DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
14巻2号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/6254

種類: Journal Article
タイトル: 基礎看護学担当教員の捉える学生の特徴と教授学習方法の工夫
タイトル別表記: The Characteristics of Students in Nursing University, and the Teachers' Devising for Their Classes
著者: 安ヶ平, 伸枝
菱沼, 典子
大久保, 暢子
佐居, 由美
佐竹, 澄子
伊東, 美奈子
石本, 亜希子
キーワード: 基礎看護学
教授学習方法
看護学生の特徴
fundamental of nursing
the characteristics of nursing students
devising for the classes
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 14
号: 2
開始ページ: 46
終了ページ: 53
発行年月日: 2010年8月31日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 本研究の目的は,基礎看護学の科目担当教員が学生の特徴をどのように捉え, それらの特徴に対してどのような教授学習方法の工夫をしているかを明らかにすることである。地域性・国公私立に偏らないよう便宜的に選出した7大学10名の対象者に,①学生の特徴をどのように捉えているか,②教授学習方法において工夫していること,についてインタビューを行い,その後,内容妥当性を検討するために5大学5名にフォーカス・グループ・インタビューを行った。その結果,看護学生の特徴として13カテゴリーが抽出された。 【看護が目的ではない学生の増加】【読み書きや理解力の低下】【自分で目標を立てられず主体的な学習態度に欠ける】【考えるプロセスより正解を求める】といった学生の特徴に対し,〔看護の面白さと患者の前に立つ責任を伝える〕〔書く機会を増やし,添削指導する〕〔グループワークなど主体性を育てる授業の導入〕などの工夫が行われていた。また【教員の評価を気にする】【周囲に無関心で対人関係が希薄】【価値観の多様性を認められない】【一般常識やマナーの低下】【IT を活用することが得意】といった特徴に対しては,〔評価される立場から患者を看護する立場に視点を変える〕〔様々な人と出会い,関わる体験を取り入れる〕〔知らない常識やマナーはその都度指導する〕や〔IT の授業への活用〕を行っていた。そして【病棟や患者をイメージできない】【知識を関連づけたり,活かすことができない】という特徴に対しては,〔病棟や患者のリアリティを感じる授業〕〔知識の活用・応用ができる状況設定の導入〕などの工夫が行われていた。看護学生に特有に抽出された特徴と考えられる【清潔観の違い】【手先が不器用で模倣ができない】に対する教授学習方法の工夫については,今後さらに検討していく必要性が示唆された。
抄録別表記: The purpose of this study was to reveal: 1) the perception of the teachers in the Fundamentals of Nursing toward characteristics of students and 2) how they are devising the teaching-learning methods accordingly. Ten( 10) teachers from 7 nursing universities were interviewed on the following topics: 1) their perception on characteristics of students; 2)what are devised in teaching methods. After that, other 5 teachers from 5 nursing universities participated in focus-group-interview, in order to examine content validity. Result: Thirteen categories were extracted as the characteristics of students. [#1 increased number of students whose goals are not nursing] [#2 lowered ability of reading, writing, and comprehension] [#3 unable to make own goal due to lack of positive attitude toward learning] [#4 seeking answers rather than thinking process] [#5 worrying evaluation by teachers][ #6 apathy toward surround and weak interpersonal relationships][ #7 unable to accept diversity of values][ #8 lowered in common sense and manner][ #9 good at use of IT][ #10 unable to image a hospital ward or a patient][ #11 unable to relate/use knowledge practically][ #12 difference in sense of cleanliness] [#13 unable to imitate due to clumsy hand]. In order to deal with students' characteristics, teachers were devising classes as followed, [teaching the responsibility in front of a patient and the pleasure of nursing] [increasing opportunities to write and corrective guidance] [introducing classes which fosters independence, such as group works] [changing the focus from being evaluated to caring the patients][ incorporating the experiences of meeting and relating with people][ pointing out inappropriate manner and common sense][ using IT in classes][ feeling the reality of a hospital ward or a patient in classes][ introducing case studies which allow to use/apply knowledge] and others. These findings suggest that students' characteristics based educational program should be developed for fundamental of nursing lectures and the necessity of further investigation.
参考文献: Arhin,AO.,Cormier,E.(2007).Using Deconstruction to Educate Generation Y Nursing Students.Journal of Nursing Education .46(12).562-567.
中央教育審議会大学分科会制度・教育部会学士課程 教育の在り方に関する小委員会(2008).学士課程 教育の再構築に向けて.2009-8-25,http://www. mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/ houkoku/080410/001.pdf#search='
菱沼典子,佐居由美,大久保暢子,他(2009).看護学 部入学生の生活習慣・体験調査.平成19~22年度文部 科学省科学研究基盤研究(B)課題番号19390551.「少 子化社会の学生の特徴に合わせた看護学導入プログラムの開発」.
石井秀宗,椎名久美子,柳井晴夫(2003).看護大学 生の学習活動と学習意欲に関する研究.Quality Nursing .9(11).48-62.
加悦美恵,飯野矢住代,河合千恵子(2006).基礎看護 学におけるSP 参加型の授業と臨地実習の連繋.日本 看護科学会誌.26(2).67-75.
河部房子,山本利江,高橋幸子,他(2007).当事者参 加を取り入れた看護過程展開の演習の企画・実施報 告.千葉大学看護学部紀要.29.43-48.
川田智美,木村由美子,小暮深雪,他(2005).看護教 員が学生の生活体験の乏しさを感じた実習場面.群馬 保健学紀要.26.133-140.
荻あや子,肥後すみ子,奥山真由美,他(2007).SP に よるコミュニケーション演習が基礎看護学実習に及ぼ す影響.日本看護研究学会誌.30(3).236.
大橋久美子,菱沼典子,佐居由美,他(2008).看護大 学入学生の生活体験.聖路加看護学会誌.12(2).25-32.
大久保裕子,豊田省子,里光やよい,他(2005).知識 創造と看護実践できる学生を育てるためのSECI モデ ルに基づく基礎看護学技術演習効果の検討.自治医科 大学看護学部紀要.3.51-65.
Pardue,K.T.,Morgan,P.(2008).A New Generation. New Approaches and Implications for Nursing Education .Nursing Educational Perspectives .March/April.74-80.
櫻井利江,浅野美礼(2007).看護基本技術教育の具体 的展開方法.看護研究.40(1).21-33.
佐竹澄子,大久保暢子,菱沼典子,他(2008).看護学 導入時期の学生が感じる困難性の検討.日本看護科学 学会学術集会講演集.28.272.
佐藤真澄,松田日登美,柿原加代子(2002).看護短大 生における生活体験および生活習慣の変化.日本赤十 字愛知短期大学紀要.13.1-10.
田中静美,緒方巧,原田ひとみ,他(2004).ジグソー 学習法による血圧測定の教育効果.藍野学院紀要. 17.99-105.
Williams, D.M.(2008).Navigating the Generation Gap Understanding how each generation is formed will help you better manage those folks in the workplace.EMS .August.100-114.
山田礼子(2005).一年次(導入)教育の日米比較.117-133.東京:東信堂.
山田礼子(2009).初年次教育とは何か.看護教育.50 (5).376-381.
柳井晴夫,石井秀宗(2007).看護系大学において必要 とされる教科科目・資質能力・スキルに関する調査研 究.聖路加看護学会誌.11(1).1-9.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/6254
出現コレクション:14巻2号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2010034-gakkai14(2)-6254.pdf447.77 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください