DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
36号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/5260

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 産学共同プロジェクト「聖路加・テルモ新健康カレッジ」 セミナー実施状況と参加市民の健康意識について
Other Titles: College Seminar on "New Health", Industry-University Joint Project Provided by St.Luke's College of Nursing and TERUMO corporation, and Health Awareness of the Community Participants.
Authors: 小口, 江美子
小泉, 麗
山田, 雅子
Keywords: social contribution
industry-university joint project
community-based health seminar
health information
社会貢献
産学共同プロジェクト
市民健康セミナー
健康情報
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 36
Start page: 69
End page: 73
Issue Date: Mar-2010
Publisher: 聖路加看護大学
Abstract: 社会貢献を目指して2008年度より市民向けに健康セミナーを提供する「聖路加・テルモ新健康カレッジ」が始まった。各セミナー参加者のアンケートによると「はつらつキャリアウーマン編」セミナーでは30代の参加者が多く,積極的な興味から参加し,日頃からネットで健康情報を取り入れ,食事,睡眠・休養,サプリメント等をきちんととり,家でできる簡単エクササイズで健康管理をしていた。「はつらつシニアステージ編」セミナーでは参加者の多くは70代の近隣の主婦であり,参加動機は友人に誘われて,との回答が多く,テレビ・新聞等から健康情報を得て,食事に気をつけ,戸外等でのまとまった連動等で健康管理を心がけていた。市民アカデミー参加者は60代の主婦が多く,一般的な健康情報収集に加え,講師から生きる喜びや気力を得て元気になることを期待していた。年齢やライフスタイルの違いは,健康情報入手方法や健康管理方法の違いを反映していた。また,本セミナーは市民の健康意識-の気づきゃ健康知識を高めるきっかけ作りに貢献していることが示唆された。
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/5260
Appears in Collections:4.総説・論説・報告・資料
36号
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2009097-kiyo36-5260.pdf984.94 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback