DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
29号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/451

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 聖路加看護大学大学院における学位論文の特性 - 開設20年を振り返って
Other Titles: Characteristics of Theses and Dissertations at St.Luke's College of Nursing Graduate School: The First Twenty Years.
Authors: 有森, 直子
射場, 典子
鈴木, 里利
松本, 直子
伊藤, 和弘
堀内, 成子
横山, 美樹
及川, 郁子
白木, 和夫
菱沼, 典子
小澤, 道子
Keywords: Japan
Nursing Research
Study Design
Theses, Dissertations
学院論文・修士論文・博士論文
看護研究
研究デザイン
日本
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 29
Start page: 59
End page: 72
Issue Date: 1-Mar-2003
ISSN: 02892863
Abstract: 聖路加看護大学大学院修士課程が開設して20年を迎えた。本研究の目的は,過去20年間の大学 院博士課程(前期・後期)の修士・博士論文の特性を明らかにし,今後の本学大学院の方向性を 検討するための基礎資料とすることである。修士論文278編,博士論文24編を対象とした。主な 分析の項目は,専攻領域,提出年,研究対象,研究デザイン,データ収集方法,データ分析方法, 量的分析の種類,質的分析の種類,倫理的配慮であった。修士論文において,研究の対象は,ケア の受け手(患者・息児)が半数以上を占めた。研究デザインは,記述研究が7割を占めた。デー タ収集方法は,面接法が最も多く,次いで質問紙法,観察法と続いた。データ分析方法は,質的分 析205編,量的分析128編,そのうち両方の分析を用いているものが55編あった。倫理的配慮につ いては,約8割の論文において記載されていた。博士論文においては,研究の対象は一,約8割が ケアの受け手(患者・息児)であった。研究デザインは,「予備研究」では記述研究が6編と最 も多く,「本研究」では,相関研究が最も多く8編,方法論的研究と記述研究が各6編,準実験研 究2編,実験研究は1編であった。予備研究・本研究とあわせてみたデータ分析の傾向は,質的分 析21編,量的分析42編,両方の分析を用いているものが5編という結果となった。また,予備研 究で質的分析を行い本研究で量的分析を行っている論文は24論文中7編みられた。また,倫理的 配慮については,全ての論文において,行っていることが明記されていた。 以上の結果から,本学の学位論文の特徴が明確となり,今後の課題として,研究の連続性と看 護の直接的な効果を測定するような介入研究の実施などが課題であり,そのためのより多角的な 視点で研究支援体制の整備が期待される。
Abstract-Alternative: The purpose of this study was to describe characteristics of masters' theses and doctoral dissertations during the first twenty years of the Graduate School to make that a basis from which to discuss the future of the Graduate School. A total of 278 masters' theses and 24 doctoral dissertations were studied. Major analysis items included: student specialty, year of submission, source of data, study design, method of data gathering, type of quantitative analysis, type of qualitative analysis and inclusion of a statement describing ethical considerations. Care receivers (child and adult patients) were the source of data for more than half the masters' theses. Of all studies, 70% were descriptive. Interview was the most frequently used data gathering method, followed by questionnaire and observation. Regarding data analysis, 205 used qualitative analysis, 128 used quantitative analysis and 55 used both. 80% of the theses included a statement describing ethical considerations. Care receivers (child and adult patients) were the source of data for 80% of doctoral dissertations. For the preliminary studies, qualitative descriptive design was most frequently used (6 studies). For the design;of the major study, correlational designs were used most frequently (8 studies), followed by methodological and q~alitative descriptive designs (6 of each), subexperimental designs (2) and experimental designs (1). Combining preliminary and major studies, 21 used qualitative analysis, 42 quantitative analysis and 5 used both. For their dissertations, 7 students adopted qualitative analysis for their preliminary study, and quantitative analysis for the major study. All dissertations included a statement describing ethical considerations. On the basis of this analysis and our current understandings, :we suggest that studies to measure the direct effects of nursing care be more emphasized. After taking into consideration various points of view, it is recommended that courses of study and support systems be reviewed in light of expectations for graduate student research.
Bibliography: 萱間真美, 南裕子. 修士論文作成に関する倫 理的問題の研究者による認識およびそれに対す る配慮の実態調査 1982年~1992年度の10年間 に作成されたA看護大学修士論文について. 聖 路加看護大学紀要, 20, 1994, 35-39.
Douglas, S. The reporting of consent rates in nurslng dissertations. Westem Journal of Nursing Research, 15(4), 1993, 495-505.
Loomis, M. E. Emerging content in nursing : an analysis of dissertaion abstracts and titles : 1976-1982. Nursing Research, 34 (2), 1985, 113-119.
早川和生, 片岡万里. 看護研究領域の体系化 に関する基礎的研究(第1報) : 米国における 最近の看護学博士論文632編の分析より. 日本 看護科学会誌, 10(3), 1990, 166-167.
舟島なをみ, ほか. 米国の博士論文にみる看 護教育研究の現況 : 質的研究の方法論に焦点を あてて. Quality Nursing, 2(7), 1996, 612-618.
鈴木恵子, 定廣和香子. 米国の博士論文にみ る看護学教育研究の動向 : 看護学教育の歴史に 関する研究, Quality Nursing, 3(7), 1997, 750-758.
横山京子, 小川妙子. 米国の博士論文にみる 看護学教育研究の動向 : 学士号をもたない看護 婦(士)の看護学士課程入学に関する研究. Quality Nursing, 3(8), 1997, 856-861.
亀岡智美, 小林小百合. 米国の博士論文にみ る看護学教育研究の動向 : 看護学教育カリキュ ラム開発に関する研究. Quality Nursing, 3(9), 1997, 953-959.
岩波浩美ほか. 米国の博士論文にみる看護学 教育研究の動向 : 看護学教育の組織運営に関す る研究. Quality Nursing, 3(10), 1997, 1043-1050.
定廣和香子, 中谷啓子. 米国の博士論文にみ る看護学教育研究の動向 : 看護学教育の教育方 法に関する研究. Quality Nursing, 3(11), 1997, 1134-1141.
小川妙子, 横山京子. 米国の博士論文にみる 看護学教育研究の動向 : 看護学教師に関する研 究. Quality Nursihg, 3(12), 1997, 1225-1232.
安斎由貴子, 大賀明子. 米国の博士論文にみ る看護学教育研究の動向 : 看護職の卒後教育に 関する研究. Quality Nursing. 4(2), 1998, 150-157.
小林小百合, 亀岡智美. 米国の博士論文にみ る看護学教育研究の動向 : 看護学生に関する研 究. Quality Nursing, 4(1), 1998, 55-63.
大賀明子, 杉森みど里. 米国の博士論文にみ る看護学教育研究の動向 : 看護学教育の評価に 関する研究(1). Quality Nursing, 4(3), 1998, 234-241.
大賀明子, 杉森みど里. 米国の博士論文にみ る看護学教育研究の動向 : 看護学教育の評価に 関する研究(2). Quality Nursing, 4(4), 1998, 329-336.
大賀明子, 杉森みど里. 米国の博士論文にみ る看護学教育研究の動向 : 看護学教育の評価に 関すろ研究(3). Quality Nursing, 4(5), 1998, 418-424.
野本百合子, 定廣和香子. 米国の博士論文に みる看護学教育研究の動向 : 学習活動に関する 研究. Quality Nursing, 4(6), 1998, 523-530.
菱沼典子. "大学院の設置から今日まで". 聖 路加看護大学大学院開設20周年. 東京, 聖路加 看護大学, 2001, 22-28.
Polit D. F., Hungler B. P. 近藤潤子監訳. 看護 研究 : 原理と方法. 東京, 医学書院, 1994, 90-105.
千葉大学大学院看護学研究科の現在. Quality Nursing, 6(2), 2000, 100-155.
日本赤十字看護大学大学院の現在. Quality Nursing, 6(3), 2000, 188-233.
北里大学大学院看護学研究科の現在. Quality Nursing, 6(4), 2000, 284-317.
東京医科歯科大学大学院保健衛生学科の現在. Quality Nursing, 6(5), 2000, 372-419.
Bower, F. L. A survey of the ways master's level nursing Students leam the research process. Journal of Nursing Education, 38(3), 1999, 128-132.
May, K. M., Holzemer W. L. Master's thesis policies in nursing education. Journal of Nursing Education, 24(1), 1985, 10-15.
松本直子, 森明子, 久代和加子, 横山美樹. 聖路加看護大学電子図書館看護用語シソーラス作成の課題. 聖路加看護大学紀要, 2001, 90-97.
URI: http://hdl.handle.net/10285/451
Appears in Collections:29号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
02892863029059.pdf1.26 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback