DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
36号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/5054

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 石綿健康相談における看護職の役割 - 石綿NPOの相談記録の質的分析結果から -
タイトル別表記: The Role of Nursing on Asbestos Health Consultation - Qualitative analysis of Consultation Records of Asbestos N・P・O.-
著者: 長松, 康子
佐居, 由美
名取, 雄司
キーワード: asbestos
consultation
problems
nursing
石綿
健康相談
問題
看護
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 36
開始ページ: 1
終了ページ: 8
発行年月日: 2010年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 石綿NPOの相談記録344件を質的に分析することで,人々が抱える石綿に関する問題と支援を明らか にし,石綿健康相談における看護職の役割を検討した。 その結果,相談内容から,石綿曝露に関連する問題,石綿曝露後の関連疾患発症に関連する問題,石綿 関連疾患患者が直面する問題,石綿関連疾患患者の遺族が抱える問題の4つのカテゴリーが抽出された。 石綿健康相談に特有な看護は,曝露と発症の予防法指導及び健診の助言を行い,曝露した者の発症不安を受け止めて支援を約束し,患者と遺族に医療保障制度申請の支援と患者・遺族会やNPO紹介を行うことである。具体的には,医療機関に限らず地域や職域で,人々が抱える問題を受け止め,訴えを傾聴することで相談者自身が問題と向き合う準備を整え,相談者と共に問題を明確にし,解決のために専門的知識やエビデンスに基づく助言や,適切な専門機関への橋渡しや個別支援を通じてネットワークを構築行う。
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/5054
出現コレクション:36号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2009086-kiyo36-5054.pdf6.71 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください