DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
30号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/468

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 保健医療福祉教育機関等に勤務する看護職における e-learning 開講に関するニーズ調査報告
タイトル別表記: The needs survey on E-learning lectures in the professional Nurses who work in Health, Medical, Welfare and Educational Institutions.
著者: 亀井, 智子
梶井, 文子
堀内, 成子
菱沼, 典子
キーワード: e-learning
教育ニーズ
ニーズ調査
看護職
needs of education
needs sarvey
nursing proffession
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 30
開始ページ: 66
終了ページ: 73
発行年月日: 2004年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 本学では平成14年度から看護高等教育・卒後教育におけるe-learnimgの開講に関するプロジェクトを開始し,国内 外のe-learningの開講状況や課題を検討してきた。 本研究の目的は,国内の保健医療福祉教育槻関等に勤務する看護職を対象としてe-learningに関する教育ニーズを把 握し,3年後を目指した本学におけるe-learning施行のための基礎資料を得ることである。 対象は2001年10月1日現在,保健医療福祉教育機関および企業に勤務するすべての保健師・助産師・看護師,なら びに看護有資格の養護教諭・看護教員稔計1,103,760名の中から「診療所」「保健所」「その他」の機関を除いたすべて の看護師,および保健所,市町村保健センターに勤務する保健師,ならびに助産所に勤務する助産師,計857,926名を 調査対象母数とした。これを2000年衛生行政報告例(厚生労働省),および2001年医療施設調査(厚生労働省)に基 づいて2000年12月31日現在の就業先別看護師・保健師・助産師割合,および2001年10月1日現在の医療施設開設 者別施設割合を算出し,回収率30%を想定して層化無作為抽出を行い郵送調査を実施した。最終的な調査対象機関数は 計810機関であり,これらの機関に勤務する看護職の中から,一機関あたり任意の5名(養護教諭,社会福祉施設につ いては1名,専門学校,企業については3名)の計3,466名を調査対象とした。有効回答数は1,270名(有効回答率 36.6%)であった。調査の結果,以下の知見が得られた。 1)e-learning受講に関するニーズが認められたのは,回答者の約70%であった。 2)開講希望のテーマは看護診断・看護計画・看護過程(47.9%),看護管理・リスクマネジメント(46.9%),樽創・創 傷ケア(45.1%),病気・病態など最近の疾病(42.8%),心電図の見方など検査(42.4%)などが上位であったが,読 定した科目にほぼ万遍なくニーズが認められた。また,職種および所属機関の特性に一致して開講科目を希望し ている傾向がうかがえ,開講科目の設定は幅広く行うことの必要性が指摘された。 3)大学の単位として認定されることや,認定看護師取得のための講習の単位として認められることなど,社会的な メリットも必要とされていることが明らかになった。 4)e-learningによる科目開講にあたっては,コンピュータ操作の入門編や基礎的知識についてを講義する科目の開 講を,また,開講後には個別のフォローが重要であり,特に学習意欲を持続するための支援方法,質問への速や かな回答,対面式講義・スクーリング,他の学生との交流の機会を設けることなどについて検討する必要がある。
抄録別表記: In 2002, St. Luke's College of Nursing faculty began exploring the possibility of delivering e-learning in higher education to nurses who had completed their basic nursing education. It was deemed important to understand the e-learning situations and problems both in Japan and abroad. The purpose of this survey was to understand the learning needs and interests of nurses working in health, medical, welfare, and educational institutions in Japan for the eventual development of courses including learning materials to be used in an e-learning program scheduled for 2005. A survey to determine educational interests and needs was developed and sent by post to a random stratified sample of nurses in Japan. Included in the survey were public health nurses, midwives, and nurses working in health, medical, welfare and educational institutions, and companies. Excluded were nurses working in clinics, public health centers and other institutions. Eligible institutions numbered 810 with a total of 3,466 nurses. For the most part, each institution was asked to choose five nurses to respond to the survey. Agencies with small numbers of nurses were sent one survey form. The response rate was 36.6% (1,270 nurses). A majority (70%) of the respondents replied they needed e-learning. The main educational topics selected by the majority respondents, regardless of specialty or setting, as most important were: nursing diagnosis, nursing plan, and nursing process (47.9%) ; nursing management and risk management (46.9%) ; wound management (45.1%) ; management of recent illness episodes (42.8%) ; and physical examinations including electrocardiogram (42.4%). In addition to these core topics, there were other topics selected based on the respondents type of work and work setting. It was noted that both the main topics and the specialty topics need to be addressed in e-learning. Most respondents wanted e-learning to occur within an authorized program with valid college credit. Even if the credit did not lead to another degree, respondents noted it was still highly valued and seen as a plus factor. Finally, there is a need to provide e-learners with certain types of educational support. Introductory courses to improve their on-line computer skills need to be available. Some of the computer education must be tailored to fit the students' individual learning needs and level of knowledge. The support for e-learners must go beyond computer skills however. It must include support for learning such as prompt response and answers when questions are posed, some face to face lectures, and short blocks of time when all the students are together in person so they can form a learning community (schooling) .
参考文献: ITを活用した仮想体験型の訓練システム開発研究会.e-learningに係るニーズ調査及び最新動向調査報告書要約版, 雇用・能力開発機構, 2002, 1-38.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/468
出現コレクション:30号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
02892863003009.pdf1.37 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください