DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
36号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/5259

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 運動のメンタルヘルス効果の検討(その3) 一音楽運動療法を起用したグループリハビリテーション トレーニングの心身に及ぼす影響一
Other Titles: The Mental Health Effects of Exercise (3):The Mental and Physical Effects of Rehabilitation Exercise with Music Therapy in a Group.
Authors: 小口, 江美子
伊藤, マミ
菊田, 文夫
山田, 拓実
岡崎, 雅子
Keywords: pain reduction
rehabilitation exercise with music therapy
group training
physical debilitation
social participation
疼痛緩和
音楽運動療法
集団機能訓練
障害
社会参加
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 36
Start page: 64
End page: 68
Issue Date: Mar-2010
Publisher: 聖路加看護大学
Abstract: 日本では,欧米に比べ集団を対象とした身体的リハビリテーションに関する音楽運動療法の活用例の報告は少ない。今回,われわれは音楽運動療法参加者の心身への影響を参加者アンケートにより評価した。参加者は39-87歳(平均年齢は66.9歳)の男性7名,女性10名で脳血管障害後の麻痔,視覚障害を持つ人々である。アンケートの結果,体の痛み,全体的健康感,身体的サマリースコアは音楽運動療法継続参加後,有意に改善した。さまざまな音楽と共に,グループで無理なく楽しく体を動かすことが,痛みの軽減や全体的健康感をもたらし,参加者の体への働きかけやリハビリ運動への意欲を高めることに繋がった。更には,仲間との交流を通して社会参加への足掛かりになる可能性が示唆された。
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/5259
Appears in Collections:4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
36号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2009096-kiyo36-5259.pdf1.06 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback