DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
29号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/444

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 基礎実習におけるフィジカルアセスメント技術,基礎看護技術の実態
タイトル別表記: A Survey of Physical Assessment and Nursing Skill Experience of Students at Their First Level Clinical Nursing Practice.
著者: 横山, 美樹
小澤, 道子
香春, 知永
大久保, 暢子
佐居, 由美
キーワード: Clinical Nursing Practice
Fundamental Nursing Skill
Physical Assessment Skill
Self-Evaluation
フィジカルアセスメント技術
基礎看護援助技術
基礎実習
自己評価
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 29
開始ページ: 40
終了ページ: 46
発行年月日: 2003年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 本学では現在,2年次に看護における基礎技術であるフィジカルアセスメント技術,基礎看護 援助技術に関しての科目を開講し,2年終了時に5日間の基礎実習(臨地実習)を行っている。 技術に関しては,実施・経験の有無が習得に大きく関係するため,今回学生が初めての基礎実習 で既習のフィジカルアセスメント技術,看護援助技術をどの程度実施しているのか,また自己評 価をどのように行っているのかの実態調査を行った。167名に調査を依頼し139名から回答を得た。 その結果,以下のことが明らかになった。 1.フィジカルアセスメント技術に関して:バイタルサインは全員が行っており,自己評価も 高かった。その他の項目では,胸部・肺の視診,聴診,腹部のアセスメントが多く行われ ていた。自己評価は全体に3以上と高かったが,心臓のアセスメント,筋骨格系,神経系 のアセスメントで低い傾向であった。 2.看護援助技術に関して:環境整備,ベッドメ-キングは全員が実施していた。その他寝衣 交換,陰部洗浄,移動,オムツ交換,全身清拭,体位変換等日常生活援助の項目の実施率 が多かった。逆に処置系の項目は実施率が少なかった。自己評価に関しては,どの項目も 平均3以上と高かったが,清潔の援助,排涯の援助,体位変換,移動等が低い傾向であった。 今回の結果より,できるだけ学生が自分の技術に対して客観的な自己評価を行えるような教員 側のフィードバック,また限られた臨床実習期間で基礎看護援助技術をより実施・体験できるよ うな工夫が必要だと考える。
抄録別表記: During their second year at 81. Luke's College of Nursing students learn physical assessment and fundamental nursing skills and practice them in the hospital setting. As part of curriculum evaluation, we conducted a survey of students completing their second year in order to clarify how· often they performed the various skills and how they evaluated their . abilities. 139 of 169 students (84%) completed a questionnaire that asked students to report frequency of doing each of 41 skills and then evaluate their ability on a 4-point scale. With regard to 21 physical assessment skills, there was variation in both experience and self-evaluation. All students reported performing vital signs and their self-evaluations were high. More than half reported doing inspection and auscultation of chest and lungs, and assessment of an abdomen. Although self-evaluations for most skills averaged three or higher, they tended to be lower for assessment of the heart, muscular-skeletal system, and nervous system. The focus of the 20 fundamental nursing skills were activities of daily living and basic treatments. All students reported making beds and arranging things for patients. More than 70% performed the following skills (in descending order of frequency) : changing pajamas, providing perineal care, helping movement, providing bed bath and changing position. Treatments such as suctioning and administrating oxygen and humidity were not frequently done. Although self-evaluations for most skills averaged three or higher, they were lower for promoting skin hygiene, assisting with excretion, changing position and helping movement.These results are causing us to think about objective feedback that would help students think after each performance about how their performance could improve. We should also think about how students can have more opportunity to practice basic nursing skills during their short (5 day) clinical practice time.
参考文献: 小松美穂子. 看護技術教育の課題 現代学生の特性を踏まえた教育. インターナショナルナーシングレビュー. 25(2), 2002. 41-42.
横山美樹, 香春知永, 佐居由美, 野崎真奈美. 看護学生の病棟実習におけるフィジカルアセスメント技術の活用. 第20回日本看護科学学会学術集会講演集. 2000. 144.
山崎美恵子, 長戸和子. クリティカルに考える能力の育成 看護系大学における看護技術教育. インターナショナルナーシングレビュー. 25(2), 2002. 36-40.
森山美知子, 田村やよひ. 厚生労働省の考えるこれからの看護技術教育 現状の分析から, インターナショナルナーシングレビュー. 25(2), 2002. 57-61.
金井雅子. 私が考える卒後臨床研修プログラム (2)教育の立場から. 看護54(5), 2002. 44-47.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/444
出現コレクション:29号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
02892863029040.pdf587.07 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください