DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
32号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/495

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 大学院ウィメンズヘルス・助産学専攻の開設と国際交流協定の活用
タイトル別表記: Development of a graduate program in women's health and midwifery education and utilizing of international exchange agreement.
著者: 江藤, 宏美
堀内, 成子
森, 明子
有森, 直子
片岡, 弥恵子
桃井, 雅子
小陽, 美紀
土屋, 円香
キーワード: midwifery education
助産教育
advance practice
上級実践者
master's program
修士課程
international exchange agreement
国際交流協定
graduate program
大学院教育
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 32
開始ページ: 28
終了ページ: 36
発行年月日: 2006年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  聖路加看護大学大学院(修士課程) に, ウィメンズヘルス・助産学専攻を増設し, 2005年4月より新しい教育をスタートした。 創設に当たっては, 学内外での調整と, 事前相談を重ねた。 ウィメンズヘルス・助産学は「研究者コース」と「上級実践コース」があるが, 後者のコースでは国家試験受験資格を得ようとするものは,修士課程での修了要件のほかに, 助産師国家試験受験資格に必要な指定規則の単位数を選択履修するということで認可を受けた。 大学院での助産教育を考える上で, 姉妹校であるオレゴン・ヘルスサイエンス大学(OHSU) からファカルティを2004年8月に招聘し, セミナーを開催した。OHSU と本校のカリキュラムの紹介・比較と教育講演, 演習と実習施設の見学を行った。 また, 2005年2月にOHSU を訪問し, 選択科目の「国際協働論」の開講準備のために, 助産学生の実習施設を中心に複数の施設を視察し, リソース・パーソンとしての研究者たちと会合, また, 助産師同士の交流を行った。 今後の展望として, 実践家としての実力を備えた専門職の育成と, 国際母子保健の向上に貢献できる人材の育成を目指し, 姉妹校と交流を深め, 有機的連携を図りたい。
抄録別表記: St. Luke's College of Nursing (SLCN) has expanded its graduate program by adding a Women's Health and Midwiferycourse in April 2005. There were major challenges both within the college and with other institutions in developing this new program. There are two courses, one for academic researchers and one for advanced practitioners. Permission to implement the program was granted with the understanding that, in addition to completing the master's course, those advanced practitioners who wish to qualify to sit for the national midwifery exam must also enroll in the specified courses necessary to take the exam. In the interest of developing midwifery education in the master's program, in August 2004 we invited faculty from our sister school, Oregon Health & Science University (OHSU) School of Nursing, and held a seminar. This was easily accomplished due to the International Exchange Agreement between OHSU and SLCN. The seminar included the introduction and comparison of the midwifery programs at each institution, an educational lecture, observing training at the college, and visiting a birth center. In February of the following year we visited OHSU. In order to prepare for the elective course, “International Cooperation”, several institutions were visited where student midwives were undergoing practical training. In addition, meetings with researchers and licensed midwives took place. Our vision of the future includes nurturing capable and talented practitioners who will contribute to improving the health of mothers and children through this new program. We will strive to deepen our ties to our sister schools and build meaningful relationships.
参考文献: 1) 聖路加看護大学大学院将来構想プロジェクト. 6. 社会人受け入れコースなど大学院拡充構想. 聖
2) 菱沼典子. 大学院の設置から今日まで. 聖路加看護大学大学院開設20周年. 2001, 22-
3) 聖路加看護大学. 5.2005年度以降の大学院のあり方. 聖路加看護大学年報2003年度(平成
4) 聖路加看護大学. 5.2005年度以降の大学院のあり方. 聖路加看護大学年報2004年度(平成
5) アメリカ看護助産協会 (ACNM:American College of Nurse-midwives) http://www.midwife.org/ [2005-11-01]
6) オレゴン・ヘルスサイエンス大学看護学部 (OHSU:Oregon Health Science University, School of Nursing)
http://www.ohsu.edu/son/ [2005-11-01]
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/495
出現コレクション:32号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
02892863003204.pdf176.69 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください