DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
04巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/644

NII Resource type: Journal Article
Title: ある精神障害・当事者にとっての病いの意味 - Sさんのライフヒストリーとその解釈:スティグマからの自己奪還と語り
Other Titles: The meaning of illness for a person mentally disabled in Japan - The interpretation of Mr.S's life history
The recuptring of the self from the stigma and the narrative
Authors: 田中 美恵子
Keywords: スティグマ
ライフヒストリー
語り
精神障害・当事者
病いの意味
Shimei: 聖路加看護学会誌
Volume: 4
Issue: 1
Start page: 1
End page: 20
Issue Date: 30-Jun-2000
ISSN: 13441922
Abstract: 本研究は、現在、日本において、地域で生活している精神障害・当事者にとっての病いの意味を、その人生を通して理解することを目的とするものである。 本研究は、Heidegger,M.の存在論を前提的立場とし、人間存在を時間性という規定を受けて、世界のうちにありつつ、事物または他の現存在に対して意味を形成しながら、かつ自己解釈的に存在するものとして捉えた。 本研究の研究協力者は、精神障害・当事者Sさんである。研究方法は、以下の2段階のプロセスを踏んだ。 (1)第1段階として、ライフヒストリー法に基づいて、研究協力者の人生体験を聴取し、それをライフヒストリーへと構成した。この段階では、Sさんの体験を、Sさん自身の視点からその人生を通してありのままに記述し提示することが目指された。 (2)第2段階として、第1段階で構成されたライフヒストリーをテクストとして、Heidegger,M.の存在論に基づき、解釈学(hermeneutics)的立場から解釈を加えた。ここでは、精神障害・当事者Sさんにとっての病いの意味を理解することが目指された。 解釈の結果、Sさんの人生の中心的な意味は、"スティグマからの自己奪還"として理解された。またSさんの人生の中心的な意味を形成する事柄として、<精神病の母の子として生まれたこと>、<病気そのものからくる辛さ>、<外傷体験としての母の精神病院への入院>、<スティグマからくる困難さとそこからの脱出>、<自己変革のための努力>、<仲間との出会いと世界および自己の解釈の変化>、<解釈の共有としての語り>が確認された。 まとめれば、Sさんの人生を最初に決定づけたのは、第二次世界大戦前の日本の農村に精神病の母の子として生まれたことであるが、Sさんのスティグマからの自己奪還を可能にしたのは、仲間としての精神障害者との出会い、自己変革のための努力、スティグマに満ちた環境からの脱出、精神保健法成立前後の時代的状況の変化を挙げることができた。最後に、精神障害・当事者の「語り」の意味について考察を加えた。
Abstract-Alternative: The purpose of this study is to understand the meaning of illness through the life experiences of a person mentally disabled in Japan. The study takes the philosophical stance of M.Heidegger's ontology,in whose work the individual is regarded as "being-in-the world,self-interpreting,self-constitutive,and at the same time making sense of the things and other individuals,while being linked with the temporality". The methodological stance taken in this study is hermeneutics based on M.Heidegger's ontology.The life history approach was used for data collection. The co-researcher of this study is Mr.S using mental health care services and living in a community setting in Japan.The data was obtained by interviewing the subject about his life experiences.The data transcribed were reorganized according to life history using the life history method.This life history was interpreted as "text" for the purpose of understanding the meaning of illness for the subject. As a result of the interpretation,the central meaning of illness for Mr.S was determined as "the recapturing of the self from the stigma". We also found that there were several meanings of illness which formed the central meaning of Mr.S's life experiences,as demonstrated in the following; 1."Being borned as a son of mentally disabled mother" 2."Suffering experienced as a mental illness" 3."Mother's admission to a mental hospital as a traumatic experience" 4."Experiencing difficulty derived from the stigma of mental disability and escaping the stigmatic environment" 5."Efforts for the self-changing" 6."Meeting a fellow and the change in interpretation of the world and the self" 7."Narrative as an act of sharing the interpretation"
Bibliography: Benner,P.,Wrubel,J.:The Primacy of Caring:stress and coping in health and illness,16,Addison-Wesley Publishing Company,1989.
Heidegger,M.(1927),原佑・渡辺二郎訳:存在と時間,中公バックス世界の名著74,1996.
Merleau-Ponty,M.(1945),竹内芳郎・小木貞孝訳:知覚の現象学1,みすず書房,1967.
Merleau-Ponty,M.(1945),竹内芳郎・木田元・宮本忠雄訳:知覚の現象学2,みすず書房,1985.
Merleau-Ponty,M.(1964),滝浦静雄・木田元訳:眼と精神,みすず書房,1966.
Merleau-Ponty,M.(1969),滝浦静雄・木田元訳:見えるものと見えないもの,みすず書房,1989.
滝浦静雄:肉の存在論-メルロ=ポンティにおける現象学の帰趨,現代思想8-9月号,vol.2-8,112-113,1974.
L.L.Langness,Gelya Frank:lives:an anthropological approach to biography, Chandler & Sharp Publishers,Inc.,1981,米山俊直・小林多寿子訳,ライ フヒストリー研究入門―伝記への人類学的アプローチ,12-16,ミネルヴァ書房,1993.
佐藤健二:ライフヒストリー研究の位相,中野卓・桜井厚編,ライフヒストリーの社会学,13-41,弘文堂,1995.
小林多寿子:インタビューからライフヒストリーへ,中野卓・桜井厚編,ライフヒストリーの社会学,43-70,弘文堂,1995.
丸山高司編:現代哲学を学ぶ人のために,123,世界思想社,1966.
Bollnow,O.F.(1982),西村晧・森田孝監訳:解釈学研究,208-209,玉川大学出版部,1991.
Ricoeur,P.(1971),久米博他訳:解釈の革新,49-63,白水社,1985.
Sheff,T.J.市川孝一他訳:狂気の烙印-精神病の社会学,61,誠信書房,1980.
Binswanger,L.(1930),荻野恒一訳:夢と実存,荻野恒一・宮本忠夫・木村敏訳,人間学的現象学,127-129,みすず書房,1967.
全家連30年史編集委員会編:みんなで歩けば道になる―全家連30年のあゆみ-,9-13,(財)全国精神障害者家族会連合会,1997.
「精神障害者の主張」編集委員会編:精神障害者の主張-世界会議の場から,解放出版社,1994.
URI: http://hdl.handle.net/10285/644
Appears in Collections:04巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
20000731152523761753001.pdf2.37 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback