DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
01号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/61

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 母乳栄養の確立についての諸因子:臨床指導者として
タイトル別表記: Some Factors Concerning the Establishment of Breast Feeding.
著者: 内山, 芳子
藤谷, 圭子
赤津, 美穂子
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 1
開始ページ: 64
終了ページ: 69
発行年月日: 1973年7月1日
ISSN: 02892863
抄録別表記: These are some difficulties in teaching our student how to stimulate the mothers to built breast feeding habit for the babies. In order to reveal possible factors on establishment of breast feeding within 5 days after birth, we interviewed 111 mothers and observed physical conditions of their babies at St. Luke's International Hospital. A months later, we sent a questionaire to the mother whom we had intervieved. We received responses from more than 90 mothers. As the result we have found following five factors which concern breast feeding establish-ment.(1)Quantity of lactation during the 3rd and 5th days after delivery.(2)Weight of baby at birth.(3)Degree of physiological decreasing of babies weight.(4)Shape and size of nipples of mothers breast.(5)The monther's ideas on nursing, and her previous experiences about her elder child (or children).
参考文献: 昭和43年度母子保健実態調査厚生省課程家庭
三宅廉 小児保健研究所第23巻第1号 1965 P-20~
宮崎叶 他2名 小児科臨床第17巻第8号 昭和39年8月号 P-993
山下徹 他 産科と婦人科 Vol.33 No.2
永井生司 産科と婦人科 Vol.37 No.7
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/61
出現コレクション:01号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
20010302161138126667006.pdf411.38 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください