DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
32号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/491

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: Web法と郵送法調査にもとづく看護継続教育におけるe-learning受講ニーズ構造の比較研究
タイトル別表記: Comparative research on needs model of e-learning in continuing nursing education based on needs survey by web and mailing methods.
著者: 亀井, 智子
梶井, 文子
杉本, 知子
菱沼, 典子
中山, 和弘
豊増, 佳子
青木, 則明
キーワード: e-learning
continuing education
nurse
web survey
継続教育
看護職
web調査
mail survey
causal modeling
郵送調査
因果モデル
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 32
開始ページ: 1
終了ページ: 10
発行年月日: 2006年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  e-learning受講に関して国内の看護職を対象に、web法と郵送法により受講ニーズに関する調査を行い、調査方法の違いによるe-learning受講ニーズの構造を共分散構造分析を用いて比較した。方法は、web調査群(以下 : web群)は、macromedia社のColdFusion MX と Microsoft社のSQL Server 2000を利用したウェブデータベースシステムに基づいたオンラインアンケートシステムを利用して行った。このアンケートフォームへのリンクは、本学ホームページと同時に「ナースに役立つ種類のサイトとは?」上で行った。協力依頼文はアンケートフォームの冒頭にプレーンテキストでアップデートし、それを閲覧した回答協力者が任意で回答し、最終項目への回答が終了後、回答者側から送信する方法とした。調査期間は2003年10月~2004年3月である。一方、郵送調査群(以下 : 郵送群)はすでに結果を公表済みであるが、2001年10月現在、保健医療福祉教育機関および企業に勤務するすべての保健師助産師看護師、ならびに看護有資格の養護教諭・看護教員計1,103,760名の中から、回収率30%を想定して0.4%の抽出率により就業先別に層化無作為抽出を行い、810機関の計3,466名を対象として2003年2月~4月にかけて郵送による質問紙調査を実施した。 その結果、以下の知見が得られた。 1. web群では460名、郵送群では1,270名(有効回答率36.6%)から回答が得られ、e-learning受講ニーズはweb群88.0%、郵送群では69.3%に認められ、web群のニーズが有意に高かった。 2. web群による回答者では、「受講した科目が単位として認定されること」が受講ニーズに強く影響していた。一方、郵送調査による回答者では、「(学習者と教員の)直接交流がないことへの不安」「科目の内容や費用の不安がないこと」「一人で学習することへの不安がないこと」が受講ニーズを影響していた。 以上の結果から、看護職の継続教育にe-learningを促進するためには、開講科目を単位化できるような教育システムを構築すること、また単位化できるような質の高いコース内容を提供すること、コース開講中に学習者と教員の直接交流の機会を設定し、学習意欲を継続できるようにすることが必要であると考えられた。
抄録別表記: In order to establish the causal model structure for e-learning needs, we investigated the needs ofnurses for e-learning by a web and a mailing method, and subsequently compared the results by employingcovariance structural analysis. We investigated the e-learning method by placing a series of questionnaires on our college websitefrom May to October2003(web group). For the mailing group, we sent the same questionnaire to a random stratified sample of nurses in Japan, from February to April 2003. Included in the survey were public health nurses, midwives, and nurses working in health, medical, welfare and educational institutions, and companies. We excluded nurses working in clinics, public health centers, and unspecifiedinstitutions. We assumed a response rate of 30% and performed stratification random sampling with a 0.4% rate of extraction. This left us with 810 institutions with 3,466 nurses from the total number of 1,103,760 nurses, for the mailing.The results were as follows: 1) We obtained 460 responses from the web group, and 1,270 responses from the mailing group (36.6% of valid response rates from the mailing group). The response indicated a significantly higher need for e-learning in the web group compared with the mailing group at 88% and 69.3%respectively. 2) The respondents in the web group said that if they could get credits for e-learning, this would greatly influence their attitude to the e-learning method. The mailing group respondents said that if their concerns about, studying alone, not having direct contact with faculty staff or other students, the course content, and the cost of the course could be taken into consideration,this would greatly influence their attitude to this method. From the above results, we concluded that in order to promote e-learning in the continuing education of nurses, we must develop a new educational system which offers high-quality content, and allows the gaining of course credits on line. In addition, direct contact between students and faculty would help maintain motivation through to the end of the course.
参考文献: 1) 亀井智子, 梶井文子, 堀内成子, 菱沼典子. 保健医療福祉教育機関等に勤務する看護職における
2) 中山和弘. E ラーニングは看護を変えるか―その教育効果と活用の可能性―. 看護展望, 29(
3) Dawes D., Hanscomb A.. Focus. A pilot study to
4) Howatson-Jones L.. Designing Web-based educatio
5) 日本看護協会, http://www.nurse.or.jp/info/e-learning.html, [2005-09-15].
6) 高崎光浩, 水主いづみ. 看護職の生涯教育における e ラーニングの試み―佐賀県看護協会での教育研修プログラム―. 看護展望, 29(12), 2004, 1346-1352.
7) 松井恵子, 青木直子, 河内山博代, 徳永宏幸. 「ブロードバンド放送講義」による新しい看護教育の展開―2年課程通信制でのインターネット授業―. 看護展望,29(12), 2004, 1339-1345.
8) 中村秀敏. E ラーニングは魔法の薬となりうるか―小倉第一病院の職員教育の実践から―. 看護展望, 29(12), 2004, 1321-1327.
9) 小林初子. 「e ラーニング感染管理教育プログラム」導入と成果―院内教育の+αとしての自己学習への期待―. 看護展望, 29(12), 2004, 1328-1332.
10) 大喜雅文, 大池美也子. 九州大学医学部保健学科でのWBT の実践と成果. 看護展望, 29(12), 2004,1333-1338.
11) 内田奈保子, 片岡ゆみ, 前川陽子他. インターネットを活用した健康教育の一考察. 第14回
12) 大久保暢子, 亀井智子, 梶井文子他. 看護職者のe-learning 受講希望に関する因子
13) 大熊和行, 福田美和, 松村義晴, 他. 郵送法とe-メール法による感染症情報メーリングリス
14) Mitchell M.. The continuing professional education needs of midwives. Nurse Education Today, 17 (5), 1997, 394-402.
15) Bendz M. Joakimson D. Oinas E.. Care of older people from a multi-professional perspective:learning on the Web. Quality in Ageing, 2, 2001, 25-31.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/491
出現コレクション:32号
2.学術論文
2.学術論文
2.学術論文
2.学術論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
201原著/亀井他-web法と.pdf193.91 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください