DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
30号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/462

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 本邦における心臓移植の医学的、社会的、倫理的意味論
タイトル別表記: Current status of cardiac transplantation in Japan considering its meaning on medical, social and legal issues.
著者: 小柳, 仁
キーワード: 心臓移植
ドナー不足
免疫抑制
補助循環
Heart transplantation
Donor shortage
Immunosuppression
Assist devices
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 30
開始ページ: 18
終了ページ: 23
発行年月日: 2004年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 本邦は, 欧米諸国に比し、臓器移植の点で20年の開きがある。医療制度, 社会制度, 法制度などの違いが根底にあると思われる。1997年にようやく脳死臓器移植が緒についたが, 17例の心臓移植を通じて多くのことを学んだ。
抄録別表記: Our country has been behind the advanced western countries for twenty years in the aspect of organ transplant. It may be due to some differences of medical system, social affairs and legal issue between Japan and Western countries. Japan had just started brain death and organ transplantation law in 1997 and now experienced 17 cardiac transplantation and we studied more through these various cases. Japan has now been changing so rapidly in several aspects. Organ transplantation is one of the most important theme to be solved in Japan.
参考文献: 日本臓器移植ネットワーク年次統計, 2003.
小柳仁. 本邦における心臓移植の道のり ―その医学的, 社会的, 倫理的意味論. Cardiovascular Anesthesia, 6(1), 2002. 45-51.
「札幌宣言」 第17回日本心臓移植研究会. 札幌市, 2003.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/462
出現コレクション:30号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
02892863003003.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください