DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
37号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/6974

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 学生部2010年度活動報告「適切な学びの環境の実現」に向けた3年目の取り組み
Other Titles: Student Affairs Section FY2010 Activity Report: The Third Year Approach for Suitable Learning Environment.
Authors: 中村, 綾子
大坂, 和可子
大熊, 恵子
大久保, 暢子
松本, 真緒
百瀬, 綾子
横川, 彩夏
安田, みなみ
相原, 令奈
後藤, 千恵
山口, 保菜未
安部, 克憲
平澤, 洋美
川野, 嘉子
鶴若, 麻理
小林, 真朝
稲田, 昇三
天岡, 幸
菱田, 治子
Keywords: suitable learning environment
学びの環境
manner awareness
マナー
適切なコミュニケーション
学生マナー向上委員会
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 37
Start page: 47
End page: 52
Issue Date: Mar-2011
Publisher: 聖路加看護大学
Abstract: 聖路加看護大学学生部は,2008年度より「適切な学びの環境の実現」と題し,適切なコミュニケーション と基本的マナーの習得のための取り組みを行っている。本年度は、今までの活動の充実と継続を目標として 学生主体の活動を行った。具体的には学生有志による学生マナー向上委員会の継続的活動,体育デー等にお ける挨拶活動,白楊祭での広報,ペットボトルキャップ収集キャンペーンが行われた。これらの取り組みを, 学生,教耽月へのアンケートから評価した。マナー向上委月会の知名度は上がっているものの,マナー違反 と考えられる具体的な行為に関する指摘も多くあり,今後もマナーに関する取り組みを継続する必要がある と考えられる。適切な学びの環境を実現していくために,今後,マナーに関する学生の主体的な行動を支援 しつつ,各関係機関や委員会,教職月とも連携しながら評価していく必要があると考えられる。
Abstract-Alternative: In 2008,the Student Affiirs Division of St. Luke's College of Nursing launched an initiative for acquiring appropriate communication skills and basic manners so that students can effectively fulfill this institution's educational objectives and benefit from a well-rounded campus life. It is three years since students started the activities under the slogan of "Establishing a suitable learning environment". In 2010, they continued to carry on these activities, making a valuation of what they did for these three years. The actual activities in this year were: promotion of exchange greetings, implementation of public relations at the school festival, campaign for collecting plastic bottle caps. The feedback on the above activities from their peers and teachers showed the expansion of good manner awareness. However, some bad manners were still pointed out, and the activities to promote good manners needed to be continued. In order to further promote and appreciate these activities, faculty staff could show support for such student initiatives, cooperating closely with other relating committee members.
Bibliography: 大久保暢子他.(2009).学生部2008年度活動報告 「適切な学びの環境を目指して」.聖路加看護大学紀要. 35(1).110-117.
大熊恵子他.(2010).学生部2009年度活動報告「適切な学びの環境を目指して」.聖路加看護大学紀要.36(1).32-37.
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/6974
Appears in Collections:37号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2010068-kiyo37-6974.pdf2.29 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback