three-year seminar project-titled "New Health" focused, this year on a new trial called `Harmony of Music and Fragrance': Academy for Citizens. St.Luke's College of Nursing, Terumo Corporation, Aromatherapy Society and the Music Therapy Study Group provided this program, supplying community participants with ideas and practices. The main theme was:`Harmony of music and fragrance', present and future of music therapy and aromatherapy in medical settings as integrative medicine. This didactic lecture and experiential approach about music therapy and aromatherapy was a 'first'in Japan. Participants in the Academy for Citizens, almost all newcomers, were younger than that those in past years. They learned that both music therapy and aromatherapy have been incorporated into conventional medicine as integrative medicine. Moreover, they experienced the effectiveness of music and aroma on relaxation and comfort through using them together. It was suggested that this type of seminar contributes to knowledge, attitudes and practices for a healthy life and expands citizens understanding of the benefits of integrative medicine.
参考文献: 小口江美子,小泉農,山田雅子.(2010).産学共同「聖路加・テルモ新健康カレッジ」セミナー実施状況と参加市民の健康意識について.聖路加看護大学紀要.36,69-73.
菱沼典子.(2008).大学で開設する市民への健康情報サービス.聖路加看護大学21世紀COEプログラム研究結果報告書.80-85.
日野原重明,篠田知章,加藤美智子.(1998).標準音楽療法入門(上)理論編.東京:春秋社.
今西二郎.(2006).メディカル・アロマセラピー.京都:金芳堂.
川島朗.(2004).ナースのための補完・代替療法の理解とケア.2-13.東京:学習研究社.
今西二郎,他.(2007).特集統合医療の実際. biotherapy. 21(6), 373-399.
高橋恵子,菱沼典子,石川道子,山岡栄里,大久保 莱穂子,松本直子,内田千佳子,山田雅子,金揮淳子, 鈴木久美.(2008).看護大学が市民に提供する『ラン チタイムミニ講座&ミニコンサート』の意義と特徴. 聖路加看護大学学会誌.12(2),80-90.
貫行子,苦内一浩,野村忍.(2003).ヒーリング・ ミュージックのストレスホルモン-の効果一心理学的 調査と内分泌学的実験を通して.日本音楽療法学会誌. 3,64-78.
福岡正和.(2003).香り刺激とストレス競和.運動 とストレス科学.275-287.東京:杏林書院.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/6994
出現コレクション:37号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2010065-kiyo37-6994.pdf3.39 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください