DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
30号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/465

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 看護実践現場における「安楽」という用語の意味するもの
タイトル別表記: Exploring the meaning of "ANRAKU" in nursing -by means of interview with nurses.
著者: 佐居, 由美
キーワード: 安楽
看護実践現場
用語の意味
concept analysis
概念分析
ANRAKU(comfort)
clinical nursing setting
the meaning of technical term
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 30
開始ページ: 1
終了ページ: 9
発行年月日: 2004年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 看護において,「安楽」という用語は「安全」と共に看護の目的とされ,実践場面においても看護目標としても多用 されている言葉である。だが,「安楽」という用語は抽象的であり,研究者は看護者によってその意味するところが異 なるという体験がしばしばあった。そこで,本研究においては,看護領域において用いられている「安楽」という用語 を,実践場面で使用されている側面から検討し,その意味するところを明らかにすることとした。このことは,看護職 者が「安楽」なケアの提供を意識化し,概念化する手がかりとなる。本研究の対象は,内科系外科系病棟看護師29名 であり,質問紙を用いた半構成的面接法を行った。 分析の視点は,Rodgersによる概念分析の方法に準拠し,『定義(Definition), 先行するもの(Antecedents), 帰結(con sequences),代替となる用語(Altenative Tens), 関連する概念(Related Concept)』の5つの枠組を採用した。半構成 的面接法によって得られた記述データを,Rodgersの5つの枠組毎に分析して,内容を抽出(原データ) し,その内容 を要約した題目をつけ(コーディング1), 更にそれらを類型化(コーディング2) した。 その結果,29名の看護師から,29通りの「安楽」の定義が示された。「安楽」に"先行するもの"は,患者に関する ものとして「苦痛」「不快」「不安」「環境」等が,看護師に関するものとして「安全」「看護技術」等が抽出された。 「安楽」の"帰結" としては、「患者の満足」「自然治癒力を高める」などが抽出された。"「安楽」の意味するもの"を, "「安楽」に先行するもの"を用いて,構造化した。看護師が患者により安楽なケアを提供するには,この構造図の要 素を充実・強化する必要があることが示唆され,看護実践場面における「安楽」という用語の意味は,この構造図の範 囲内において説明でき,連想されることが示された。
抄録別表記: In Japanese nursing, "ANRAKU" is a very useful and, very important term, similar to "safety" ("ANRAKU" translated to English means comfort, rest, or ease). However, it also has an abstract and complex meaning. The purpose of this study is to explore the meaning of anraku in Japanese nursing from a professional nursing perspective. To explore the meaning of anraku, 29 practicing medical-surgical hospital nurses were interviewed. These interviews were used to form the data base for analysis of the term. Rodger's approach of concept analysis was used and included : definition, alternative terms, antecedents, consequences and related concept. The result shows that 29 nurses have 29 definitions. The antecedents for patients of anraku were identified as pain, displeasure, anxiety, environment, etc. The antecedents for nurse of anraku were "safety", and lithe art of nursing". The consequences of anraku were patient satisfaction and a rapid reparative process. The meaning of anraku was structuralized using the antecedents of anraku. For nurses to offer anraku care to the patient, the element of this structure is required. The meaning of anraku can then be explained within the framework of this structure.
参考文献: 佐藤紀子. 患者への苦痛の看護 安楽 : Comfortについて, 看護技術, 44(15), 1998, 1606.
土肥加津子著. 「安楽」とは (1), クリニカルスタディ, 18(2), 1997, 120-126.
大森美津子著. 安楽, 月刊ナーシング, 14(5), 1994, 205.
川島みどり. 看護の時代2 看護技術の現代, 勁草社, 1994, 60.
日本看護科学学会看護学学術用語検討委員会. 看護学学術用語 NURSING TERMINOLOGY. 日本看護科学学会 第4期学術用語検討委員会, 1995, 3.
宮崎和子. 焦点看護技術の戦後 看護技術の歩んだ道 安産・安楽(休息), 看護技術 35(8), 1989, 41.
Kolcaba, K. An analysis of the concept of comfort, The Journal of Advanced Nursing 1991. 1. 1901, 1301-1310.
Mcilveen, K. H. & Morse J. M. The Role of Comfort in Nursing care : 1990-1980, Clinical Nursing Research 4(2), 1995, 127-147.
B. L. Rodgers. Concept Development in Nursing Chapter 6 Concept Analysis. An Evolutionary View, 2000, 77-102.
きたやまおさむ. 文化の深層心理学(下), 日本放送出版協会, 2001, 37.
Chantal D. "Chapter15 Methods and Application of dimensional analysis", Concept Development in Nursing, B. L. Rodgers et al., ed.
Ernestine Wiedenback. Clinical Nursing A Helping Art, 1964, 外口玉子他訳, 改訳第二版, 臨床看護の本質, 患者援助のの技術, 現代社, 1984.
川島みどり編. 看護技術の安楽性, メヂカルフレンド社, 1974.
田代順子. 〈総説〉健康増進行動 : 概念分析, 筑波大学医療技術短期大学部研究報告 No18, 1997, 7-16.
土居健郎. 続「甘え」の構造, 弘文堂, 2001.
林滋子編. 第2版 看護の定義と概念, 日本看護協会出版会, 1989.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/465
出現コレクション:30号
2.学術論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
02892863003001.pdf1.34 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください