DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
05巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/649

種類: Journal Article
タイトル: 経産婦の産まない性に関する記述研究
タイトル別表記: Descriptive study on the Decision Making of Women for Sex without Reproduction Who Have Already Had Children to Not Have Them Any More.
著者: 岡永真由美
キーワード: 女性
家族計画指導
夫婦関係
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 5
号: 1
開始ページ: 10
終了ページ: 16
発行年月日: 2001年6月30日
ISSN: 13441922
抄録: 本研究は健康な生活を営む女性がこの子どもが最後ということに関わる状況を探索し、家族計画指導をはじめとする助産ケアに示唆を得ることを目的とした。対象者は避妊を中断することによって自然に妊娠し、出産後1年を超え、末子が小学校を卒業するまでの女性で、この子どもで最後と考えている女性として。首都圏の自治体で活動する保健婦・助産婦に対象者の紹介を依頼し、文書と口頭にて研究協力の同意を得た11名の女性とした。半構造的面接による逐語録を継続比較法を参考として分析を行い、帰納的記述研究を行った。コアカテゴリーの【産まない性への心構え】には『妊娠しない可能性を信頼する』『妊娠に対する気持ちのゆらぎ』の2つのカテゴリーを抽出した。『妊娠しない可能性を信頼する』については《手軽な避妊》《性生活》という2つのサブカテゴリーを抽出した。『妊娠に対する気持ちのゆらぎ』には《授かれば産むと思う》《条件次第でもう1人欲しい》という2つのサブカテゴリーを抽出した。結論として、産まない性と向き合う女性と夫婦の思いを理解すること、夫婦を対象とした家族計画指導の中で夫婦の関係性としてのセクシュアリティを話し合う重要性が示唆された。
抄録別表記: This study was conducted to investigate the situation where healthy women decided not to have any more children. Further, it aimed to obtain suggestions regarding midwifery care such as advice concerning family planning. The subjects were 11 women who naturally became pregnant after discontinuance of contraception, whose youngest child was aged 1 to 12 and had decided not to have any more children. The subjects were recruited by public health nurses' and midwives' referrals in the Metropolitan area. Informed consent was obtained from all subjects in written and oral formats, Interviews were conducted using semi-structured questionnaire and the transcripts were analyzed using continuous comparison and inductive descriptions were obtained. The derived core category 《attitudes toward the decision not to have any more children for sex without reproduction》 was consisted from 2 categories: belief in possibility of not getting pregnant, and unsure feelings regarding pregnancy. From the category belief in the possibility of not getting pregnant, 2 subcategories were derived, " I would have another child if I were blessed with one" and " I want one more child conditionally." Consequently , the results suggested that it is important regarding the professional support given by midwives, that they understand the feelings of women who are faced with the decision of not having more children sex without reproduction, and to discuss sexual relationships with them with regard to family planning.
参考文献: 1) 三橋みどり他:当院の椿婦の家族計画の実態と指導の必要 性に関する調査,日本看護学会母性看護会議録,24, 216-218,1993.
2) Sable,M.R.,et al:Gender and contraception:A proposed conceptual model for research and practice., Journal of Gender, Culture,and Health,3(2),67-83,1998.
3) 毎日新聞社人口問題調査会:第23回家族計画世論調査, 1996.
4) 小林千津子他:産後3-4ケ月時点における性生活の開始 と避妊の実態―過去10年間のデータと聞き取り調査から―, 日本看護学会会議録母性看護,27,23-25,1996.
5) 鈴井江三子:わが国における人工妊娠中絶の実態について その対策とケアのあり方を問う,川崎医療福祉学会誌, 7(2),237-248,1997.
6) 塚田敏子他:当院における若年妊娠の実態,日本農村医学 会雑誌,42(3),242-243,1993.
7) 松岡知子他:出産予定に関する認識(第一報)―産後にお ける経時的変化と認識形成の影響要因―,第9回日本助産 学会学術集会集録, 8(2),105-108,1995.
8) Strauss,A.L.,Glaser,B.G.:The Discovery of Grounded Theory:Strategies for Qualitative Research,1967,後藤隆他訳,データ対話型理論の発見―調査からいかに理論を うみだすか―,新曜社,145-167,1996
9) 国立社会保障・人口問題研究所編:平成9年日本人の結婚 と出産―第11回出生動向基本調査―,厚生統計協会,1998.
10) 北村邦夫他:家族計画と女性の健康に関する研究―産後を 中心に―,厚生省心身障害研究斑報告書,268-282,1998.
11) Lethbridge,D.J.:Choosing and using contraception: Toward a theory of women's contraceptive self-care., Nursing Research,40(5),276-280,1991.
12) Bernat,S.H.:Contraceptive decision-making:a phenomenological approach., STATE UNIVERSITY OF NEW YORK ATBAFFALO,1993.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/649
出現コレクション:05巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004781683.pdf691.06 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください