DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
28号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/435

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 在宅高齢者と家族へのチームアプローチを支える「在宅ケア連携ノート」の開発と評価
タイトル別表記: The Development and Evaluation of a Model "Home care Collaboration Notebook" for the Elderly and Families Living at Home.
著者: 亀井, 智子
小見, 光子
神山, 裕美
黒川, 由紀子
高澤, 洋子
田中, 良樹
辻, 彼南雄
橋本, 泰子
山本, 洋子
Foulk, Mariko A.
Campbell, Ruth
キーワード: Elderly at Home
Home Care Collaboration Notebook
Home Health Care
Interdisciplinary Team Approach
学際的チームアプローチ
在宅ケア
在宅高齢者
連携ノート
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 28
開始ページ: 50
終了ページ: 61
発行年月日: 2002年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 在宅高齢者ケアにおける学際的チームアプローチ,および高齢者と家族の生活の質の向上に寄 与する在宅ケア連携ノートを開発した。 開発の方法は次のように行った。すなわち, 1)共同研究者による開発意図の明確化, 2)現在家庭で利用されている類似ノートの問題点の抽出, 3)試作連携ノートの作成と高齢者および 家族による試用,ならびに2県の特定地域の事例を担当する介護支援専門員へのフォーカスグルー プインタビュ」,ノートの再評価と最終版連携ノートの作成である. 在宅高齢者と家族への試行調査による評価は2回行われ,第1回調査は6名の在宅高齢者に1 週間,第2回調査は71名の在宅高齢者に・1カ月間にわたる本連携ノートへの記載後,評価を得た。 また,調査対象者に在宅においてケアを提供した専門職,デイサービス機関の職員にもノートへ の記載を依頼した。 評価は在宅高齢者60名,介護支援専門員を含む専門職66名,共同研究者中の事例担当者7名か ら待ちれ,以下の知見が認められた. 1)高齢者の半数以上から肯定的な反応が得られ,在宅ケア連携ノートは使いやすいと評価さ れた。表紙に設けた対象者の写真を挿入する袋が最も効果的に利用されていた。. 2)在宅ケア連携ノートへの記載を行った専門職種は,ホームヘルパー,訪問看護婦,医師, デイサービス職員,学生などで,対象者は複数の専門職により担当されていた。専門職による評 効果的に活用されていたことが示された。また,介護支援専門員からは,在宅ケア連携ノートは サービスのモニタリング(監視)のための情報を収集することに役立つと指摘された。 最後に残された課題には,身体状況等を記録する経過記録表を本連携ノートに含むか否かの検 討であった。 今後,、本連携ノートの長期使用による利用者ならびに高齢者ケア専門職チームへの効果の明確 化,および効果的な本連携ノートの使い方に関する地方自治体の介護支援専門員への教育的働き かけを行う必要があると考える。
抄録別表記: We have developed a model "home care collaboration notebook"for the elderly living at home. We have attempted to enhance the interdisciplinary team approach, and to improve the quality of life of the elderly and their families using this notebook communication. The methods we used to develop the home care collaboration notebook were the following: 1) clarification of the goals of the use of this notebook, 2) identifying the existing problems of the similar notebooks used at present, 3) Creation of the trial notebook and the pilot of its application by using them with a limited number of the elderly and their families at home. After two trial periods and focus groups where we interviewed the care managers who used the notebook with their clients in two different prefectures, were evaluated the product to make the final version. The elderly and their families who used the notebooks were given the questionnaires twice to evaluate the effect of the notebooks. The first survey was given to six elderly persons who used it for a week. The second survey was given to seventy-one persons who used the notebooks for one month.The second surveys were given to the professionals who provided the care at home and at the day service centers also.The elderly persons of the sixty cases and the professional care providers of the sixty-six cases who include the care managers and seven of our authors were replied the surveys to independently evaluate the collaboration notebook. The following outcomes were obtained from the above-mentioned surveys. 1.The positive outcome was obtained from more than half of the elderly surveyed. Many of them described the significance of using the notebook. They found the front page of the notebook which has a pocket to include the consumers' photo very useful. 2.The disciplines of the professional care providers included home helpers, visiting nurses, physicians, day service staff member, and students, and it was apparent that the interdisciplinary professionals were in charge of these cases. This notebook became a medium of the communication with the care consumers and professional providers, and it was mostly used in the area of "information exchange" effectively. One care manager expressed that using the notebook helped to gather necessary information in order to monitor the services. Finally,the question remained if the table of the bodily functions could be further improved. In future studies we will need to examine the effect of this notebook for long term care. We will also need to educate the local government care managers in regards to the effective usage of this product.
参考文献: 原田和博,森岡博昭,辻本庄司他.「服薬手帳」使用の試み一服薬コンプライアンスおよび医師・患者間のコミュニケーションの改善を目指して一,日本プライマリケア学会誌.23(4),2000,92-95.
守山正樹,嘉悦明彦,柴田和典他.患者を目の前にして-医師が考える内容から対話型の頑痛問診表を作る試み,日本プライマリケア学会誌,23(2),2000,165-173.
有志でミシガン仕込みの「在宅ケア連携ノート」, JapanMedicine,No.331.2001.11.7号,10.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/435
出現コレクション:28号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
02892863028050.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください