DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
07巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/688

種類: Journal Article
タイトル: 心筋梗塞を発症した成人病者の見通しの語りとその意味
タイトル別表記: Meanings of the Narrative Perspectives in Adult Patients with Myocardial Infarction.
著者: 籏持知恵子
キーワード: 心筋梗塞の病者
見通し
意味
ミニ・エスノグラフィ
語り
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 7
号: 1
開始ページ: 9
終了ページ: 16
発行年月日: 2003年6月23日
ISSN: 13441922
抄録: 本研究は心筋梗塞を発症した入院中の病者が語った見通しとその意味をミニ・エスノグラフイを参考とし た帰納法的アプローチを用いて明らかにしたものである。情報提供者は初めて心筋梗塞を発症し,入院した 病者3名である。退院までの間に非構成的面接を行い,面接から得た見通しの語りをストーリーとして記述 し,その意味を解釈した。さらにその意味を類型化し,共通性,個別性の観点から分析し,考察した。 その結果,心筋梗塞の病者の見通しとその意味は個々にユニークなものであったが,その意味は<身体の 信頼と不信の感覚><身体を基準とする行動規範の設定><自己の内的世界の揺らぎと揺らぎへの対処> <過去の人間関係を考慮して得られた生きるための人間的なつながりへの期待や葛藤><障害のある心臓で 生きる際の妥協と駆引き><未来を生きる人生の軌道の確認>という点で共通していた。病者の見通しは心 筋梗塞を生じた身体,人間関係,社会,自己を結びつけることで描かれ,心筋梗塞を持ちながら生きること の苦悩とその対処,進むべき方向性を示していた。また見通しを語ることは,心筋梗塞を持ち,生きる新た な自己の生成を促進すると考えられた。 そして心筋梗塞の病者が自分を取り巻く世界と折り合いをつけ,生きることを支えるための看護として以 下のことが示唆された。①病者の見通しに目を向け,理解すること②病者自身が社会や自己の個人的経験か ら付与される心筋梗塞の病者に関する支配的なストーリーを異なるストーリーに書き換えることができるよ うに,病者に見通しを語る機会を提供すること
抄録別表記: This study reveals the perspectives of patients with myocardial infarction and its meanings for the patients, analyzing the narratives about them by using the inductive approach, which refers to mini-ethnography. The informants were three hospitalized patients with their first myocardial infarction. Stories on the perspectives obtained from the patients during their hospitalization were described and interpreted. The meanings of the perspectives among 3 patients were organized, analyzed from the viewpoint of commonality and individuality, and discussed. Perspectives told by the patients and its meanings were individually unique, and the meanings were organized into the following six categories: "sense of trust and mistrust on the body"; "establishment of code of conduct based on the body"; "fluctuation of their own inner world and coping with it"; "expectation and conflict over human relationships to survive, acquired by consideration for their personal connection in the past"; "compromise and tactics to live with a defective heart"; and "trajectory projection of life". The perspectives were drawn by connecting body, human relationship, society, and the self, and indicated the distress of lives with myocardial infarction and the coping with it. Telling the perspectives would promote a renewed self to live with myocardial in farction. This study suggests the following necessities: to listen to the patients' perspectives and understand them;to arrange opportunities for patients to tell their perspectives in order for themselves to rewrite the dominant storie s about myocardial infarction patients to alternative stories, so as to support the myocardial patients to come to terms with their society and to live their new lives.
参考文献: 1) Joy L. Johnson, Janice M. Morse : Regaining control The process of adjustment after myocardial infarction Heart and Lung, 19(2),126-135,1990.
2) 籏持知恵子 : 心筋梗塞を発症した病者の入院時心臓リ-ビ リテ-ション期間における病の受け入れのプロセス, 山梨 県立看護大学短期大学部紀要 7(1),1-11,2001.
3) Paulaikhoff Bernhard (1979) / 曽根啓一訳 : 初版 人と時 間,星和書店, 145-174,1982
4) Juliet M Cobin, Anselm Strauss (1992), 黒江ゆり子他 訳 : 慢性疾患の病みの軌跡 コ-ビンとストラウスによる 看護モデル, 14, 医学書院, 1995.
5) Kleinman Arthur (1988) / 江口重幸他訳 : 病の語り慢性 の病をめぐる臨床人類学, 303-351, 誠信書房, 1996.
6) 江口重幸 : 病の経験の語りと聞き取り, 第47回関東社会学 会テーマ部会発表資料, 1-4,1999.
7) 前掲書5),ⅲ-vi
8) Patricia Benner and Judith Wrubel (1989) / 難波卓志 訳, 現象学的人間論と看護 : 医学書院, 246-262,1999.
9) 前掲書5),223-226
10 Margaret A. Newman, Susan Dimert Moch : Life patterns of persons with coronary heart disease, Nursing Science Quarterly, 4(4),161-167,1991.
11) 福西勇夫, 山崎勝之編 : ハートをむしばむ性格と行動, 星 和書店, 249-268,1995.
12) 野口裕二 : 物語としてのケア ナラティブアプローチの世 界へ, 医学書院, 33-50,2002.
13) 前掲書12),80-83
14) 前掲書8),123-126
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/688
出現コレクション:07巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004781748.pdf835.75 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください