DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学大学院看護学研究科学位論文 >
2-1:修士論文 >
2-1-c:修士論文(要旨、引用・参考文献あり) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/4882

NII Resource type: Thesis or Dissertation
Title: 当事者による妊娠中の"女性を中心としてたケア”の認識
Other Titles: Women's Perception of Receiving "Women-Centered Care" During Pregnancy.
Authors: 飯田, 真理子
Author-transcription: イイダ, マリコ
Advisor: 堀内, 成子
Keywords: 妊産婦
女性中心
認識
出産経験
愛着
満足度
An investigating method or the measure : Labour Agentry Scale (LAS)
Maternal Attachment Questionnaire (MAQ)
Women-Centered Care 尺度(WCC尺度)
Issue Date: Mar-2009
Publisher: 聖路加看護大学
Abstract: 1.序論  女性が妊娠期に求めることとして、自分と子どもに関する情報や説明、検査や処置の説明、出産・育児に向けたサポート、家族を巻き込んだケアなどが挙げられる。女性のこのようなニーズに応え、その経過を支えるためには、医療者は女性とパートナーシップを組む必要がある。この基盤となる考え方のことをWomen-Centered Care:女性を中心としたケア(以下WCCと略す)と呼んでいる。妊娠中からWCCを受けることで女性は自尊心や自己効力感が高まり、エンパワーされ、妊娠・出産・育児のプロセスを克服することができるといわれている。そしてWCCを提供するために医療者の取るべき基本姿勢も挙げられているが、ケアの受け手である女性がWCCをどのように認識しているかは明らかにされていない。そこで今回、女性が妊娠中のWCCをどのように認識しているのか、さらにそれが女性の出産経験にどのような影響を及ぼしているのかを探索していくこととした。 2.研究方法  本研究は自己記入式質問紙を用いた記述研究である。対象は、研究協力施設で単胎児を出産し、調査期間中に入院している女性で、日本語で書かれた質問紙の理解と回答ができる女性とした。心身の状態が著しく不良な女性は除いた。  測定用具は、WCC尺度、LAS(Labour Agentry Scale)、MAQ(Maternal Attachment Questionnaire)である。WCC尺度(合計50項目)は、妊婦健診時のWCCを女性がどのように認識したかを測定する尺度であり、研究者が作成した。LAS(合計29項目)は出産のコントロール感についての体験を測定する尺度であり、MAQ(合計8項目)は子どもに対する母親の愛着を測定する尺度である。 分析は、統計ソフトSPSS version 15.0 J for Windowsを使用し、各変数の基本統計量を算出した後、概念枠組みに沿って各変数間の相関係数の算出を行った。WCC尺度に関しては信頼性を検討するためにクロンバックのα係数を求め、構成概念妥当性を検討するために因子分析を行った。 なお本研究は、聖路加看護大学研究倫理審査委員会の承認(承認番号08-016)を受けてから実施した。 3.結果及び考察  質問紙は13施設(病院2施設、診療所4施設、助産所7施設)にて合計591部配布し、500部回収できた(回収率84.6%)。最終的に482名(有効回答率96.4%)を分析対象とした。 1) WCCは次の6つの要素から説明できた:【励まし】【尊重】【医療者への信用】【良好な相互作用】【意思決定への支援】【負担が少ない】。WCC尺度の各項目の平均点は3.7から4.6点(標準偏差は0.6から1.2)であり、「4点:少しそう思う」前後に集約しており、全体として高い得点傾向を示した。 2) 病院、診療所、助産所の中では、助産所のWCC尺度の尺度得点が有意に高く、以下の順に施設形態間の差が大きかった:【尊重】【励まし】【良好な相互作用】【意思決定への支援】【負担が少ない】【医療者への信用】。この違いをもたらしている要因として、妊婦健診の所要時間の長短と医療者との継続した関係があるか否かが考えられた。 3) 妊婦健診の様子では、妊婦健診時に「医療者と同じくらい」もしくは「自分の方が多く」話しができた方が、「医療者が多く」話すよりもWCC尺度の得点が有意に高かった。また「医療者と同じくらい」話しができた方が、「妊婦健診時の満足度」は有意に高かった。 4) 妊婦健診時のWCCと「妊婦健診時の満足度」には強い相関があった(r=0.794,p=0.000)。そして「妊婦健診時の満足度」はWCCの【良好な相互作用】【尊重】【負担が少ない】【励まし】の影響を受けていた。女性の産科歴によってこの内容に違いがみられ、初産婦は【良好な相互作用】【意思決定への支援】であり、経産婦は【尊重】【負担が少ない】【励まし】【医療者への信用】であった。 5) 妊娠中のWCCは、「出産時の満足度」とLAS(出産のコントロール感)との間に中程度の相関がみられた(「出産時の満足度」 :r=0.569,p=0.000,LAS:r=0.478,p=0.000) が、MAQ(子どもへの愛着)との相関は弱かった(r=0.223,p=0.000)。 4.結論  WCCは次の6つの要素から説明できた:【励まし】【尊重】【医療者への信用】【良好な相互作用】【意思決定への支援】【負担が少ない】。そして妊娠中のWCCは、「妊婦健診時の満足度」、LAS(出産のコントロール感) 、「出産時の満足度」と関連があった。  今回作成したWCC尺度をケアの評価に用いることで、さらなるケアの向上につなげられると考える。
Bibliography: Bondas, T. (2002). Finished women's experience of antenatal care. Midwifery, 18(1), 61-71.
Davey, M., Brown, S., & Bruinsma, F. (2005). What Is It About Antenatal Continuity of Caregiver That Matters to Women? BIRTH, 32(4), 262-271.
Hauck, Y., Fenwick, J., Downie, J. & Bett, J. (2007). The influence of childbirth expectations on Western Australian women's perception of their birth experience. Midwifery, 23, 235-247.
Hildingsson, I. & Radestad, I. (2005). Swedish women's satisfaction with medical and emotional aspects of antenatal care. Journal of Advanced Nursing, 52(3), 239-249.
Hildingsson, I. & Thomas, J. E. (2007). Women's Perspectives on Maternity Services in Sweden: Processes, Problems, and Solutions. Journal of Midwifery & Women's Health, 52(2), 126-133.
蛭田由美,斉藤早苗,末原紀美代(2002).病院と助産所における妊産婦ケアの実態(上) WHOの「正常出産ケア実践ガイド」中のカテゴリーA(明らかに役に立つ、推奨されるべきこと)を用いた調査から.助産婦雑誌,56(4),339-344.
Hodnett, E. D. & Simmons-Tropea, D. A. (1987). The Labour Agentry Scale: Psychometric Properties of an Instrument Measuring Control During Childbirth. Research in Nursing & Health, 10, 301-310.
Homer, C. S., Passant, L., Brodie, P. M., Kildea, S., et al. (2008). The role of the midwife in Australia: views of woman and midwives. Midwifery, doi:10.1016/j.midw.2007.11.003.
堀内成子,島田啓子,鈴木美哉子他(1997).出産を体験した女性が評価する妊産褥期のケアの質.日本助産学会誌,11(1),9-16.
Horiuchi, S., Kataoka, Y., Eto, H., Oguro, M. & Mori, T. (2006). The applicability of women-centered care: Two case studies of capacity-building for maternal health through international collaboration. Japan Journal of Nursing Science, 3, 143-150.
Horiuchi, S., Yaju, Y., Kataoka, Y., Eto, H. G. & Matsumoto, N. (2009). Development of an evidence-based domestic violence guideline: Supporting perinatal women-centred care in Japan. Midwifery, 25, 72-78.
石井秀宗(2007).統計分析のここが知りたい 保健・看護・心理・教育系研究のまとめ方(第1版).文光堂.60-62.
Kennedy, H. P. (1995). The Essence of Nurse-Midwifery Care-The Woman's Story. Journal of Nurse-Midwifery, 40(5), 410-417.
Kennedy, H. P., Shannon, M. T., Chuahorn, U. & Kravetz, M. K. (2004). The Landscape of caring for Women: A Narrative Study of Midwifery Practice. Journal of Midwifery & Women's Health, 49(1), 14-23.
Larkin, P. & Begley, C. M. (2007). Women's experiences of labour and birth: an evolutionary concept analysis. Midwifery, doi: 10. 1016/j.midw.2007.07.010
Luyben, A. G. & Fleming, V. E. M. (2005). Women's needs from antenatal care in three European countries. Midwifery, 21, 212-223.
Lundgren, I. (2005). Swedish women's experience of childbirth 2 years after birth. Midwifery, 21, 346-354.
毛利多恵子(1993).産婦の身体拘束が陣痛体験に及ぼす影響.1993年度聖路加看護大学大学院修士論文.
中島登美子(2002).母親の愛着質問紙(MAQ)の信頼性・妥当性の検討.小児保健,61(5),656-660.
岡永真由美,高田昌代,安達久美子他(2003).助産師による助産ケア内容の適正化に関する検討・報告-1回目 妊娠期の快適さと安全性のケアの検討-.助産師,57(3),23-29.
Pope, R., Graham, L. & Patel, S. (2001). Women-centred care. International Journal of Nursing Studies, 38, 227-238.
Rowe, R. E., Garcia, J., Macfarlane, A. J. & Davidson,L. L. (2002). Improving communication between health professionals and women in maternity care: a structured review. Health Expectations, 5, 63-83.
Rubin, R. (1984). ルヴァ・ルービン母性論:母性の主観的体験.新道幸恵・後藤桂子訳(1997).医学書院.45-82.
鈴木江三子,平岡敦子,蔵本美代子他(2005).日本における妊婦健診の実態調査.母性衛生,46(1),154-162.
The National Institute for Clinical Excellence. http://www.nice.org.uk/nicemedia/pdf/CG62FullGuidelineCorrectedJune2008.pdf [2009-01-20]
Tinkler, A. & Quinney, D. (1998). Team midwifery: the influence of the midwife-woman relationship on women's experiences and perceptions of maternity care. Journal of Advanced Nursing, 28(1), 30-35.
WHO(1996). WHOの59カ条 お産のケア 実践ガイド.戸田律子訳.農山漁村文化協会.
Description: 聖路加看護大学大学院看護学研究科修士論文
URI: http://hdl.handle.net/10285/4882
Appears in Collections:2-1-c:修士論文(要旨、引用・参考文献あり)

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback