DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
05巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/656

種類: Article
タイトル: 背面開放端座位ケアの導入により意識レベルが改善した事例 - 遷延性意識障害患者1事例の入院中から在宅での経過を追って -
タイトル別表記: The Level of Consciousness Improved by Sitting Position without Back Support in the Patient with Prolonged Consciousness Disturbance. - The Process from Hospital to Home-
著者: 大久保, 暢子
雨宮, 聡子
菱沼, 典子
キーワード: 遷延性意識障害患者
背面解放端座位
意識レベル
広南スコア
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 5
号: 1
開始ページ: 58
終了ページ: 63
発行年月日: 2001年6月30日
ISSN: 13441922
抄録: 意識障害患者に対する意識レベルの改善をめざした看護ケアの一つに、背面開放端座位ケアがある。背面 開放端座位は背面を支持せず、背筋を伸ばし脊柱の自然なカーブを損なわないで、足底を接地した姿勢であ り、補助具が開発されている。 くも膜下出血および脳内出血後の遷延性意識障害患者1例に、入院中および在宅での訪問看護で補助具を 用いた背面開放端座位ケアを行い、意識レベルの改善に背面開放端座位が関与している示唆を得たので報告 する。意識レベルの測定には、東北療護センター遷延性意識障害度スコア(以下広南スコアと称す)を用い た。 事例は78歳の女性で、入退院と訪問看護による在宅での療養生活を送ることで背面開放端座位ケアが提供 される時期、されない時期を繰り返すことになった。初回の背面開放端座位ケアは、入院中で遷延性意識障 害と診断されて4ケ月後から退院までの5週間であり、2回目は退院後10日を経た後からの7週間であった。 初回導入前の広南スコアは61-64点(重症例)で、毎日、1日2回の背面開放端座位ケアを導入して広南ス コアは徐々に低下し、5週目に54点(中等例)まで回復した。退院後10日間の寝たきり状態で、スコアは背 面開放端座位ケア導入前と同程度の64点(重症例)に戻っていた。再度、背面開放端座位ケアを週3回1日 1回ずつ開始したところ、2週目で51点(中等例)に改善を示し、ケア継続中はその点数を維持していた。 ケアを施行した期間は長期にわたり、他の要因に変化があった可能性はあるが、医学的治療には変化がな く、在宅への移行は大きな環境の変化であったが、スコアが上がる結果となり、環境変化よりも寝たきりに なったことが、意識障害度に変化を与えたものと考える。背面開放端座位ケアの施行に関し、その開始時期 や継続性、1日の回数等、検討課題が残されたが、今後さらに事例検討を重ねて、背面開放端座位ケアの意 識回復への効果を検証していきたい。
抄録別表記: Sitting position without back support has been regarded as an effective position on improving the consciousness in patient with prolonged consciousness disturbance (vegetative patient). The sitting position without back support is the position in which the back of the patient is upright and feet are landing on the floor. The auxiliary chair to support this position for the patient who are unable to sit by him/herself has been developed. The patient was a seventy-eight years old woman in prolonged consciousness disturbance after cerebral vascular attack. The KaNAN-score, which was developed to measure the conscious level of patients with prolonged consciousness disturbance, was employed for assessment of the degree of consciousness. For this patient's care, the auxiliary chair to keep the sitting position without back support were applied twice during four months. First trial with the auxiliary chair was started at four months after her diagnosis of prolonged consciousness disturbance, and was carried out for five weeks. Second trial was carried out for seven weeks from 10 days after her discharge to her home. The KaNAN-score of this patient before applying the auxiliary chair was sixty-three points (serious level). This patient has taken at the sitting position without back support twice a day. The score was decreased to fifty-four points (middle level) on fifth week. The score turned up to sixty-four points (serious level) when she was kept in bed for ten days after her discharge from the hospital. The auxiliary chair without back support was applied again, once a day, three times a week. After two weeks, her score was improved to fifty-one points (middle level), and has maintained the same score during our trials. Although there are possibility of existence of other confounding factors, changes in environment and being bed-ridden caused the deterioration of the conscious level. The sitting position without back support might provide an effective intervention to improve conscious levels of patients with prolonged consciousness disturbance. Further studies are needed to examine the effective use of sitting position without back support to improve conscious level, in terms of starting time, continuation, and frequency of application of the position.
参考文献: 1) 川島みどり,平松則子,瀧良子他:背面開放ベッド上端座 位による痴呆状態の改善をめざす研究,第2回財団法人フ ランスベッド・メヂィカルホームケア研究・助成財団研究 助成報告書,298-313,1993.
2) 川島みどり,平松則子,大吉三千代:寝たきり状態の高齢 者に対するベッド上背面解放端座位の効果,第2回老人在 宅福祉研究助成報告集,14-15,1994.
3) 大久保暢子,菱沼典子:背面開放座位が自律神経に及ぼす 影響,臨床看護研究の進歩,Vol.10,53-59,1998.
4) 大久保暢子,向後裕子,水沢亮子,菱沼典子:座位による 背面開放が自律神経活動に及ぼす影響―両足底を接地した 背面密着型座位との比較,投稿中.
5) 雨宮聡子,菱沼典子:意識障害のある患者における背面開 放端座位と瞬目回数の関連,投稿中.
6) 川島みどり,瀧良子,牟田能子:背面開放端座位の効果に ついて,日本看護科学会誌,12(3),44-45,1992.
7) 紙屋克子,林裕子:意識障害患者の看護第1・2報,日本 看護研究学会誌,14臨時増刊,120-121,1991.
8) 川島みどり:こんな助っ人ほしいな! 背面開放端座位保 持具を考案,看護学雑誌,57(9),818-821,1993.
9) Fujiwara Satoru,et al.:Evaluation of the severity of prolonged consciousness disturbances after headinjury, The Society for Treatment of Coma,2,173-783,1993.
10) 藤原悟他:遷延性意識障害の重症度評価尺度の信頼性と因 子構造,脳神経,40(12),1139-1145,1997.
11) 平松則子:身体を起こす,小松浩子,菱沼典子編:看護実 践の根拠を問うEvidenced-Based Nursing,35-46,南 江堂,1998.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/656
出現コレクション:05巻1号
「自分のからだを知ろう」キャラバン

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004781689.pdf1.07 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください