DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
03巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/626

NII Resource type: Journal Article
Title: 熱布による温罨法が自立神経活動、背部皮膚温に及ぼす影響
Other Titles: The effect of very hot compresses applied to the back region on the autonomic nervous activity and the skin temperature of the back
Authors: 塚越, みどり
菱沼, 典子
Keywords: 自律神経活動
心拍変動解析
熱布による温罨法
背部
背部皮膚温
Shimei: 聖路加看護学会誌
Volume: 3
Issue: 1
Start page: 11
End page: 18
Issue Date: 30-Jun-1999
ISSN: 13441922
Abstract: 背部への温罨法が、呼吸苦や背部痛がある患者に対して呼吸困難感を緩和するのに効果があること、手術後の患者が背部の熱布清拭によって背部痛が緩和されることは以前から知られており、臨床場面で活用されている。しかし、背部痛への温熱刺激が、なぜこのような効果をもたらしているのかは明らかでない。そこで、生体の緊張とリラックスに関与する自律神経系に注目し、熱布による背部温罨法が、自律神経活動に及ぼす影響を明らかにすることを目的に実験研究を行なった。また、熱布による局所刺激については皮膚温の変化を測定し、自律神経活動はCGSA法による心拍変動スペクトル解析で行なった。7名の健康な男女(22~30才)を被験者とした。被験者の体位を座位にし、熱布による背部温罨法を行なうものを実験群、温罨法を行なわないものを対象群とした。両群を同一の被験者で実施し、その結果は以下のようであった。 1. 実験群の副交感神経活動は減少したが、対象群は変化が微小だった。 2. 40分を超える座位において、実験群は、対象群に比べて交感神経活動の増加を抑える可能性が示唆された。 3. 血圧、腋窩温には影響を及ぼさない。 4. 背部皮膚温度は、最も高い皮膚温を示した被験者でも43.1℃であり、皮膚の変性を起こす温度には至らない。 これらの結果から、熱布による背部温罨法は、交感神経活動を抑制する可能性が示唆された。また、この温罨法は、熱傷を起こさない安全な技術であることが示唆された。
Abstract-Alternative: Very hot moist compresses applied to the back region have been used to patients who have difficultly in breathing and suffer from the back pain after operation. However, the reason why very hot moist compresses influence the body has not been clarified. The present study is conducted to identify the effect of very hot compresses on autonomic nervous system and skin temperature of the back. Autonomic nervous system and skin temperature of the back. Autonomic nervous system activity was analyzed by coarse-graining spectral analysis of heart rate variability. The subjects consisted of 4 healthy man and 3 healthy woman, at the age between 22 to 30 with the mean age of 27.5. This study set experimental and control groups. Both groups were in a sitting position. 5min-hot compress repeated 3 times to the back region in the experimental group and without hot compress in control group. The results are as follows: 1) Paraympathetic nervous system activity decreased in the experimental group, while it slightly changed in the contorol group. 2) The increased sympathetic nervous system activity was inhibited over 40 minites sitting position compared with that in the control group. 3) Body temperature and blood pressure were not remarkably changed. 4) The highest skin temperature of the back region was 43.1゚C by the hot compress. The above results suggest that very hot compress applied to the back region inhibit sympathetic nervous system activity. In addition, the results show that this technique is safe without causing burn.
Bibliography: 1) 坂田三充:温めること・冷やすこと, 症状・苦痛の緩和技術, 奥宮暁子編, 41-43, 中央法規,1995.
2) 氏家幸子:基礎看護技術第三版 第3章 診療に伴う技術, G.罨法, 485-496, 医学書院, 1990.
3) Yamamoto, Y. & Hughson, R. L.:Coarse graining spectal analysis: New method for studying heart rate variability.J.Appl.Physiol,71: 1143-1150,1991.
4) 佐藤 廣, 山本真千子, 阿部七郎他:心不全患者における運動中の自律神経の変化, 自律神経, 31巻1号,14-20,1994.
5) 菱沼典子, 平松則子, 春日美香子他:熱布による腰背部温罨法が腸音に及ぼす影響, 日本看護科学学会誌, 17巻1号, 32-39, 1997.
6) 入來正躬:体温とその調節, 標準生理学第4版, 本郷利憲他編, 767, 医学書院, 1996.
URI: http://hdl.handle.net/10285/626
Appears in Collections:03巻1号
「自分のからだを知ろう」キャラバン

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19990827111718000308002.pdf698.38 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback