DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
37号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/6992

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 乳がん患者のためのピアサポート活動「聖路加スマイルコミュニティ」の実績報告 -乳がん体験者ボランティアと看護専門職の協働的パートナーシップによる取り組み-
Other Titles: Report of Peer Support Service "St. Luke's Smile Community" for Breast Cancer Patients : Implementation through a Collaborative Partnership with Breast Cancer Sruvivor Volunteers and Medical Professionals
Authors: 大坂, 和可子
矢ケ崎, 香
金森, 亮子
玉橋, 容子
金井, 久子
我妻, 志保
細川, 恵子
東, 由紀恵
大畑, 美里
鈴木, 久美
小松, 浩子
Keywords: breast cancer
乳がん
peer support
ピアサポート
community
コミュニティ
volunteers
ボランティア
collaborative partnership
協働的パートナーシップ
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 37
Start page: 36
End page: 41
Issue Date: Mar-2011
Publisher: 聖路加看護大学
Abstract: 聖路加看護大学看護実践開発研究センターではナースクリニックとして乳がん女性のためのサポートプログラ ムを開催している。プログラム参加者の提案をもとに,乳がん体験者と看護専門職との協働的パートナーシップ により新たなどアサポート活動を構築した。この提案は,仲間と出会う前に,乳がん体験により孤立感を感じ同 じ体験を持つ人に誰にも言えない気持ちを話したいと感じた経験に基づくものであった。 2008年10月より,研修プログラムを受講した先輩乳がん体験者ボランティアと看護専門職が協働し,悩みを 持つ乳がん患者のためのピアサポート活動(「聖路加スマイルコミュニティ」)を開始した。月に2回の頻度で相 談活動を行い2010年7月末日までに28名の乳がん患者(術前1名,術後27名)が利用した。利用者の平均 年齢は49.82歳,利用時期は術後1年未満が最も多く16名であった。利用者の反応はおおむね良好であったが, 今後は(1)活動を維持するための体制づくり,(2)運営体制の見直し,(3)ボランティアのスキルアップが求 められている。
Abstract-Alternative: A woman who had participated in the former support program for women with breast cancer run by St.Luke's college of Nursing Research Center for Development of Nursing Practice urged us to develop a new support service. Because she and the other patients suffered from feelings of isolation, they needed to talk with women who had similar experiences for mutual support. We had opportunities to discuss how to make a realistic plan from this idea with breast cancer survivors. A collaborative partnership with breast cancer survivor volunteers and medical professionals was developed and provided the support service. We started a bi-monthly peer support service, `St.Luke's Smile Community', for women with breast cancer who had concerns associated with breast cancer, from October 2008 through July 2010, that served a total of 28 breast cancer patients(1 before surgery and 27 after surgery). The average age of participants was 49.82 years, the majority of whom (n=16) had completed surgery less than one year ago. Participant responses were generally positive. However, we still need to: (1) establish a system for continuing this support services; (2) review and strengthen the management system and (3) continue to upgrade volunteer's communication skills.
Bibliography: 国立がんセンターがんの統計帯集委員会.部位別がん親展息率推移(1980年-203年),がんの統計09. http://ganjohojp/pubic/statistics/backnumber/ 2009_JP.html (cited 2010-11-1)
Zabalequi A, et al(2005). Nursing and cancer support groups, Journal of Advanced Nursing,51(3),369-381.
3)聖路加看護大学21世紀COEプログラム.(2008). 日本型がん看護日本型がん集学的アプローチのため のケア提供システムの開発,21世紀COEプログラム市民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点研究成果 最終報告書,18-22.
西月圭子.(207).サポートグループーその実情と今後の発展に向けて「病院訪問ボランティアとしての希望」,第21回日本がん看護学会学術集会抄録集,21(2),121-122.
聖路加看護大学.聖路加スマイルコミュニティ.市民と看護職をつなぐコミュニティサイト看護ネット http://www.kango-net.jp/project/02/02_2/pO2_07・html (cited 2010-11-1)
Laurie N. Gottlieb, Nancy Feeley, Cindy Dalton. (2005).The Collaborative Partnership Approach to Care A delicate Balance(First Edition), 吉本照子 監修. 44.カナダ:エルゼビア・ジャパン株式会社.
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/6992
Appears in Collections:37号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2010066-kiyo37-6992.pdf3.91 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback