DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
32号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/483

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 5歳児向けの「自分のからだを知ろう」プログラムの作製:市民主導の健康創りをめざした研究の過程
タイトル別表記: Development of a health education program for five-year-olds : "Let's learn about our body!" -The process of research aiming to promote people-centered care.
著者: 菱沼, 典子
松谷, 美和子
田代, 順子
横山, 美樹
中山, 久子
佐居, 由美
山崎, 好美
白木, 和夫
岩辺, 京子
有森, 直子
今井, 敏子
島田, 多佳子
木村,千恵子
中川, 有加
西田, みゆき
キーワード: people-centered-care
市民主導権
community
コミュニティ
learning program
学習プログラム
development of educational materials
教材開発
21st century COE program
21世紀COEプログラム
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 32
開始ページ: 51
終了ページ: 58
発行年月日: 2006年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  本論文は, 市民が自らの健康の主人公になるには, その基礎知識として体の知識が必要だという, 医療専門職の考えから始まった研究が, 市民との協働研究に変貌してきた過程を記述したものである。 体の知識を市民の常識にする方略として, 次世代を担う子どもを対象とすることとした。 養護教諭15名へのグループインタビューや, 子どもへの健康教育の先駆例の調査から, 体の学習プログラムを導入する対象年齢を, 就学前の5歳児に決定した。 5歳児を対象とした8項からなる学習プログラム案を作成し, 教材の開発を行ってきた。教材開発の過程で, 研究職のほか, 5歳児を取り囲むコミュニティのメンバーが研究に加わり, 専門家主導からコミュニティと協働する研究に変貌してきた。 今後ともコミュニティとの協働研究によって各教材の開発とプログラムの実施および評価を行い, 市民主導の健康生成の実際を模索したい。
抄録別表記: This paper describes how the process of research conceived by healthcare experts, "Knowledge of the body is necessary for people to take initiative in their own healthcare," has been developed into collaborative research with community people. In order to disseminate knowledge of the body into the community to attain fundamental awareness of it, children were strategically targeted since they will be the leaders of the next generation. As a result of group interviews with 15 school nurses and a pilot study on health education for children, five-year-old preschool children were chosen as the target age group introducing a learning program on the human body. The learning program for five-year-olds, which consists of eight sections, was drafted and educational materials were developed. In the process of developing the educational materials, community members surrounding five-yearolds made contributions to the research group, and the expert-led research has eventually evolved into collaborative research with the community. Further development of educational materials, and implementation and evaluation of the learning program will be conducted in collaboration with the community, exploring practical ways to promote people-centered care.
参考文献: 1) 山田緑. People-Centered Care;概念分析. 聖路加看護学会誌. 8(1),
2) 小松浩子, 長江弘子, 太田加代, 横山由美, 有森直子, 川越博美. 聖路加看護大学21世紀
2005, 76-83.
3) 有森直子, 小松浩子, 長江弘子, 太田加代, 横山由美, 川越博美. 聖路加看護大学21世紀
4) 菱沼典子, 川越博美, 松本直子, 新幡智子, 石川道子. 看護大学から市民への健康情報の提供―聖路加ナビスポット「るかなび」の試み-. 聖路加看護大学紀要. 31, 2005, 46-50,
5) 体の中ってふしぎだね幼稚園での健康教育(取材記事グラビア). 保健婦雑誌. 53(1), 1997.
6) 清水理花. 日本助産婦会東京都支部AYA の会職能団体がつくる性教育の提供システム. 助産婦雑誌. 55(8), 2001, 695-700.
7) 平川秀幸.“STS”とは何か. 最終更新2001.5.15. http://hideyukihirakawa.com/sts_archive/sts_general/what_is_sts.html, [2005-11-16]
8) Israel, BA., Schulz, AJ., Parker, EA., & Becker, AB. Review of Community-Based Research:Assessing Partnership Approaches to Improve Public Health. Annu. Rev. Public Health. 19, 1998, 173-202.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/483
出現コレクション:32号
「自分のからだを知ろう」キャラバン
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
02892863003207.pdf115.12 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください