DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
28号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/434

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 日本の都市型保健所における保健活動の変遷:1935年から1999年までの東京都中央区の活動
Other Titles: History of a Health Center's Activities in an Urban City in Japan-From 1935 to 1999 in Cyuo-ku, Tokyo.
Authors: 菱沼, 典子
成瀬, 和子
酒井, 禎子
押川, 陽子
森, 明子
田代, 順子
Keywords: Health Center
Health Transition
Histrical Approach
Primary Health Care
Public Health Nurse
プライマリヘルスケア
健康転換
保健所
保健婦
歴史的アプローチ
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 28
Start page: 1
End page: 17
Issue Date: 1-Mar-2002
ISSN: 02892863
Abstract: 本研究は,日本の都市型保健所の活動を時代背景と健康問題を含めて記述し,プライマリヘル スケアの視点から分析して,保健活動および保健婦活動の変遷を明らかにすることを目的として いる。日本最初の都市型保健所である京橋保健館(現中央保健所)の活動を研究対象とし,京橋 保健館が開設された1935(昭和10)年から1999(平成11)年までの当該地区の健康問題と保健活 動に関する史料ならびに日本の公衆衛生および保健婦活動に関する文献を基にした歴史的アプロー チを用いた。京橋保健館開設に先立つ都市部における保健活動を含め,1871(明治5)年から1999 (平成11)年までの保健活動,関連法令・規則等の年表を作成した。保健活動はプライマリヘル スケアの要素で分類し,活動形態別に記載した。年表から中央区における地域保健活動の時代区 分を試み,1)1935年から1945年まで(第2次世界大戦前),2)1945年から1955年まで(戦後10 年), 3)1956年から1974年まで(高度経済成長期), 4)1975年から1988年まで(高齢化), 5) 1989年から1999年(高齢社会インフラ整備)の5つに区分することができた。そして,これらの 時代は,第2次世界大戦をはさんだ1935年から1955年が健康転換第1棉,高度経済成長期から人 口の高齢化に向かった1956年から1988年が健康転換第2相,高齢社会を支えるためのインフラに 目が向けられている1989年から現在が健康転換第3相に相当することが明らかになった。
Abstract-Alternative: This study aimed to analyze and clarify the historical changes in public health activities in an urban city in Japan. Chuo-ku Health Center, founded in 1935 and the first urban health center in Japan, was chosen as the site for this investigation. Historical materials from 1935 to 1999 were analyzed from the perspective of primary health care (PHC). Five periods were identified based on social conditions and the focus of public health activities. These periods are : time of war (1935-1945); ten years after WWII (1945- 1955); rapid economic growth (1956-1974); increase in the aging population (1975-1988); and making the infrastructure for an aged society (1988-1999). These periods correspond to health transition phase I (1935-1955), health transition phaseII (1956-1988) and health transition phase III (1988- ). Findings describing each period are summarized in chronological tables.
Bibliography: WHO/UNICEF, Alma-Ata declaration, 1978.(厚生省大臣官房国際課監修:WHOと地球'96-健康をめざす街快適な明日のために, メジカルフレンド社, 1996, 33-36.)
菱沼典子, 森明子他. プライマリヘルスケアに基づく看護実践・教育・研究に関する文献レビュー. 聖路加看護大学紀要.26.1999, 59-71.
聖路加国際病院. 聖路加国際病院八十年史. 東京, 1982.
大国美智子. 保健婦の歴史. 東京, 医学書院, 1973.
ブライアント, J.H.公衆衛生と経済発展-歴史的展望 埼玉公衆衛生世界サミット, WHO/埼玉県, 1991.
広井良典.ケアを問いなおす -<深層の時間>と高齢化社会. 東京. 筑摩書房, 1997.
ビッシュ, S.A.女性の健康と開発への看護の貢献-国を越えたパートナーシップ.看護.51(5), 111-116.
橋本正己, 大谷藤郎.公衆衛生の軌跡とベクトル(1)戦後公衆衛生の出発. 公衆衛生.51(9), 1987, 631-639.
橋本正己, 大谷藤郎.公衆衛生の軌跡とベクトル(2)1950年代後半を中心に.公衆衛生.51(10), 1987, 700-708.
橋本正己, 大谷藤郎. 公衆衛生の軌跡とベクトル(3)1960年代を中心に. 公衆衛生. 51(12), 1987, 867-877.
橋本正己, 大谷藤郎. 公衆衛生の軌跡とベクトル(4)1960年代を中心に. 公衆衛生. 52(1), 1988, 42-50.
橋本正己, 大谷藤郎. 公衆衛生の軌跡とベクトル(5)「福祉元年」から1970年代を中心に. 公衆衛生. 52(3), 1988, 184-190.
橋本正己, 大谷藤郎. 公衆衛生の軌跡とベクトル(6)「福祉元年」から1970年代を中心に. 公衆衛生. 52(4), 1988, 253-259.
橋本正己, 大谷藤郎. 公衆衛生の軌跡とベクトル(7)1980年代に入って. 公衆衛生. 52(5), 1988, 330-336.
橋本正己, 大谷藤郎. 公衆衛生の軌跡とベクトル(8)1980年代そしてこれから. 公衆衛生. 52(6), 1988, 402-406.
聖成稔, 野寺伸夫.公衆衛生こぼれ話(第2回)戦前・戦後の公衆衛生の歴史保健婦の駐在制と公衆衛生修学生資金の確立. 公衆衛生情報.16(2), 1986, 26-30.
平尾真智子. 看護の歴史近代化日本の看護婦たち 公衆衛生の発達と看護の機能の拡大. ブレインナーシング, 14(6), 1998, 548-552,
平野かよ子. 地域保健法の概要と今後の保健活動の方向性. 保健婦雑誌. 50(12), 1994, 926-927.
平成7年度先駆的保健活動交流推進事業報告 新たな地域保健活動の創造と発展へのチャレンジ. 東京, 日本看護協会, 1996.
五十嵐義明他. 公衆衛生こぼれ話(第5回)戦前・戦後の公衆衛生の歴史 医療制度・医療保障を中心に. 公衆衛生情報. 16(5), 1986, 34-39.
金子光. ながれ/保健婦の手記, 東京, 医学書院, 1951.
木下安子. 近代日本看護史, 東京, メジカルフレンド社, 1972.
楠本正康, 小野寺伸夫. 公衆衛生こぼれ話(第4回)戦前・戦後の公衆衛生の歴史 模範保健所の開設から下水道行政まで. 公衆衛生情報.16(4), 1986, 24-29, 40.
厚生省健康政策局計画課監修.ふみしめて五十年- 保健婦活動の歴史-.東京, 日本公衆衛生協会, 1993.
前田孝弘.東京の公衆衛生で学んだこと 地域レベルの健康戦略をもつことの重要性. 保健婦雑誌, 53(8), 1997, 643-647.
丸井英二.戦後日本の公衆衛生 第14回「保健婦・助産婦・看護婦と公衆衛生(その5):昭和30年の保健婦と結核」.保健の科学,33(7), 1991, 488-490.
丸井英二.戦後日本の公衆衛生 第17回「乳児死亡率と日本の社会」.保健の科学,33(10), 1991, 707-710.
丸井英二. 保健を科学する医学史のなかの保健と健康. 保健の科学, 38(10), 1996, 654-658.
日本公衆衛生協会. 衛生行政大要 改訂第16版. 1995.
大石杉乃.GHQ公衆衛生福祉局初代看護課長オルト少佐のBiography(Part3)日本占領における初期活動. 日本看護科学会誌, 14(3), 1994, 394-395.
大礒敏雄, 小野寺伸夫.公衆衛生こぼれ話(第3回)戦前戦後の公衆衛生の歴史 栄養行政一筋に. 公衆衛生情報, 16(3), 1986, 28-32.
小栗史朗他編. 公衆衛生の灯をともしつづけて/ 11人が語る保健婦の軌跡, 東京, 医学書院, 1992.
小栗史朗他. 保健婦の歩みと公衆衛生の歴史, 東京, 医学書院, 1985.
小野寺伸夫.公衆衛生こぼれ話(第6回)戦前戦後の公衆衛生の歴史 厚生行政発展に関する歴史的考察. 公衆衛生情報, 16(6), 1986, 29-32.
小野寺伸夫. 地域開発と公衆衛生 地域活性化の論点と戦略 新しい公衆衛生パラダイムの論点と戦略構想. 公衆衛生, 53(3), 1994, 155-160.
須川豊, 小野寺伸夫.公衆衛生こぼれ話(第8回)戦前戦後の公衆衛生の歴史 環境問題と民間公衆衛生活動. 公衆衛生情報, 16(9), 1986, 23-27.
東京市役所:昭和31年度 東京市市政年報 保健編, 1940.
東京市役所:昭和11年度 特別衛生区保健館事業年報 第2回, 1938.
東京都母子保健サービスセンター:目で見る東京都の母子保健, 1996.
植田悠紀子.地域保健と保健婦活動 公衆衛生院と保健婦活動. 公衆衛生研究, 43(2), 1994, 134-140.
渡部幸子, 木下安子.保健婦の歴史を綴ろう. 保健婦雑誌, 42(7), 1986, 540-551.
山口正義, 小野寺伸夫.公衆衛生こぼれ話(第1回)戦前・戦後の公衆衛生の歴史 結核対策・行政機構の変遷. 公衆衛生情報, 16(1), 1986, 34-38.
山崎淑子編:平井雅恵先生/米寿記念誌, 1992.
URI: http://hdl.handle.net/10285/434
Appears in Collections:28号
2.学術論文
2.学術論文
2.学術論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
02892863028001.pdf1.41 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback