DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
30号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/470

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: わが国における e-learning 実施大学の現状:Web および文献検索からの分析
タイトル別表記: Current status of e-learning in Japanese Universities and Colleges -Analysis of web sites and literature review
著者: 大久保, 暢子
大迫, 哲也
平林, 優子
中山, 和弘
キーワード: e-learning
看護
継続教育
高等教育
遠隔教育
nursing
advanced education
continuing education
distance education
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 30
開始ページ: 81
終了ページ: 93
発行年月日: 2004年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: e-learningは,看護大学における高等教育・継続教育の方略として,時間的・物理的制約を解消する上で有効である。 本報告は,看護大学におけるe-learning導入を検討するため,国内大学のe-learning現状を調査した。Webおよび文献 から計33件を計10項目の視点からデータ抽出し,それらから共通する特徴点はないか分析を試みた。 看護大学でのe-learning導入は, 1大学のみで,普及している状況ではなかった。しかし看護以外の大学では,幅広 く展開されていた。データから得られた特徴点は以下の4点であった。 1. 大学の門戸開放を目的とするe-learningは, 対象や受講者の決定方法は規定せず,評価試験も設けないが,単位取得は不可である傾向が強かった, 2. 継続教育目 的のe-learningは,対象は特定分野に限るが,評価試験はなく単位取得も不可である傾向であった, 3. 単位取得可の 場合は,スクーリング等の対面式教育方法が併用されていた, 4. 大学院学位取得可の場合は,受講資格は正規大学院 生と同様で,必ず対面式教育方法が併用されていた, の4点であった。さらに課題として質の高いディスカッション, 中途脱落者への方策が必要であること,情報リテラシーとヘルプデスク体制の問題を考慮することが挙がった。 これらは,看護大学大学院教育および継続教育に対するe-learning導入の一情報として活用できる。
抄録別表記: E-Learning is an advanced online technology method of continuing education in Japanese nursing colleges. E-Learning allows students to learn because they can adjust their work-time schedules and it removes physical access barriers to educational facilities. E-Learning is a two-way system between teachers and students through the Internet. This article is a report showing the present status of E-Learning at 33 universities and colleges in Japan identified as using this technology. Web site search results and a review of journal articles containing descriptions of E-Learning programs were analyzed using 10 factors: course name, course description, course philosophy, credit, cost, admission requirement, entrance examination, class-size limit, E-Learning educational content, and computer system tools. Among the 15 nursing college programs analyzed, only one nursing college introduced E-Learning into their master's course. In the 18 liberal arts university and college programs analyzed, we found many E-Learning course variations have been developed. There was no similarity among the various university and college programs related to cost, class size or course name, however, there were some similarities for these factors: 1. General public may take non-credit courses without an entrance examination. 2. E-Learning for continuing education had a limited number of non-credit courses and did not have a required entrance examination. 3. E-Learning programs for credit leading to a degree required a limited on-campus involvement (face-to-face education). 4. E-Learning for a master's degree also included passing a regular entrance examination plus the on-campus involvement requirement. We can use the experiences of these universities and colleges to advance E-Learning at nursing colleges in Japan. In addition, our research indicates success in E-Learning is enhanced by high quality on-line discussion between students and faculty as well as increasing students computer literacy skills. These are important steps to take for student retention in E-Learning programs.
参考文献: 1) 玉城英彦, 大島俊之, 高橋信, Ronald E L, 関川晧, 佐藤俊彦. グローバルな遠隔環境保健講座(super course). 日本公衆衛生雑誌. 46(2), 1999, 130-132.
2) 関川暁, 西村理明, 佐藤俊彦. グローバル・ヘルス・ネットワーク・スーパーコース. 公衆衛生. 63(3), 1999, 219-222.
3) 臼田寛, 高橋昇, 玉城英彦. インターネットを用いた遠隔教育―WHOが行うSuper course による人材育成―. 公衆衛生研究. 49(1), 2000, 23-29.
4) 丹後俊郎. 公衆衛生院からの発信・23 遠隔教育の試み. 公衆衛生. 65(12), 2001, 908-909.
5) 坪山美智子. 国際遠隔授業の試み―広がるバーチャル・ユニバーシティ. Nursing Today. 16(3), 78-80, 2001.
6) 江角弘道, 飯塚雄一, 吉川洋子. テレビ会議システムによる国際遠隔授業の研究. 島根県立看護短期大学紀要. 6, 2001, 73-78.
7) 江角弘道, 住田佳子, 内田敏子, 高井美紀子, 栗谷とし子, 斉藤茂子, 吾郷美奈恵. テレビ会議システムによる3地点同時遠隔看護講義の試みと評価. 5, 2000, 11-16.
8) 栗原保子, 越智由紀子, 井黒香織. 看護技術教育における授業改善への試み(Ⅰ)〈学習支援システム〉の開発プロセスと授業の実際. 看護教育. 41(6), 2000, 446-447.
9) 越智由紀子, 栗原保子. 看護技術教育における授業改善の試み(Ⅱ)〈Video on Demand〉システムの紹介とその評価. 看護教育. 42(7), 2001, 567-571.
10) 会田敬志, 小澤和弘. Webサーバーを利用した授業用教材の開発と活用(第1報). 岐阜県立看護大学紀要. 2(1), 2002, 186-192.
11) 稲垣健治, 益田美穂子, 黒田智子, 藤本栄子. 看護教育における自己学習コンピュータープログラムの開発. 聖隷クリストファー看護大学紀要. 8, 2000, 61-69.
12) 稲垣健治, 鈴木恵理子, 黒野智子, 藤本栄子, 益田美穂子. ネットワークコンピューターの看護教育への有効利用 多肢選択問題プログラムの開発と利用. 看護教育. 42(3), 2001, 220-224.
13) 稲垣健治, 鈴木恵理子, 黒野智子, 藤本栄子, 益田美穂子. ネットワーク学習支援ソフトの利用結果に基づく評価. 看護教育. 43(2), 2002, 134-139.
14) 華表宏有. 学内HPを活用した授業方策の試用ンとその評価. 聖隷クリストファー看護大学紀要. 10, 2002, 115-135.
15) 華表宏有. 大学院授業科目におけるインターネット活用による「遠隔授業方式」試用の事例. 看護教育. 43(8), 2002, 732-736.
16) 亜細亜大学生涯学習センター http://www.asia-u.ac.jp [2002-8-30]
17) 慶應義塾大学慶応ビジネススクール http://www.telecon.co.jp/keio [2002-7-22]
18) 園田学園女子大学 http://www.sonoda-u.ac.jp [2002-8-28]
19) 東京都立科学技術大学 http://dlc.tmit.ac.jp [2002-8-28]
20) 松山東雲女子大学・短期大学 松山東雲エクステンションセンター http://www.shinonome.ac.jp [2002-8-25]
21) 早稲田大学 http://www.wls.co.jp [2002-7-22]
22) 岡山大学
23) 武蔵野女子大学通信教育学部 http://www.mwu-wbt.jp/tsushin [2002-8-31]
24) 大阪芸術大学通信教育学部 音楽学科 http://www.cord.osaka-geidai.ac.jp [2002-8-29]
25) 大手前大学社会文学部 http://www.otemae.ac.jp [2002-8-21]
26) 佐賀大学 http://www.netwalkers.pd.saga_u.ac.jp [2002-8-27]
27) 早稲田大学 http://www.littera.waseda.ac.jp [2002-8-29]
28) 信州大学大学院 http://www.cs.shinshu-u.ac.jp [2002-8-31]
29) 中央大学大学院 http://www.vod.tamacc.chuo-u.ac.jp [2002-8-30]
30) 東亜大学通信制大学院総合学術研究科 http://www.toua-u.ac.jp/tsusin [2002-8-24]
31) 東京大学大学院学際情報学部  http://www.porta.nime.ac.jp [2002-7-22]
32) 東北大学インターネットスクール http://www.istu.jp [2002-8-31]
33) 三輪眞紀子. 米国の教員養成大学における遠隔教育とその支援システムの調査研究報告書. メディア教育開発センター, 36, 千葉, 文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター. 2003, 139p.
34) 先進学習基盤協議会(ALIC)編. eラーニング 2001/2001年度版, 東京, オーム社, 2001, 318p
35) 松岡一郎. デジタルキャンパス IT革命で変わる新しい大学ビジネスモデル. 東京, 東洋経済新聞社. 2001, 219p.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/470
出現コレクション:30号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
02892863003011.pdf1.44 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください